HSPは仕事ができない【そんなことないよ。働く環境を見直そう】

HSPと仕事

仕事ができないと悩むHSP気質の人「仕事ができなくて毎日怒られて苦しい・・・。自分ってダメだなぁ。なぜみんなのように仕事ができないのだろう。。。仕事のコツや、自分に向いている仕事内容も知りたい」

こんなお悩みを解決できる記事を書きました。

本記事の内容

この記事を書いている僕は、会社員歴が9年。
気質に合わない仕事を選んでいたため、「仕事ができない」と悩み続けてきました。

HSPは仕事ができない【働く環境を見直そう】

HSPは仕事ができない【そんなことないよ。働く環境を見直そう】
結論、HSP気質だから仕事ができないというのは「勘違い」です。

理由は以下のとおりです。

  • 理由①:仕事の内容があっていないから
  • 理由②:職場の環境があっていないから
  • 理由③:人間関係に疲れてしまうから

上記の3つが揃う職場は、HSP気質の方にとって「空回り」しやすくなる傾向です。

理由①:仕事の内容があっていないから

質より量(スピード)を求められる職場は、HSPの人にとって苦痛に感じると思います。

なぜなら、HSPの方は一つの仕事を丁寧に仕上げようとするからです。

質より「スピード」を求められる職場は大きなストレスとなるおそれも。

丁寧に時間をかけて仕事をすると「いつまでかかっているんだ」としびれを切らされる可能性があるからです。

察しのいいHSPの人はそんな空気を的確に読みます。
なので、早くやろうと焦って空回りしてしまう。

思うような結果が出せないため、怒られ続ける原因につながります。

理由②:職場の環境があっていないから

繊細な人にとって「働く環境」は重要です。

ほかの人よりも五感が鋭敏だからです。

たとえば、人の出入りが慌ただしい室内、騒音がある工事現場、臭いや光など、「刺激の強い」環境が当てはまります。

集中力が常に散漫になるので、上記の環境はかなりしんどく感じますね(´·ω·`)

監視される環境は空回りする

監視される環境は空回りする
HSPの方は、じっと見られたり、監視されながらする仕事が苦手です。

実体験をとおして嫌というほど感じましたが、監視される仕事は「本来の実力」が発揮できません。

緊張感やプレッシャーを感じて思うような環境や人間関係だと実力が出せなくなるからです。

じっと見られることで、「なにか間違っているのかな?」「怒らせてしまったのかな?」そんな意識で頭がいっぱいになります。

精神的な疲労も大きいので、可能であれば異動や転職を視野に入れて対策をしたいですね。
»転職支援実績No.1|リクルートエージェントの無料相談はこちら

理由③:人間関係に疲れてしまうから

HSPの方にとって「人間関係」の問題はかなり大きいです。

仕事ができなくなる原因の多くが、職場の「人間関係」にあると思います。
僕も常に人間関係ですり減りながら仕事をしていました。

我の強い人に注意

先日、こんなツイートをしました。

自分の主張、考えを押し付けてくる人が近くにいるとHSPの方は消耗をしやすいです。うまく断れないので大きなストレスの原因につながります。

一方的に自分の意見を押し付け、そのとおりにしないと怒ってくる場合があるからです。

主張の強い人とはうまく距離を保ちつつ、嫌だなと感じた自分の「心の声」をたいせつにする必要があります。
極端な例ですが、身近にいる場合は要注意です。 

仕事ができなくなった過去

少し過去の話をさせてください。
僕の前職は、いわゆる「体育会系」の人が圧倒的に多い職場でした。

「おまえ頭悪すぎ」「なんでそんなに仕事できないの?」と毎日のように人格否定をされていました。

つねに身構えて仕事をする日々。ビクビクしながら仕事をするので、自分のペースは乱れ、集中力は散漫になります。

結果、仕事の質が悪くなる→また怒られる→ビクビクする→無限ループ

そんな悪循環に陥り、「仕事のできない人」のレッテルを貼られました。

仕事以外のことに疲れてしまう

仕事以外のことに疲れてしまう
「なんでいつも疲れているの」って周りの人たちに言われませんか?

怒られないために、上司や周囲の顔色をうかがいながら仕事をすると体力と気力の消耗が激しくなります。

仕事をする目的が「自己防衛」にかわるので、穴の空いた袋のようにいくら休んでも疲れが抜けません。

常に抜けない精神疲労をかかえ続けた結果、僕は心を壊しました。

詳細は【HSP】仕事を辞めたい。心の声に素直になろう【辞めた未来も解説】に書いていますので興味のある方は是非ご覧ください。

自己肯定感が下がる

「仕事ができない」というレッテルを一度でも貼られると、より悪循環に陥ります。

なぜなら、周囲からの風当たりが強くなるからです。

まじめなHSPの方は、自分を責めてしまうので「自己肯定感」も同時に下がります。

自己肯定感が下がると人生の充実度も同時に落ちてしまいます。
そうなる前に、改善と行動をしていきましょう。

HSPでも仕事ができるようになるコツを解説

HSPでも仕事ができるようになるコツを解説
繰り返しですが、HSPは仕事ができないというのは勘違いです。

HSP気質と向き合いつつ、僕が実際に9年間、会社員を続けられたコツをご紹介します。

  • コツ①:反復練習する集中する無思考
  • コツ②:相手の懐に入る
  • コツ③:相手目線で仕事をする

以上の3つです。
1つずつ深堀りしていきましょう。

コツ①:反復練習する

日々の業務で同じ仕事を繰り返すことは多いと思います。技術職であればとくに。

極端な例ですが、「目をつぶってでもできる」
そんなレベルまで仕事に技術を習得をしてみる。

そうすると、どんな状況下でもミスが少なくなります。

ポイントは仕事の精度が高まるように「常に意識しながら作業を繰り返す」と少しずつ成長できますよ。

毎日くり返し「失敗」と「改善」をしていくなかで、周りからも評価も徐々に上がっていきます

成長のスピードも早くなります。

集中力が重要

仕事の精度を高めるためにも集中力が大切です。

思考が散漫になると、それだけで能率が落ち、ミスへと直結します。

「思考が乱れてきたな」と感じたら、その場でできる対処法をご紹介します。

結論は、1分間「無思考」になるです。
瞑想に近いですね。

どこでもできる上、焦りやネガティブな思考がフラットになるのでおすすめです。

コツ②:相手の懐に入る

いつも機嫌が悪かったり、怒鳴る人がいるとつい避けてしまいがちですよね。
しかし、それがむしろ逆効果になる可能性もあります。

苦手な人を避けると、どうしてもその人から見ると目立ってしまうからです。

避けたい気持ちはよくわかります。とはいえ、仕事である以上なかなか厳しい。

それなら逆に相手の懐に入ってしまう。苦手な人の近くにいればその人からは目に付きづらくなります。

たとえば、何かわからないことがあったら思い切ってその人に聞いてみる。

よぽど偏屈な人でない限り、頼られて悪い気持ちになる人はいません。

媚びる必要はない

相手の懐に入るというと、その人に「媚びを売れってこと?」と思うかもしれません。

しかし、媚びを売る必要はまったくないです。

淡々と苦手な人に近づくことが大切です。わからないことを質問して、「けなしてくる」場合は近づかなくてOKです。

仲のいい人とどうにか仕事を組めるようにしつつ、けなしてくる人をシャットアウトましょう。

コツ③:相手目線で仕事をする

ちょっと説教くさくなったらスミマセン。避けてはとおれないのでお伝えしますね。

今やっている仕事は誰のためにやっているのか。
そこを明確にしましょう。

「上司や周囲の人に怒られないため」という自分視点から「相手目線で仕事をする」と円滑に仕事が進み始めます。

自分本位で仕事をしてしまうと、どうしても評価されづらくなります。
いわゆる、気を遣っている状態ですね。気を遣うから、気を利かせるに変えていきましょう。

なお、以前の僕は完全に自分目線で仕事をしていたため、評価は低かったです。

その証拠にひたすら怒られ続けていました。

繰り返しになりますが「自分目線」から「相手目線」で仕事をすると状況が変化しますよ(`・ω・´)ゞ

HSPな人に向いている仕事内容を紹介

HSPな人に向いている仕事内容を紹介
今の仕事が苦しいと感じているのなら、仕事をやめるという選択肢もあります。

仕事をやめることは悪いことではありません。むしろ、自己肯定感や生きづらさを抱えて生きていくことのほうが問題です。

とはいえ、いきなりやめることはできないですよね。

まずは、HSP気質の「強みを活かせる」そんな仕事内容を考えてみましょう。

  • ①人間関係などの職場環境が気質に合っている
  • ②自分のペースでできる仕事
  • ③気質を活かせる仕事

上記の3つです。
1つずつ見ていきましょう。

①人間関係などの職場環境が気質に合っている

HSP気質の方にとって「仕事の内容」と「仕事環境」は重要です。

つまり、「だれと働くか」「仕事に集中できる環境」が重要になってきます。

②自分のペースでできる仕事

仕事の流れを自分なりに考え、取り組めるのがHSP気質の特徴。

仕事の流れを考えることで、安心感をもちつつ、自分のペースで仕事が進められます。

ところが、スピード重視の職場だと、自分のペースが乱されます。

スピードよりも「質」を評価してくれるような仕事を選ぶことで自身の気質を活かせます。

③気質を活かせる仕事

繊細な方は、感受性が豊かなのでクリエイティブな仕事が向いているケースが多い印象です。

ライティングに出会い、当ブログ(ミヤブログ)を運営しています。

クリエイティブな仕事をとおして、自分を表現することに向いていると思います。

具体的なHSPの方に向いた仕事例はHSPで仕事が見つからない原因はこの5つ【結論:焦らなくても大丈夫】で詳しく書きましたので是非ご覧ください。

「行きたくない」から「生きたくない」になったら今すぐやめるべき

まじめなHSP気質な方は、仕事ができない自分を責めがち。
それでも、一生懸命に日々を乗り越えていると思います。

仕事に疲れ果て「行きたくない」から「生きたくいない」こんな思考になっていませんか?

もし本気でそうなっているのなら、すべてを投げ捨てていいので全力で休みましょう。
逃げてOKです。

心が壊れる前に仕事をやめましょう。

国の補助や保険料免除などもあります。

あなたが職場に行かなくても、代わりに退職手続きをすべてしてくれる、退職代行サービスもありです。
» 退職代行「ガーディアン」の無料相談はこちら

長い人生です。すこし休んでも全く問題ありません。

HSPは仕事ができない=勘違い

大事なことなので何度も繰り返します。

HSPで仕事ができないと感じるのは勘違いです。

気質に合わない仕事をすると、仕事以外の疲れや疲労が多くなります。

空回りしてミスが続けば、「仕事ができない」と感じてしまう。

HSPの気質を活かせる仕事に出会えれば、自分らしくポジティブな一面が発揮できます。

この機会に「仕事」について、ゆっくり振り返ってみて下さい。

転職サイトと退職代行リンク