HSPで仕事が見つからない5つの原因【焦らずいこう】

HSPと仕事

仕事が見つからないHSPの人「仕事を探しているけどなかなか見つからないなぁ。仕事を見つけるコツってあるのかな?繊細さんに向いている仕事が知りたい!」

このようなお悩みに答えていきます。

この記事を書いている僕は、内向型HSPです。
自分にあう仕事が見つからず、悩んだ経験があります。

HSPの人にとって、仕事選びは重要です。

仕事の環境によっては「生きづらさ」がより強調されるはず。

本記事の後半では「HSPに向いている職業5選」をご紹介しています。

3分ほどで読めますので、ぜひお付き合いください。

この記事の目次

HSPで仕事が見つからない5つの原因

HSPで仕事が見つからない5つの原因
HSPの人で「仕事が見つからない」原因は下記のとおりです。

上記の5つです。仕事選びを適当にしてしまうと、身体もメンタルもボロボロになってしまいます。

自分の気質を振り返りつつ、仕事が見つからない原因を1つずつ見ていきましょう。

原因①:「自己分析」をしていない

自己分析をしていますか?
仕事選びをする上で自己分析は欠かせません。

自分という「素材」がわからなければ、どんな仕事に適性があるのかボヤけてしまいます

まずは「なにが得意」で「なにが不得意」なのか。そこから洗い出してみましょう。

人より「少し楽」にこなせる仕事を選ぼう

仕事選びのコツは「好き」より「得意」の方が向いていると思います。

いわゆる「適職」ですね。ほかの人よりも小さな労力で仕事をこなせることがポイント。

具体的には下記です。

  • 計算が得意➜経理や会計の仕事
  • モノづくりが好き➜大工や料理人

上記のとおり。「得意」を活かせる領域を選ぶと失敗が少ないです。

わりと長続きしますし、得意なのことなので仕事も早く覚えられるはず。
僕はモノづくりが得意で、造船業を7年ほど続けています。

原因②:焦っている

仕事を早く見つけようと焦っていませんか?
焦りがあると、冷静な判断ができなくなります。

条件だけに目がくらんでしまい、いざ入社してみたらブラック企業。あるいは、焦ったばかりに「適性」のある案件を見過ごした...。

上記のような結果を招きかねません。なお、僕は焦って「自分の気質に合わない仕事」を選んで失敗しました。
» 転職回数が多くても人生は終わりじゃない【あなたの個性をいかそう】

原因③:やりたいことが分からない

仕事を見つける以前に「やりたいことが分からない」そんな方もいると思います。

結論は「行動しながら見つけよう」です。人は必ず、何かしらの「才能」を持ち合わせています。

やりたいことが思い浮かばない場合は「幼いころの自分」を思い返してみましょう。

幼いころは「偏見の意識」からわりと自由です。好きなことを純粋に楽しめていたはず。

たとえば下記です。

  • 土いじりが好き➜陶芸家やパン職人
  • おしゃれが好き➜美容師・メイクアップアーティスト

幼いころに夢中になったことに「才能を見つけるヒント」が隠れている可能性があります。

あこがれの人を思い出そう

あなたが憧れた人、うらやましいと感じた才能。
憧れや、羨ましいと感じた人のなかに、あなたの才能が見え隠れしているかもしれません。

自分にある「要素」だからこそ、他者の才能を見たときに「憧れ」をいだきます。

幼いころに夢中になったことと合わせて、振り返ってみましょう。

原因④:こだわりが強い

こだわりが強い
仕事の条件に「こだわり」が強いとなかなか就職は決まりません。
なぜなら、すべての条件を満たしてくれる会社は少ないからです。

ある程度の妥協は必要になってきます。

とはいえ、譲れないこだわりは守りましょう。仕事のストレスを減らしていく上では必要です。

原因⑤:働き方の「選択肢」が少ない

僕も含めてですが、会社勤めが「合わない」と感じていませんか?
会社勤めが「合わない」と感じる理由は下記のとおりです。

  • 理由①:五感による刺激
  • 理由②:環境からくる刺激
  • 理由③:人間関係のストレス

繰り返しですが、繊細な人は他の人以上に、仕事以外のストレスがかかりやすいです。

HSPの人が仕事を見つける3つの方法

HSPの人が仕事を見つける3つの方法
HSPの人が仕事を見つける方法は下記をご覧ください。

  • 方法①:自己分析をする
  • 方法②:ブレインダンプをする
  • 方法③:嫌なものリストをつくる

上記のとおりです。最重要は「自己分析」となります。

自己分析が甘くなると、あなたと合わない仕事・会社を選んでしまいがちです。

とくにHSPのひとは、仕事選びに慎重になりましょう。ほかのひとよりストレスの溜まりが大きいからです。

HSPに特化した「キャリアのプロ」に相談してみよう

自分に適した仕事を見つける“最短の方法”は「プロの意見を聞く」です。

僕はキャリア相談をキッカケに、HSPにあった「働き方」を見つけることができました。

キャリアコーチング「キャリート」は、HSPの方のキャリア支援実績「年間200名以上」です。

「キャリア支援経験」の豊富なコーチがあなたに寄り添い、仕事の悩み・キャリヤ設計を一緒に考えていくサービスです。(※転職エージェントではありません。

キャリア支援は「転職」だけが前提ではありません。人生設計も含め、HSPにあったキャリアの相談ができます。

  • 自分にあった仕事の探し方を知りたい
  • 長期的な「キャリア設計の仕方」を知りたい
  • 転職するべきか、現職に残るか判断する方法を知りたい
  • 自己分析や転職のノウハウを知りたい
  • メンタルの調子が良くないので「負担のない働き方」がしたい

上記のお悩みがある方に最適なサポートです。仕事のモヤモヤを気軽に相談してみましょう。

キャリート HSP
(画像引用:キャリート公式
サービス名
オススメ度
無料面談
年齢制限
就業経験
キャリート
60分
20~30代

(就業経験が必要)

僕もドキドキしながらキャリア相談をしましたが、否定されることは一切ありません。

60分のカウンセリングがあっという間に終わったんですよね。

むしろ、やさしく穏やかなカウンセリングと、HSPの仕事の悩みに共感したアドバイスでした。

詳しくは「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で深堀りしています。現実的な適職選びは、自己分析からはじまります。気になる人は、ぜひご覧ください。

※注意事項:サポート対象外の方について

キャリートの受講は、下記の方が対象外となりますので注意しましょう。

  • その①:社会人としての就業経験がない方(学生など)
  • その②:20代~30代以外の方
  • その③:現在のお仕事に満足されている方
  • その④:キャリアコーチ、トレーナー経験者

また、無料カウンセリングは原則1回のみです。詳細は「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で実際に体験した「感想」と一緒にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

HSPに向いている仕事例5選

HSPに向いている仕事例5選
HSPの人に向いている、具体的な5つの仕事は下記のとおりです。

上記の5つはHSPの人におすすな在宅ワーク5選【生きやすい未来を手に入れよう】でも深堀りしていきます。合わせて、ぜひご覧ください。


それでは、1つずつ見ていきましょう。

その①:ブログ

ブログ運営は「自分の興味のあるジャンル」で記事を書きつつ、商品を紹介して、広告収入を得るというもの。

軌道に乗れば「寝ている間に稼いでくれる」というメリットがあります。

とはいえ、集客や成果が出るまでの期間はとても長いです。ただなんとなく記事を書いても、成果にはつながりません。

「継続」はHSP気質の人に向いている

「継続」はHSP気質の人に向いている
HSPの方にとって「自分のペース」は大切です。なぜなら、スピードを要求される仕事はストレスに感じやすいからです。

マイペースにできるからこそ、仕事の能率を上げられるのがHSPの特徴。

人の悩みに共感し、自分のペースで進められるブログ運営は「HSP気質」に向いていると思います。

ブログ運営のメリット・デメリット

メリット ①:低資金で始められる
②:文章力が身につく
③:スキマ時間に書ける
④:モノを売る力(マーケティング力)が身につく
⑤:自宅で稼げるようになる
デメリット ①:コツコツ継続していく必要がある
②:最初の「1円」を稼ぐまでが大変
③:書くジャンルによっては稼げない

上記のとおり。ブログに関しては、最初の1円を稼ぐまでが大変です。僕は、半年程かかりました。しかし「文章を書く楽しみ」や、稼げたときの喜びは大きいです。

ブログの始め方については、【初めてでも安心】WordPressを使ったブログの始め方【5つの手順】で解説しました。

その②:Webライター

Web上から「案件」を受け、指定どおりの「記事」を書いていく仕事です。

ブログと似ていますが、Webライターは書いた記事がそのまま報酬に直結します。

継続的に案件をとることで、会社員、またはそれ以上の成果を得ることが可能です。

文章力を付けたい人、安定感をもって稼ぎたい人は、まず「Webライター」を副業としてはじめてみましょう。
稼ぎつつ、ライティングの能力が上がるのでブログにも生きてきます。

Webライターの仕事の受注に関しては、クラウドワークスというクラウドソーシングサイトで仕事を請けることが可能です。
» 日本最大級のクラウドソーシング|クラウドワークスの無料登録はこちら

その③:不用品販売・せどり

かなり早い段階で成果がでやすく、稼ぎやすいのが「不用品販売・せどり」の特徴です。

はじめる敷居がかなり低く、手を出しやすいのが最大のメリット。メルカリやラクマで不用品が売れるため、わりと簡単です。

僕も最初の副業は、不用品販売からはじめました。

「会社以外」の収益を得るという経験が積みやすいですよ。

その④:Webデザイン

Web上にあるサイトのデザインや画像の加工、色合いの調整、見ために関わる制作をする職業です。

「Photoshop」や「Illustrator」などのソフトを駆使しつつ、デザインを整えていく仕事なので、感性が豊かなHSPの方に向いた職業だと思います。

自分のペースで技術を極めたい方にもおすすめです。

その⑤:インスタグラム

インスタグラムで稼げるなんて嘘でしょ?って思われるかもですが、実際に稼いでいる方は大勢います。

ブログと同じく、主に「広告収入」や「楽天room」などの物販がメインです。「企業からの案件」で仕事を受けるという方法もあります。

2022年2月現在では、フォロワー1万人以上しかできなかった「ストーリーズ」によるリンク誘導が可能になりました。

つまり、少ないフォロワーでもジャンルを絞り、需要があれば「成果」が得られるという状態です。

本業のかたわら、ブログのように月100万円以上稼いでいる方もたくさん見かけます。まさに「インスタドリーム」ですね。

自分にあう生き方をしよう

結論は「自分に合う生き方」をしようです。
自分にあった生き方をしなければ「人生の充実度」は確実に下がります。

つまり、会社員だろうとフリーランスであろうと、好きな生き方を「自由に選んでいい」ということ。

良くないのは、心の声を無視して、苦痛と感じる仕事を続けることです。
僕は心の声を無視して仕事をした結果、心を壊した過去があります。

合わない仕事や生活を選択しても、ストレスが増えるだけです。
自分を振り返りつつ「本当に望む道」を一緒に歩みましょう。

おわりに:仕事に悩むHSPの人へ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。当ブログ(ミヤブログ)では、HSPに伴う「仕事に関するお悩み」を記事にまとめています。

「仕事がつらい…。HSPをいかせる仕事を知りたい…!」

あなたのお悩みに、少しでも寄り添えれば幸いです。