HSPで仕事を覚えられない5つの理由【あわてないを合言葉にしよう】

HSPと仕事

hsp job not remember

仕事が覚えられないHSPの人「HSPだからか仕事を覚えられない。。真剣に覚えようとしているのに頭に入ってこない。なぜだろう?果たして仕事を覚えられるようになるのだろうか。。」

こんなお悩みを解決できる記事を書きました。

本記事の内容

この記事を書いてる僕は内向型HSPです。仕事を覚えられずに苦しんだ過去があります。

仕事が覚えられないという悩みは、かなり根深いです。なぜなら、表面的な解決だけをしても意味がないからです。まずは仕事が覚えられないという理由から向き合う必要があります。

3分くらいで読めますので、しばしお付き合いくださいm(_ _)m

HSPで仕事を覚えられない5つの理由【あわてないを合言葉にしよう】

HSPで仕事を覚えられない5つの理由
HSPの方で仕事が覚えられない理由は以下のとおりです。

  • 理由①:緊張が強い
  • 理由②:慌てている
  • 理由③:仕事内容が合っていない
  • 理由④:ストレスが溜まっている
  • 理由⑤:萎縮している

以上の5つです。

大前提としてですが、上記以外にも「教える側」の問題があります。上司や先輩の方から「あいつは物覚えが悪い」と言われた経験はありませんか?ぶっちゃけ、その方の教え方が分かりづらかったりします。

明らかに何を言っているのか分からなければ、気に病む必要はありません。意味のわからない説明をされて理解できるのは、その道の熟練者くらいです。

威圧オーラが強めの体育会系や職人の現場で多い印象です。

前提を踏まえつつ、仕事を覚えられない5つの理由を見ていきましょう。

理由①:緊張が強い

僕の実体験からも「緊張が強い」と仕事を覚えるのが難くなります。

なぜなら、緊張することで思考が散漫になってしまうからです。仕事を覚えようと必死になっても、緊張があると頭に入ってきません。

過去の僕がそうでした。つねに緊張していたので、仕事の説明を受けても「内容が理解できない」といった状況です。

仕事の覚えが良くないと感じている方は、緊張していないか振り返ってみましょう。

理由②:慌てている

真面目に誠実に仕事をしようと思うほど、とっさに指示されたり、急ぎの仕事があると「慌ててしまう」方もいるのではないでしょうか?

正直、慌ててしまうと仕事の覚えが悪くなります。

なぜなら、「理由①:緊張が強い」と同様に言われたことが頭に入りません。

僕もめちゃくちゃ慌てるタイプなので、気持ちは良く分かります。慌てているときほど、指示されたことを理解できませんでした。

慌てると二次災害がある

慌てると仕事が覚えられないだけではなく、ミスも多くなります。

求められている仕事に「集中」ができていないためです。

慌てる→仕事の内容を理解できない→仕事が覚えられない→ミスをする→仕事の評価が下る→負のスパイラル

上記のような二次災害を生みます。HSPは仕事ができない【そんなことないよ。働く環境を見直そう】で詳しく書きましたので、「仕事ができない」とお悩みの方は是非ご覧ください。

あわてないを合言葉にしよう

仕事の覚えがよくない。そんな認識があると、「早く仕事を覚えたい、置いていかれたくない」と焦りの心がでてきますよね。

しかし、あせれば焦るほど状況は悪くなります。なので、「あわてない」を合言葉にしましょう。

焦りで心がソワソワしてきたら、「あわてない」を自分にゆっくり言い聞かせると少し落ち着きますよ。

是非、試してみてくださいね。

理由③:仕事内容が合っていない

仕事が覚えられない原因の1つに「仕事の内容が合っていない」可能性があります。

仕事の内容はとても大切な要素。自身の気質に合っていなければ、仕事を覚えるという工程が「苦痛」になります。

仕事の「環境」も重要

HSPの方にとって、「仕事の内容」と「仕事の環境」はセットで重要となります。

五感や周りの空気に敏感なHSPの方は「環境」に左右されます。仕事を覚える上でも、「職場の環境」は大切です。

詳しくはHSPで仕事が続かない3つの理由【乗りこえ方も解説】を是非ご覧ください。

理由④:ストレスが溜まっている

ストレスが溜まりすぎると、思考がマヒしてきます。

具体的なストレスの影響は以下のとおり。

  • 1日中、頭がボーっとする
  • 集中力がすぐ途切れる
  • 仕事のやる気がでない

上記の3つのような不調が続きます。

「精神的な疲れ」と「肉体的な疲れ」はつながっていますので、不調が続くと集中ができません。結果、「仕事の覚え」も悪くなります。

寝不足に注意

ストレスが溜まると眠りが浅くなります。

眠りが浅くなれば仕事のみならず、すべてのパフォーマンスが低下しかねません。

僕も睡眠は大切にしており、睡眠不足になると使い物にならないくらい仕事の動きが悪くなります。

シャワーだけではなく、入浴をしてリラックスをする。心が喜ぶことを意識的に取り入れつつ、睡眠に気をつけてみましょう。

理由⑤:萎縮している

職場に苦手な人がいる。もしくは、威圧感の強い人がいませんか?

