合わない会社はさっさと辞めてしまおう【人生の時間は有限】

Work

合わない会社 さっさと 辞める

合わない会社を早く辞めたい人「会社がなんだか自分に合ってないぁ。なぜこんなに合わないのだろう?さっさと辞めてしまいたい。しかし、仕事を辞めさせてもらえないだろうなぁ…」

こんなお悩みを解決できる記事を書きました。

本記事の内容

この記事を書いている僕は、会社員歴9年。
合わないと感じた会社を辞めた過去があります。

僕の結論は、合わない仕事は「早く辞めよう」です。

ムリをして、「合わない」と感じる会社に留まり続けると苦痛に感じますよね。

「仕事をやらされている」という意識にも陥りがち。

ストレスも大きくなります。

会社が合わないと感じるあなたの判断は、決して間違っていませんよ。

合わない会社を辞めるための方法を一緒に考えてみましょう。

無料登録できる転職エージェント

合わない会社はさっさと辞めてしまおう【人生の時間は有限】

合わない会社はさっさと辞めてしまおう【人生の時間は有限】
僕の結論は、合わない会社を「辞める」の1択です。

繰り返しになりますが、ムリをして合わない会社に留まり続けても、ストレスが溜まるだけ。

メンタルを壊してしまう恐れもあります。

とはいえ、そう簡単に辞められませんよね。僕もそうでした。次の働き先も決まってないし、「辞める」とは簡単に言い出しづらいもの。気持は良くわかります。

しかし、そのままズルズル仕事を続けても、あなたが心から楽しんで生活できる未来は訪れにくいと思います。

成長がなくなる

合わない会社にいると、業務そのものがつまらなく感じてしまいます。

言うまでもなく、その時点で成長が止まってしまいますよ。

給料こそもらえますが、「つまらない」と感じながら、週5も我慢して仕事をする。

それ程しんどいことはありません。

人生は有限

人生は有限
大事なことなので何度も繰り返します。

合わない会社は早く辞めた方がいいです。

なぜなら、人生は有限だから。
良くも悪くも、あっという間に時間は過ぎ去ります。

合わない会社でストレスをため続けても、心の喜びは少ないです。

時間がもったいないですよ。あなたに合う仕事は必ずあります。

才能がない人は1人として存在しませんよ。
才能に関しては、HSPと相性の良い仕事の見つけかた【挑戦を恐れると失敗します】に詳しく書きましたので是非ご覧ください。

まずは、安心して次に向けて準備をしていきましょう。

心の病は簡単に治らない

万全の準備をして、辞める余力があるのならまだ安心です。

しかし、心身共に限界が近づいている状況なら、なりふり構わずに会社を辞めましょう。

心を病んでしまうと、今まで通りの生活が困難になります。そうなる前に辞める。幸いにも日本にはセーフティネットになる「保険料の免除申請」や「生活保護制度」があります

辞めて問題なしです。

会社を辞めさせてくれない、辞めづらいのなら退職代行サービスという奥の手があります。

あなたが会社に行かなくても、LINEや電話で退職手続きを行ってくれるサービスです。まずは無料相談をしてみましょう。
» 退職代行「ガーディアン」の無料相談はこちら

会社が合わないと感じる5つの理由

会社が合わないと感じる5つの理由
「仕事が合わない」と感じる理由を自己分析してみましょう。

自己分析をすることで、次の仕事選びがスームズになります。

まずは、会社が合わないと感じる理由を見ていきましょう。

会社が合わないと感じる理由

  • 理由①:社風が合わない
  • 理由②:仕事の内容が合わない
  • 理由③:人間関係が合わない
  • 理由④:労働条件が合わない
  • 理由⑤:別の仕事に興味がある

上記の5つです。

1つずつ深堀りしていきましょう。

理由①:社風が合わない

会社の「社風」は実際に働いてみないと分かりづらいと思います。

事前に職場の様子を見れたとしても、会社の本質までは見えづらい。というか見えません

ある程度時間をかけて働く中で、会社の本質的な雰囲気が見えてくると思います。

社風の合う合わないはある

僕が以前働いていた会社は、体育会系のノリが強い社風でした。

罵声は当たり前でした。「激情」しやすい人が多く、口より先に「手」や「足」が出る人もいます。それが当たり前の空気。

控えめに言って、僕は内向的な性格。
仕事以外の精神的な疲れがとにかく多かったです。

つまり、仕事云々の前に、性格上の「水と油」のようにどうしても合わない社風はあります。

社風に違和感を感じたあなたは、決して間違っていませんよ。

理由②:仕事の内容が合わない

そもそも、「仕事の内容」が自分に合っていなければ続けていくのは難しいと思います。

なぜなら、仕事に対する「やる気」や「モテベーション」を保てないからです。

まずは自己分析しつつ、何が得意で何が苦手なのかを洗い出してみましょう。

理由③:人間関係が合わない

人間関係が合わない
仕事は人間関係で決まると思います。

当たり前かもですが、ギクシャクした人間関係では仕事はうまく回りませんよね。「人間関係も仕事の内」という言葉があります。
確かに、合わない人がいてもある程度はすり合わせながら仕事をしていく必要はあります

