HSPで仕事が見つからない原因はこの5つ【結論:焦らなくても大丈夫】

HSPと仕事

仕事が見つからないHSPの人「自分に合う仕事を探しているけどみつからないなぁ。。仕事をみつけるコツはあるのだろうか?HSPの人ってどんな仕事をしているのだろう?」

こんなお悩みを解決できる記事を書きました。

本記事の内容

この記事を書いている僕は、内向型HSPです。
気質に合う仕事が見つからず、苦しんだ経験があります。

HSPの方にとって、働く環境は重要です。
なぜなら、就職した先の環境によっては、「生きやすさ」がまるで違ってくるからです。

本記事の後半では、「HSPにあった職業」もご紹介しています。
3分ほどで読めますので、少しだけお付き合いくださいm(__)m

HSPで仕事が見つからない原因はこの5つ

HSPで仕事が見つからない原因はこの5つ
HSPの方で仕事が見つからない原因は以下のとおりです。

  • 原因①:自己分析をしていない
  • 原因②:焦っている
  • 原因③:やりたいことがない
  • 原因④:こだわりが強い
  • 原因⑤:会社員だけに注目している

上記の5つです。

仕事選びを適当にしてしまうと、肉体的にも精神的にもボロボロになってしまいます。
自分の気質を振り返りつつ、仕事が見つからない原因を1つずつ見ていきましょう。

原因①:自己分析をしていない

自己分析をしていますか?
仕事選びをする上で自己分析は欠かせません。

自分がわからなければ、何に適正があるのかボヤけてしまいます。
まずは、なにが得意で、なにが不得意なのか。

そこから洗い出してみましょう。

人より少し楽にこなせる仕事を選ぼう

仕事選びのコツは、「好き」より「得意」の方が向いていると思います。
得意な領域なら、ほかの人よりも小さな労力で仕事をこなせるからです。

具体的には計算が得意なら、経理の仕事。モノづくりが好きなら大工や料理人といった選び方です。「得意」な領域だと失敗が少ないです。

上記のように「得意」を活かせるジャンルだと、わりと長続きします。

僕はモノづくりの仕事が得意で、造船業を7年ほど続けています。

原因②:焦っている

仕事を早く見つけようと躍起になって焦っていませんか?
焦りは冷静な判断ができなくなります。

条件だけに目がくらんでしまい、いざ入社したらブラック企業。焦ったばかりに自分に適正のある案件を見過ごしてしまった。

上記のような結果を招きかねません。
なお、既に仕事をやめた状態であるなら、金銭的な心配もあると思います。

金銭的な問題に関しては、区役所に免除申請することで、固定費をおさえることが可能です。【HSP】仕事を辞めたい。心の声に素直になろう【辞めた未来も解説】に書いていますので、是非ご覧ください。

原因③:やりたいことがない

仕事を見つける以前に「やりたいことがない」そんな方もいると思います。
結論は、行動しながら見つけるです。

とはいえ、がむしゃらに行動しても遠回りになってしまいます。
やりたいことがない人であっても、必ず何かしらの才能を持ち合わせています。

思い浮かばない場合は、「幼いころの自分」を思い返してみましょう。幼いころは「偏見の意識」からわりと自由ですし、好きなことを純粋に楽しめる時期だからです。

たとえば、土いじりで遊ぶのが好きな子どもだったのなら、陶芸家。あるいは、土をこねる感触が好きであれば、パン職人なども向いているかもしれません。

幼いころに夢中になったことに「才能のヒント」が隠れている可能性があります。

あこがれの人を思い出そう

あなたが憧れた人。うらやましいと感じた才能。
実はその中にもあなたの才能が見え隠れしているかもしれません。

自分にある要素だからこそ、他者の才能に憧れをもちます。

幼いころに夢中になったことと合わせて、振り返ってみて下さい。

原因④:こだわりが強い

仕事の条件にこだわりが強いとなかなか就職が決まりません。
なぜなら、すべての条件を満たしてくれる会社は少ないからです。

ある程度の妥協は必要になってきます。

とはいえ、ある程度のこだわりは、仕事のストレスを減らしていく上では必要です。
HSPの方にとって職場の環境や仕事の内容は最重要。

その理由については、HSPで仕事が続かない3つの理由【乗りこえ方も解説】の記事で詳しく書きましたで是非ご覧ください。

自信がない

自分に自信がないと、気になった仕事を見つけてもためらってしまいます。
なぜなら、自分にできるか不安になるからです。

過去の僕もそうでした。
まったくの未経験で造船業という職を選んだ際、かなりためらったのを鮮明に覚えています。

しかし、自信は行動してはじめてついてくるもの。経験していないのにいきなり自信があれば、それは自信過剰ですよね。

不安になる気持ちはよくわかります。
なので、まずは失敗をおそれず行動してみましょう。

失敗しても、経験値としてあなたの財産になります。

原因⑤:会社員だけに注目している

HSPの方は、社会生活が合わないと感じる方が多い印象です。
理由は以下のとおりです。

  • 五感による刺激
  • 環境からくる刺激
  • 人間関係のストレス

ほかの人以上に、仕事以外の負荷がかかりやすいです。

つまり、会社員以外の働き方、フリーランスや在宅ワークなどの選択肢が合う場合もあります。

今は副業ブームで、働き方にも大きな変化がきています。会社員が生きづらいのであればフリーランスという選択もありですよ。

なお、僕は当ブログ(ミヤブログ)の運営をしており、ライティングという仕事に出会うことができました。

ブログやライティングの仕事は場所を選びませんし、苦手な人付き合いもありません。
PC1台と自分のペースで執筆が可能です。

ブログやフリーランスとしての働き方についてはフリーランスの学校で学習ができまして、40本以上もの動画がすべて無料で視聴できます。

HSPの人が仕事を見つけるコツを解説

HSPの人が仕事を見つけるコツを解説
HSPの人が仕事を見つけるコツについて。
結論は、人生から除外したい「嫌なものリストをつくる」です。

僕が実際に書き出した「嫌なものリスト」は以下のとおりです。

  • 電話が苦手
  • コミュ障
  • 飲み会が嫌い
  • 人に監視される仕事がムリ
  • ハキハキしゃべれない
  • 時間を奪われる感覚が苦痛
  • 指示されるとやる気をなくす

上記が僕の嫌なことリストです。
自分の社会不適合さに萎えます…(´·ω·`)