HSPの方は萎縮しやすいため、どうしても怒られたくない気持ちや、顔色を窺ってしまう傾向があります。

萎縮をすると、苦手な人に思考が引きづられるため、仕事を覚えるスピードも落ちていきます。

仕事なので難しい場面もありますが、できるだけ萎縮してしまう人からは距離を取りましょう。距離を取りつつ、一緒にいて心が許せる人と仕事をしてみる。

お互いに連携も取れるので、仕事の理解度がかなり変わってきますよ。

仕事を覚えられるようになる3つのコツをご紹介

仕事を覚えられるようになる3つのコツをご紹介
仕事を覚えられるようになるコツは以下のとおりです。

  • その①:焦らない
  • その②:集中力を保つ
  • その③:仕事に見切りをつける

1つずつ、深堀りしていきましょう。

その①:焦らない

繰り返しになりますが、とにかく慌てない、焦らないことが、仕事を覚える上で不可欠です。

とはいえ、「わかっているけど、どうしても慌てたりテンパってしまう!」そんな声が聞こえてきそうです。

僕もテンパるタイプなのでよくわかります。

テンパってしまう気質を克服するには時間がかかる

テンパってしまう状態は、インスタントにすぐ改善ができません。

なぜなら、「慌てる」や「HSP」という気質は生まれながらの個性です。一足飛びに個性を変えるのは難しく、長い時間をかけて改善する必要がある思います。

時間をかけつつ仕事になれていく中で、緊張感も緩和されていきます。

慣れてくれば、自然と仕事の覚えもよくなってきますよ。

その②:集中力を保つ

仕事を覚える上で、「集中力」は欠かせません。集中ができていなければ、断片的にしか理解ができませんし、覚えること自体が困難です。

学校の勉強も同じではないですかね。集中してこそ、理解がより深まって本質が見えてくる。仕事も同じだと思います。

なお、集中力アップの対策は以下のとおりです。

  • 糖質をとりすぎない
  • 食べすぎない
  • こまめな休憩
  • 朝食を食べる
  • 睡眠を大切にする

上記の5つが集中力アップに効果的です。

僕も日頃の生活で実践している内容で、かなり効果を体感しています。

その③:仕事に見切りをつける

努力をした上でどうしても仕事が覚えられないのであれば、今の仕事はあなたの性質に合っていない可能性があります。

なぜなら、あなたの気質に合っているのであれば、自然と仕事は身についていくからです。

水脈のない場所で穴掘りをしても水は出ません。とはいえ、必ずあなたに合う仕事はあります。

自己分析と挑戦の数が必要

自分に合った仕事を見つけるのは大変です。

自分に合う仕事を見つけるためには自己分析は必須。自己分析をしつつ、臆せずに挑戦してみましょう。

HSPと相性の良い仕事の見つけかた【挑戦を恐れると失敗します】にて詳しく書きました。ぶっちゃけ、実際に挑戦してみないことには「仕事のあう合わない」はわかりません。

失敗したとしても、貴重な経験値としてあなたに残ります。

「仕事を覚えられない」はストレスになる

僕の経験上からも声を大にしたいですが、「仕事を覚えられない」はかなりストレスになります。

仕事をおぼえられないことで、仕事ができないと思われてしまいますし、仕事の評価も下がってしまいます。

とくに繊細なHSPの方は、仕事を覚えられない自分を追い詰めてしまいがち。

繰りかえしですが、合わないと感じているなら、次の仕事を視野にいれる選択肢もありです。転職エージェントに相談することで自分にあった仕事を見つけるスピードも早くなります。第二新卒エージェントneoのサービス利用はすべて無料。幅広い求人を紹介してもらえます。

下手にハローワークや求人サイトを利用するより、ホワイト企業に当たる確率も高いです。自分にあった仕事をはやく見つけたい方はまず無料相談してみると良いですよ。
内定が出た後も辞退することが可能です。ここまで読んで、「仕事を変えてみたいな」って少しでも思ったら、まずは気軽に無料登録してみましょう。
» 第二新卒エージェントneo|転職満足度3年連続No.1で無料相談してみる