とはいえ、合わないものは合いません。

どうしても歩み寄れない、苦痛で仕方がない人間関係もあります。

ムリに関係を良くしよとしても心が摩耗するだけ。
転職を視野に入れつつ、行動に移した方がストレスは大きく減ります。
» 求人を見てみる

④:労働条件が合わない

給料を上げてもらえない。
サービス残業は当たり前。

いくら頑張っても、成果が上がりづらい職場環境。やる気が下る一方ですよね。いくら働いても収入が伸びないのなら、ただの消耗戦だと思います。

入社前に分かれば苦労はしないですよね。

どうしても、後々になって見えてくる部分なので対策のしようがありません。

同じ業種か、新たな環境を視野にいれるのもアリだと思います。
» 求人を見てみる

仕事の環境そのものが合わない

職場の条件ではなく、環境そのものが合わないと感じていませんか?

具体例は以下のとおりです。

  • 具体例①:怒鳴り声に萎縮してしまう
  • 具体例②:人に監視される仕事が苦手
  • 具体例③:周りの音や気配が気になって集中できない

上記のような「環境」に左右されると自身の能力がうまく発揮できなくなります。

詳しくはHSPは仕事ができない【そんなことないよ。働く環境を見直そう】に書きましたので是非ご覧ください。

⑤:別の仕事に興味がある

別の仕事に興味がある
会社に就職したまでは良かったけれど、実際に業務をしてみると「自分のやりたい仕事と違うかも」と感じていませんか?

理想とのズレから、別の仕事に興味が移っている。あるいは、今の仕事に満足はしているけど、新しい分野に興味が出てきたなど。

僕の結論は、自分が進みたい道を目指してみようです。

繰り返しですが、「人生は有限」だからです。

ありきたりで申し訳ないのです。
たった一度の人生。後悔のない道を選択してみましょう。

仕事を早急に辞めるための3つの方法

仕事を早急に辞めるための3つの方法
繰り返しになりますが、会社が合わないと感じるなら、環境を変えた方がより自分に合った人生を歩めます。

合わないと感じながら仕事をすること。
それは、自分自身を騙して生きることを意味します。
いずれ必ずどこかで歪が出るはず。

しかし、早急に辞めた方がいいケースもあります。

具体的には以下のとおりです。

  • その①:パワハラがある
  • その②:私生活まで仕事に支配される
  • その③:ブラック企業

以上の3つが当てはまる場合は、早急に仕事を変えた方がいいと思います。

理由は、心を壊したり、人生の喜びが無くなるからです。

1つずつ見ていきましょう。

その①:パワハラがある

体育会系の色が強い職場に当てはまると思います。

パワハラと言えば、高圧的な物言いや罵声が該当します。

例外があるとすれば、工事現場など「危険が伴う仕事」です。もしそうなら、多少の厳しさは理解できます。なぜなら、命や安全面の危険があるからです。

それ以外の、感情任せのパワハラはあり得ません。

暴力があるなら迷わず環境を変えよう

社風的に、黙認しているような職場があるかもしれませんが、「暴力」が伴う仕事はあります。

僕も以前、叩かれたり蹴られたりした経験があるため、その苦痛は良くわかります。

「命や安全上の危険があったから咄嗟に小突く」
上記の理由なら話は少し変わると思います。

それ以外は絶対に許されません。

というより論外です。
暴力を受けて我慢をする必要はないですよ。辞めて問題なしです。

暴力を受けるべき人など誰も存在しません。

その②:私生活まで仕事に支配される

仕事のストレスから、休みの日も仕事のことを考えていませんか?

うわぁ...。もう日曜日の夕方だ...。サザエさん始まってる、、、休みが終わる...。
また長い1週間が始まるのか...。

もし上記のようであるなら、危険信号ですよ。

心が休まらないので、ストレスを受け流せなくなります。

なお、仕事を家に持ち込むのも要注意。

「仕事が趣味」なら良いのですが、ストレスを感じているなら仕事に支配されている状態だと思います。

その③:ブラック企業

ブラック企業
具体例①、②も含めですが、「ブラック企業」と感じるなら早急に逃げましょう。

辞めるのではなく逃げる。

そこに我慢はないし、難しく考える必要もありません。

なぜなら、今後の人生に関わるからです。

長時間労働の末に命を落とすなんて悲しすぎます。ストレスにのまれて、自らに手を掛ける。ありえません。

全力で逃げることだけ考えましょう。

会社に行かなくても辞められる

会社を辞めるためには、社長などに話をす必要があります。

突然、会社に行かなくなるのは道理的にも良くないと感じるかもです。
できれば円満に辞めたいですよね。 

とはいえ、勤め先がブラック企業。
全力で逃げましょう。

退職代行サービスを使えば、LINEや電話だけで会社に行かずに辞められます。

ブラック企業だけではなく、辞めさせてくれない、辞めづらい会社でも利用可能。

退職代行のガーディアンは東京労働組合が運営するサービスです。

精神的な限界が来る前に勇気をもって辞めましょう。
LINEや電話で無料相談が可能です。
» 退職代行「ガーディアン」の無料相談はこちら

今回は以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございました。