【HSP】現実的な適職の選び方【失敗しない方法はたった1つです】

HSPと仕事

hsp 現実的な適職

現実的な適職を知りたいHSPの人「自分に合う適職の選び方が知りたいな。向いている仕事ってなんだろう…?もう仕事選びで失敗したくない…!」

このようなお悩みに答えていきます。

この記事を書いている僕は、内向型HSPです。

今まで「向いてない仕事」をしていたので、苦しい毎日を過ごしていました。

あなたの適職は、あなたの気質に合っていますか?

HSPの人にとって、現実的な「適職の選び方」を一緒に考えていきましょう。

この記事の目次

【HSP】現実的な適職の選び方【失敗しない方法はたった1つです】

【HSP】現実的な適職の選び方【失敗しない方法はたった1つです】
繰り返しですが、HSPの人にとって「適職選び」はかなり大切です。
できるだけ、慎重に進めましょう。

なぜ?:「生きづらさ」が増すから

適職選びは慎重に行いましょう。理由は「生きづらさ」が増すからです。

HSP気質は「五感」がほかの人よりも敏感なため、仕事の「環境」や「人間関係」で疲れやすいです。

日々、生きづらさを抱えて生きている人も多いはず。

僕は、、とても疲れます…。なので、その苦しみはよく分かります。

HSPで仕事が続かない

HSP気質とあなたの「適性」に向いていない仕事は、どうしても続きにくいです。

とても疲れますし、すぐに息切れしてしまうんですよね。
仕事が続かなくて転職を繰り返していませんか?

「仕事が続かない」というお悩みに関しては、下記で深堀をしました。
» HSPで仕事が続かない【働き方を変えてみよう】

続く仕事を見つけるためにも、HSPの人に向いている「現実的な適職」を一緒に見ていきましょう。

HSPの人に向いている「現実的な適職」

  • 選び方①:「HSP気質」をいかせる仕事
  • 選び方②:自分のペースで進められる仕事
  • 選び方③:自分が興味を持てる仕事

HSPの人は、上記の3つを意識してみましょう。僕の経験からも「最重要」だと感じています。

それでは、1つずつ深堀りしていきます。

選び方①:「HSP気質」をいかせる仕事

「HSP気質」をいかせる仕事は、あなたの個性を発揮できるメリットがあります。
具体的な特徴は、下記をご覧ください。

  • 特徴①:カウンセラーなど人に寄り添う仕事
  • 特徴②:音楽や美術など“感性”を活かせる仕事
  • 特徴③:フリーランスとして個人で仕事をする

上記は、HSPの個性が輝く仕事だと思います。なお、HSPの長所・短所も合わせてご覧ください。

HSPの長所 ①:自分のペースで確実な仕事を行える
②:1つの仕事を丁寧かつ正確に行える
③:1つの仕事を極めることができる
④:場の空気や「雰囲気」を読める
⑤:周りと「協調性」を持って仕事ができる
HSPの短所 ①:自分のペースを乱されると慌てがち
②:人が多く「主張を強いられる環境」は苦手
③:物事を深く考えるため「とっさの判断」は苦手

※ スマホでご覧の方は、右スライドで全表示できます。

上記のとおりです。同じHSP気質でも、性格や考え方は人それぞれ。「適性」も異なります。

まずは「自己分析」を徹底して、あなたの適性を考えてみましょう。

選び方②:自分のペースで進められる仕事

職場環境や人間関係に影響されやすため、HSPの人はとても疲れやすいです。

心地よく仕事をするためにも、自分のペースはとても大切だと感じます。

僕は、働き方を「在宅ワーク」に切り替えました。ストレスを感じることは、ほぼなくなりました。
» HSPの人におすすな在宅ワーク5選【生きやすい未来を手に入れよう】

マイペース=悪くない

マイペース 悪くない
とっさの対応や「マルチタスク」がある仕事に関しては、HSPの人と相性が悪いと思います。

HSPの人はどちらかと言えば、1つの仕事を「丁寧にこなす」タイプ。

マイペースは「ネガティブな個性」として捉えられます。しかし“自己中”と“丁寧”はちがうはず。

マイペースにできる仕事は、メンタルの負担を少なくできます。

選び方③:自分が興味を持てる仕事

今の仕事は、あなたが興味を持てる仕事ですか?

  • その①:やる気が出ない
  • その②:仕事が苦痛
  • その③:仕事が覚えられない

上記のお悩みは、潜在的にそもそも「苦手」にしている分野か、あまり興味がない可能性があります。

» HSPで仕事を覚えられない5つの理由【あわてないを合言葉にしよう】

適職選びで失敗しない方法は「たった1つ」です

結論は「自己分析を徹底的にしよう」です。

とてもシンプルですが、失敗しないための唯一の方法だと思います。

自分を見つめ直して、働き方や適職を見直していきましょう。

自己分析をしよう

HSPにあった現実的な適職選びをするためには「自己分析」をしましょう。

同じHSP気質でも、一人ひとり「適性」や「働き方の相性」が違うからです。

HSPにあった適職をみつけよう

HSPにあった適職を見つける「最短の方法」は自己分析です。

僕は、HSPを理解してくれる「キャリア相談」をキッカケに、HSPにあった「適職・働き方」を見つけることができました。

  • HSPにあった仕事の探し方を知りたい
  • 長期的な「キャリア設計の仕方」を知りたい
  • 転職するべきか、現職に残るか判断する方法を知りたい
  • 自己分析を深めたい
  • HSPに合った働き方が知りたい

上記のお悩みがある方に最適なサポートです。

キャリアコーチング「キャリート」は、コーチ全員が“国家資格のキャリアコンサルタント”もしくは“プロコーチの資格者”です。

HSPならではの「仕事のモヤモヤ」を気軽に相談してみるのもありかなと思います。

キャリート HSP
(画像引用:キャリート公式
サービス名
オススメ度
無料面談
年齢制限
就業経験
キャリート
60分
20~30代

(就業経験が必要)

僕もドキドキしながらキャリア相談をしましたが、担当の方も同じHSPさんでした。

安心したのか、すぐに緊張がとけてリラックスモード。

会社員が向いていない悩みを、やさしく穏やかにカウンセリングしてもらいました。

今後の働き方を、的確にアドバイスしてもらえたのは大きかったですね。

詳しくは「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で深堀りしています。気になるひとは、ぜひご覧ください。

※注意事項:サポート対象外の方について

キャリートへの相談は、下記の方が対象外となりますので注意しましょう。

  • その①:社会人としての就業経験がない方(学生など)
  • その②:20代~30代以外の方
  • その③:現在のお仕事に満足されている方
  • その④:キャリアコーチ、トレーナー経験者

また、無料カウンセリングは原則1回のみです。詳細は「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で実際に体験した「感想」と一緒にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

仕事で悩む30代~40代のHSPの方へ

20代~30代の方は「自己分析」を徹底したいところです。

歳を重ねるにつれて、転職をするチャンスもどんどん厳しくなりますよね。

とはいえ、なにかを始めるのに遅すぎることはありません。僕も、30代になってから必死に自分の適性を考えました。

30代までの方であれば「キャリート」の無料カウンセリングを受けてみるといいかなと。寄り添うような安心感のあるキャリア支援をしてもらえます。

40代以降の方も、キャリア相談は可能です。詳細は下記にまとめました。
» 【HSP】仕事で悩む、30代~40代の3つの働き方【心が楽なる】

補足:「適職」=自分の得意なこと

適職と天職の「バランス」を保とう
自己分析の補足として、自分の得意なことを活かせる仕事を探しましょう。

「得意」ではなく「好きなこと」を選んでしまうと、失敗するリスクが高いです。

具体的には下記です。

  • 具体例①:適職➜自分の「得意」なこと。技術や技能の対価でお金をもらう。生きるための仕事。
  • 具体例②:天職➜自分の心が喜ぶこと=「好き」なこと。稼ぎづらく、食べていけない。

上記のとおり。適職を探していく際は「得意」なことを選ぶようにしましょう。

仕事をしたくないHSPのあなたへ

適職選びに失敗すると「仕事をしたくない」という気持ちが強くなります。

毎朝「仕事に行きたくない...。」と考えてしまうのは、僕以外にもいるはずです。

せっかくの休みなのに、お昼くらいから次の日の仕事を考えてしまったり。

適職選びは、とくにHSPさんにとってかなり大切です。
» 【HSP】仕事をしたくないあなたへ【ゆるく生きていこう】

HSPに向いていない3つの仕事【失敗談あり】

HSPに向いていない3つの仕事【失敗談あり】
HSPの人に向かない仕事は、人生に影をもたらします。

「生きづらさ」が強調されると、毎日がとても憂鬱になるんですよね...。

HSPに向いていない適職の「特徴」は、下記です。

HSPに向いていない適職の特徴

  • 特徴①:スピード(量)を求められる仕事
  • 特徴②:ノルマが厳しい仕事
  • 特徴③:体育会系の仕事

上記のとおり。HSPの人に向いていない適職を詳しく見ていきましょう。

特徴①:スピード(量)を求められる仕事

HSPの人は「自分なりの手順」を決めることで、仕事を安心して取り組むことができます。

たとえば「質より量(スピード)」を求められる職場は、HSPの人にとってかなり苦痛に感じるはず。

丁寧に時間をかけて仕事をすると、急かされたり「要領が悪い」と評価される可能性が高いです。

特徴②:ノルマが厳しい仕事

スピードと共通して、ノルマが厳しい仕事もストレスが溜まりやすいです。

プレッシャーと緊張感が高まり「深く考える」という“HSPの特性”が裏目に出ることも。

休日も、仕事のことで頭がいっぱいになっていませんか?とくにHSPの人は仕事とプライベートはしっかり分けましょう。
» HSPの人が仕事を休むべき理由【僕は真面目で失敗しました】

人との関わりが多い仕事はしんどい

人との関わりが多い仕事はしんどい
接客業や、ほかの部署とのやり取りが多い仕事は、HSP気質に向いていないと感じます。

言葉や声色、表情、雰囲気。あらゆる情報を細かく気にしてしまうからです。

「人の顔色」をうかがったり、話しかけるタイミングを考えすると、心身ともに疲れ果ててしまいます。

特徴③:体育会系の仕事

僕の経験上「体育会系」の雰囲気がある職場は合いませんでした。

  • 具体例①:口調が荒い
  • 具体例②:命令口調
  • 具体例③:上下関係が厳しい

上記のとおり。まるで水と油のように、繊細で敏感気質なHSPの人と「相性が悪い」と思います。

もちろん、優しくて尊敬すべき人はたくさんいます。決めつけは良くないですが、全体的に向いていないと感じました。

HSPに向いた現実的な「適職」を選ぼう

HSPに向いた現実的な「適職」を選ぼう
繰り返しですが、HSPに向いた現実的な「適職」は下記です。

  • 特徴①:カウンセラーなど人に寄り添う仕事
  • 特徴②:音楽や美術など“感性”を活かせる仕事
  • 特徴③:フリーランスとして個人で仕事をする

上記のとおり。なお、どんなに改善をしようとしても「八方塞がり」になることがあります。そんなときは、働き方を変えてみましょう。

働く選択肢は、会社員だけではありません。あなたに適した「働き方」を選んでくださいね。

キャリアコーチング「キャリート」の無料カウンセリング

おわりに:仕事に悩むHSPの人へ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。当ブログ(ミヤブログ)では、HSPに伴う「仕事に関するお悩み」を記事にまとめています。

「仕事がつらい…。HSPをいかせる仕事を知りたい…!」

あなたのお悩みに、少しでも寄り添えれば幸いです。