HSPで仕事を辞めたい3つの原因と対処法【辞めた未来も紹介】

HSP 仕事 辞めたい アイキャッチ
  • 仕事がつらすぎて仕事を辞めたい
  • 仕事が続かないのはなぜ?
  • HSPさんが続いた仕事ってなに?

HSPで仕事が続かない焦りから「辞めたい」と感じていませんか?

実体験から強く感じるのは、現職がHSP気質に合わないからでした。

「すぐに仕事をやめよう」なんて無責任なことは言えません。

ですが、選択肢の一つとして「辞める」のもありだと思います。

ミチサガシ

仕事を辞めたくなる「原因」や、辞めた後の「行動」を一緒に考えていきましょう!

注意喚起!

仕事を辞めたい焦りから、いきなり転職エージェントに相談するのはやめましょう。

あなたの「向き不向き」を見極めないと転職に失敗しかねません。

転職を前提とせず“本当にやりたい仕事”をキャリアのプロと一緒に考えられるサポートがあります。

オンライン簡潔なので、気軽に「仕事のモヤモヤ」を相談してみてください。

  1. ポジウィルキャリア
    【公式】https://posiwill.jp
    ➜今の仕事がもうイヤだけどなかなか動けない人におすすめ!あなたの「強み」と「向いてる仕事」を明確にできる徹底的なサポート
  2. キャリドラ
    【公式】https://careerdrive.jp
    ➜あなたの市場価値を高め「確実な転職」を目指せる。“稼ぐ”に特化した転職支援が得意!
  3. マジキャリ
    【公式】https://majicari.com
    ➜転職ノウハウに強く、転職を軸にしたキャリア支援が得意。求職者目線で「求職者のキャリア」を第一に考えるサービス

HSPの『仕事のモヤモヤ』を解消できる強力なサポート|初回完全無料

目次

ミチサガシ
キャリアブロガー
HSP気質の在宅ワーカー。キャリア相談サービスを5社以上受講し、働き方を見直すキッカケに。ワークスタイルを改善した経験から、仕事の悩み・キャリア迷子を解消するための発信をしています。

HSPで「仕事を辞めたい」と感じる3つの原因

HSPで「仕事を辞めたい」と感じる3つの原因

「仕事を辞めたい」と感じたら、その心の声に耳を傾けてみましょう

仕事を辞めたい原因

3つの理由は「タップ」できますので、気になる項目からご覧ください。

職場環境が合っていない

HSPの方は「働く環境」に大きく左右されがちです。ほかの人よりも感覚的な刺激に反応しやすいです。

HSPの人は、感覚的な刺激に対して無意識的・反射的に対応する脳の部位、「扁桃体」の機能が過剰に働きがちで、HSPではない人と比べて刺激に強く反応し、不安や恐怖を感じやすいことが分かっています。

サワイ健康推進課

音や匂い、人の視線が気になりませんか?

  • 人が多い場所が落ち着かない
  • 怒鳴り声が苦手
  • 人の匂いや体臭が気になる
  • 威圧感を放つ上司が苦手

上記は集中力を妨げ、仕事がつらくなる原因につながりやすいです。

関連» HSPさんと相性の良い仕事をみつける“たった1つの方法”とは

仕事の人間関係がつらい

人の何気ない言葉、態度がつい気になってしまいますよね。

ちょっとした指摘を受けたり、注意されると必要以上に気にしがち

ミチサガシ

なんだか信頼を失ってしまったような……。そんなつらい気持ちになるんですよね。

上記は、HSPさん特有の「自己肯定感の低さ」から来ていると思います。

疲れがどっと増しますし、仕事が嫌になる原因だと思います。

臨機応変な対応が苦手で疲れやすい

仕事の手順や進め方を、自分なりに決めておくと安心しませんか?

自分のペースで仕事を進めることはHSPさんにとって「心の安定」につながります。

とはいえ、仕事なので急な対応を迫られますよね。

ミチサガシ

急な対応はどうしてもテンパってしまうんですよね……。

急な仕事がくる→テンパる→仕事をミスする→迷惑を掛ける→自己肯定感がより下がる

上記の悪循環にはまってしまうと、ストレスや疲れが増します

今の働き方に「違和感」を感じるのなら、その心の声に耳を傾けてください

関連» HSPにあう会社・働き方を見つける“たった1つの方法”とは

「仕事以外のストレス」で仕事が辞めたくなる

仕事というより、ほかのストレスがあなたを苦しめているかもしれません。

例えば下記です。

  • 朝の通勤
  • 会社の飲み会
  • 休日の呼び出し

上記のとおりです。他の人にとっては「ふつう」のことでも、HSPさんにとってはストレスになります。

ミチサガシ

正直、僕はかなり苦痛でした……。

HSPの人は、仕事のストレスがなかなか抜けません

家で休んでいるつもりでも、仕事の嫌な出来事や、これから起こりそうな出来事を無意識に想像してしまいがち。

ゆっくり休んでいるつもりでも、ふとした拍子に仕事のことが脳裏をよぎるんですよね……。

楽しいと感じる「心の喜び」が、少しづつ仕事に支配されてしまいます

HSPで仕事を辞めたいときの3つの対処法

HSPで仕事を辞めたいときの3つの対処法

仕事を辞めたいときの対処法は下記をご覧ください。

仕事を辞めたいときの対処法

仕事が続かず、転職を繰り返すと「自己肯定感」が下がりがちです。

ミチサガシ

HSPという気質が大きく関わるので、必要以上に落ち込まないでくださいね。

辞めたい原因を振り返ろう

まずは、仕事が「続かない原因」から見つめ直していきましょう。

あなたが仕事のどんなことにストレスを感じ「辞めたい」と感じてしまうのかを言語化する作業です。

「え、めんどくさい……」と感じるかもしれません。 が、原因の特定をないがしろにすると、続く仕事は見つかりづらいんですよね。

ミチサガシ

紙に箇条書きでOKです。ストレスに感じたこと、嫌なことを羅列してみてください!

僕も仕事探しのときに、仕事の嫌なことを徹底的に洗い出しました。ゆっくりでいいので試してみてくださいね。

人と関わらない仕事をみつけよう

HSPさんは、人間関係にとてもストレスを感じやすいです。ひとの些細な言動や態度にものすごく敏感なんですよね。

ミチサガシ

僕も例外ではなく、仕事の内容より、人間関係に疲れていました。

どちらかといえば、一人でできる仕事や、黙々と作業に打ち込める仕事が向いている印象です。

僕は「在宅ワーク」の道を選びました。

とはいえ「適性」は人それぞれ。会社員として働いたほうが向いている方もいるはずです。

なので、あなたがどちらの働き方が向いているのか、どんな仕事に「適性」があるのかを徹底的に考えてみましょう

あなたの向き不向きを見極めよう

本記事の「最重要ポイント」です。

続く仕事を見つけるためには、あなたの「向き不向き」をとことん見極める必用があります。

何が得意で何が苦手なのか

それはあなた自身にしかわかりません。

決して楽ではなく、難しいのですが、ここを曖昧にすると「合わない仕事」を選んでしまうんですよね……。

以前の僕は、得意なこと・苦手なことがわかっていませんでした

自分の適性を曖昧にしてしまい「自分に向かない仕事」を選んで苦しむはめに……。

ミチサガシ

そんなHSPの僕が向いた仕事を見つけたのは「国家資格をもったプロ」に相談したからです!

仕事の悩みやキャリアの悩みって、職場の人や家族に相談しづらいですよね。できたとしても、答えはみんなバラバラ。いつまでも前に進めません。

キャリア相談サービスは、プロによる客観的な視点で「的確な答え」をアドバイスしてもらえます。(初回カウンセリングは無料です!)

キャリア相談でできること
  • あなたの強みがわかる
  • 本当にやりたい仕事が明確になる
  • HSPに合う企業・職種がわかる
  • HSPに合う働き方がわかる
  • 独立・在宅ワークの相談ができる
  • 転職成功や年収アップを目指せる
  • 転職する・現職に残るかの判断ができる
ミチサガシ

僕はキャリア相談がキッカケで「在宅ワーク」を実現しました!

実際に体験した「リアルな感想」を下記にまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. ポジウィルキャリア
    【公式】https://posiwill.jp
    ➜今の仕事がもうイヤだけどなかなか動けない人におすすめ!あなたの「強み」と「向いてる仕事」を明確にできる徹底的なサポート
  2. キャリドラ
    【公式】https://careerdrive.jp
    ➜あなたの市場価値を高め「確実な転職」を目指せる。“稼ぐ”に特化した転職支援が得意!
  3. マジキャリ
    【公式】https://majicari.com
    ➜転職ノウハウに強く、転職を軸にしたキャリア支援が得意。求職者目線で「求職者のキャリア」を第一に考えるサービス

『HSPの仕事のモヤモヤ』を解消できる強力なサポート|初回完全無料

はじめての相談はとてもドキドキでした。

キャリア相談サービスは「徹底的な自己分析」ができ、そのうえで自分に合う選択(転職・独立)を目指せます。

HSPの筆者は、ポジウィルキャリアのやさしく丁寧な対応に安心できました。

すぐに緊張がとけてリラックスモード。

プロの的確なフィードバックは、沈みかけた自己肯定感がどんどん高まる感覚です。相談後は「心に余裕のある働き方」を実現し、はじめて仕事に充実感をもたらしてくれました。

ミチサガシ

「もう少し早く相談していれば、仕事のストレスに振り回されなかったのになぁ…」と考えることも。

「転職が不安」「自己分析がニガテすぎる…」「自己肯定感を上げたい人」にもおすすめです。

キャリア相談サービスを受けた「筆者の体験談」は以下で紹介します。

「あるべき」を壊し、あなたの強み・向いてる仕事が明確になる キャリアのパーソナル・トレーニング。

HSPの人が続いたと感じるお仕事リスト

HSPの人が続いたと感じる意見がある仕事は、次のとおりです。

  • 事務職(データの入力作業、書類作成)
  • 技術職(IT分野、溶接工などの工業分野)
  • クリエイティブ(音楽、美術、カメラ、ハンドメイド)
  • 自然や動物(花屋、農業、トリマー、ペットトレーナー)
  • 在宅ワーク(プログラミング、Webライター、YouTuber、ブロガー)

上記の5つです。なお、リストを見て「曖昧で結局どれがいいの?」っと感じたかもしれません。

ミチサガシ

ここに関しては、明確な仕事を答えることができないんです。

HSPでも続く仕事は人それぞれ違う

「なぜ明確な答えがないの?」と思うかもしれません。

結論からいうと、同じHSPさんでも、人それぞれ「適性」があるからです。繰り返しですが、同じHSPでも、人それぞれ個性や考え方が違います

一人ひとりが「自己分析」を深めつつ、その先に“あなたに合う仕事”が見つかると思います。

仕事を“辞めたあとの未来”を一緒に考えよう

仕事を辞める前に、知っておくとお得な「固定費を下げるための方法」があります。

仕事を辞めると生活費の心配がありますよね。

しかし、国に申請することで得られる「各種減免」や「給付金」があります。

ミチサガシ

それらを受けつつ、心と体をまずは休めましょう。そして、ゆとりがでてきたら、もう一度再出発したらOKです!

仕事を辞めたら「申請することリスト」
  • 国民健康保険に加入する
  • 国民年金に切り替える
  • 雇用保険の手続きをする
  • 健康保険の減免申請をする
  • 年金の免除申請をする
  • 住宅確保給付金を申請する

上記6つを各地域の「区役所」や「ハローワーク」に申請することで、人によっては相当な固定費を下げることができます。

申請方法は各地域でちがう

申請する際は最寄りの「区役所」「ハローワーク」で書類を書くだけです。

ただし、申請方法や準備するものが各地域で微妙にちがうようです。

なので、申請をする前に「電話」か「窓口」で聞いてみると良いですよ。

ネットに情報がありますが、そのとおりに動くと二度手間になる可能性があります。

ミチサガシ

僕は、ネットの情報を頼りすぎて何往復も区役所を行き来しました……。

仕事を休んで「次」に備えよう

出来得る限り固定費を下げ、手続きが完了したらリフレッシュしましょう

せっかくの時間に追われない生活が手に入ったので、時間が許す限りゆっくり休んでください。

ミチサガシ

芯から休むことも人生において重要なポイントです。楽しむ時間を大切にしてくださいね。

HSPさんが「休む」ことの重要性は以下でくわしく紹介しています。

まとめ:HSPで仕事を辞めたい3つの原因と対処法とは【辞めた未来も紹介】

「仕事を辞めたい」と思う気持ちは決して悪いことではありません。

仕事を辞めたい原因

最重要なのは、あなたの「人生」です。

仕事を辞めたいときの3つの対処法は下記のとおりです。

仕事を辞めたいときの対処法

ミチサガシ

仕事とうまく付き合いつつ、あなたの人生を縦横無尽に楽しんでいきましょう!

  1. ポジウィルキャリア
    【公式】https://posiwill.jp
    ➜今の仕事がもうイヤだけどなかなか動けない人におすすめ!あなたの「強み」と「向いてる仕事」を明確にできる徹底的なサポート
  2. キャリドラ
    【公式】https://careerdrive.jp
    ➜あなたの市場価値を高め「確実な転職」を目指せる。“稼ぐ”に特化した転職支援が得意!
  3. マジキャリ
    【公式】https://majicari.com
    ➜転職ノウハウに強く、転職を軸にしたキャリア支援が得意。求職者目線で「求職者のキャリア」を第一に考えるサービス

『HSPの仕事のモヤモヤ』を解消できる強力なサポート|初回完全無料

⇧ 目次へ戻る

HSP 仕事 辞めたい アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の著者

ミチサガシのアバター ミチサガシ キャリアブロガー

HSP気質の在宅ワーカー|会社員としての働き方が合わず、暗黒の10年間を過ごす➜ストレスが高じて“不安神経症”に➜キャリア相談サービスを5社以上受講し、働き方を見直すキッカケに|年収アップ・ワークスタイルを改善した経験から、仕事の悩みやキャリア迷子を解消するための発信をしています。

コメント

コメントする

目次