嫌なものリストを書き出すことで、人生から排除したいものが明確になります。

嫌なものから考えよう

嫌なものを書き出し、除外した先は自身にとってストレスの少ない選択肢しか残りません。

人生から除外したい「嫌なものリスト」は、より細かく書いていきましょう。人生で関わりたくない「嫌なもの」が明確になるからです。

僕は嫌なものリストを見渡したあと、迷うことなくフリーランスにむけて突き進んでいます。

失敗しつつ行動しよう

繰りかえしですが、進んでみたい方向が決まったら、「行動」に移しましょう。
ありきたりで申し訳ないのですが、失敗を恐れすぎると先に進めません。

失敗してOKです。
道を間違えたのなら引返せばいいだけ。

まずは「やってみたい」と感じるその気持が重要です。

なお、心が休みたいと感じているのなら、最優先は、「休む」です。
心は1度壊れるとなかなか治りません。

焦らずゆっくり心を休めましょう。

HSPに向いている仕事例を5つご紹介

HSPに向いている仕事例を5つご紹介
HSPの方に向いている具体的な仕事は例は以下のとおりです。

  • その①:ブログ
  • その②:Webライター
  • その③:不用品販売・せどり
  • その④:Webデザイン
  • その⑤:インスタグラム

上記の5つです。
1つずつ深堀りしていきましょう。

その①:ブログ

ブログ運営は自分の興味のあるジャンルで記事を書きつつ、商品を紹介して、広告収入を得るというもの。

軌道に乗れば、「寝ている間に稼いでくれる」というメリットがあります。

とはいえ、集客や成果がでるまでの期間がとても長いです。

ただなんとなく記事を書いても、成果にはつながりません。
挫折する方も多いのがブログの率直な印象です。

マイペースと継続がHSPに向いている

HSPの方にとって、「マイペース」はたいせつです。
なぜなら、スピードを要求される仕事はストレスに感じやすいからです。

マイペースにできるからこそ、仕事の能率を上げられるのがHSPの特徴。

自分のペースで進められるブログはHSP気質に向いていると思います。

その②:Webライター

Web上から案件を受け、指定どおりの「記事」を書いていく仕事です。
ブログと似ていますが、Webライターは書いた記事が報酬に直結します。

継続的に案件をとることで、会社員、またはそれ以上の成果を得ることが可能。ブログに敷居を感じる方は、まずWebライターを副業ではじめて見るといいですよ。

稼ぎつつ、ライティングの能力が上がるのでブログにも生きてきます。

Webライターはクラウドワークスというクラウドソーシングサイトで仕事を請けることが可能です。
» 日本最大級のクラウドソーシング|クラウドワークスの無料登録はこちら

その③:不用品販売・せどり

かなり早い段階で成果がでやすく、稼ぎやすいのが不用品販売・せどりの特徴です。

はじめる敷居が低く、手を出しやすいのが最大のメリット。メルカリやラクマで気軽に不用品が売れるのでわりと簡単です。

僕も最初の副業は、不用品販売からはじめました。

会社以外の収益を得るという経験が積みやすいですよ。

その④:Webデザイン

Web上にあるサイトのデザインや画像の加工、色合いの調整、見ために関わる制作をする職業です。

「Photoshop」や「Illustrator」などのソフトを駆使しつつ、デザインを整えていく仕事なので、感性が豊かなHSPの方に向いた職業だと思います。

自分のペースで技術を極めたい方にもおすすめです。

その⑤:インスタグラム

インスタグラムで稼げるなんて嘘でしょ?って思われるかもですが、実際に稼いでいる方は大勢います。

ブログと同じく、主に「広告収入」や「楽天room」などの物販がメインです。「企業からの案件」で仕事を受けるという方法もあります。

2021年11月現在では、フォロワー1万人以上しかできなかった「ストーリーズ」によるリンク誘導が可能になりました。

つまり、少ないフォロワーでもジャンルを絞り、需要があれば成果が得られるという状態。
慣れれば本業のかたわらでも作業が進められます。

フリーランスの学校の代表、しゅうへいさん( @shupeiman)は上記のとおり、インスタで爆伸びされており、フォロワー1.7万人を達成されています。

» フリーランスの学校でインスタグラムの無料講義を受けてみる

自分にあう生き方をしよう

結論は、自分に合う生き方をしようです。
自分にあった生き方をしなければ人生の充実度は確実に下がります。

つまり、会社員だろうとフリーランスであろうと、好きな生き方を選んでいいということ

良くないのは心の声を無視して、苦痛と感じる仕事を続けることです。
HSPの人が仕事を休むべき理由【僕は真面目で失敗しました】に書きましたが、僕は心の声を無視して仕事をした結果、心を壊した過去があります。

フリーランスはHSP気質を活かせる選択肢

HSPで仕事がみつからないのであれば、今回ご紹介したような職業にも目を向けてみると視野が広がります。
繰り返しになりますが、合わない仕事や生活を選択しても、ストレスが増えるだけ。

自分を振り返りつつ、心の声に耳を傾けてみると本当に望むべき道が見えてくると思います。

というわけで今回は以上です。

ここまでで、フリーランスを目指してみたい!って思われたなら、フリーランスの学校で全体の流れを学習できます。
フリーランスになるための、より詳しい仕事例、働き方、マインドをどこよりも詳しく学べます。
メールアドレスを登録するだけで、約40本以上の動画がすべて無料で視聴可能です。
» フリーランスの学校で40本以上の動画講義を無料で受講してみる


※登録後、2日に1通のペースで講義が届きますので焦らず学習ができます