仕事ができない人へのパワハラをする人の特徴は?【実体験から対処法を紹介】

仕事ができない人へのパワハラ
  • 仕事ができなくてパワハラを受ける…
  • パワハラをするのはなぜ?
  • パワハラを受けたくない!

まじめに仕事をしているけど、思うように仕事が身に付かないときがあります。

短気で器の小さい人たちは、そんなあなたに「罵声」を浴びせ、ときに暴力を振るうことも。

ミチサガシ

人それぞれ仕事を覚えるスピードは違うのに……。

以前の筆者もパワハラを受けた経験があり、暴力を伴うパワハラを受けてきました。

この記事の結論

「仕事ができなくてパワハラを受けた時の対処法」は以下のとおりです。

仕事ができない人へのパワハラ 対処法

*当サイトでは、WEBクラウドサービスでアンケートを男女100名(パワハラを実際に受けて乗り越え方)に実施しました。

パワハラをする人・上司の特徴は〇〇!に関するアンケート調査結果」にまとめた体験談を反映しています。

気になるタグを押そう

この記事でわかることをまとめました。タグを押すとそこまで飛べます!

戻ってきたい時は本文の途中にある「目次へ戻る」を押してください。

目次

ミチサガシ
キャリアブロガー
HSP気質の在宅ワーカー。キャリア相談サービスを5社以上受講し、働き方を見直すキッカケに。ワークスタイルを改善した経験から、仕事の悩み・キャリア迷子を解消するための発信をしています。

仕事ができない人へのパワハラをする人の特徴

パワハラをする人の特徴
PRTAIMES:パワハラをする人・上司の特徴は〇〇!に関するアンケート調査結果

仕事できない人に、パワハラをする人の「特徴」は以下のとおりです。

なお、厚生労働省による職場のパワーハラスメントの概念は以下のように記載されています。

厚生労働省 パワハラの定義

参考:厚生労働省「パワーハラスメントの定義」

上記を踏まえ、具体例な特徴を一つずつ見ていきましょう。

短気な性格

自己主張が強く、部下が指示通りの行動をしないとすぐにキレるのが特徴です。

少しでも指示からズレた行動を取るだけで「暴言や執拗なパワハラ」を繰り返します。

ミチサガシ

「自分が正しい」と思っているので、説明しても聞く耳を持ちません。

口より先に手を出すようなタイプなので、逆鱗に触れるとパワハラがエスカレートします。

完璧主義者

すべてにおいて完璧主義タイプの上司は、ネチネチと嫌味を言い続けます。

神経質なので、部下の不手際を一つひとつ責め立てるのが特徴です。

ミチサガシ

自分の思う通りにならないとキレるのでやっかいです…!

一緒に仕事をするだけで気が滅入り、仕事がジワジワしんどくなるので注意しましょう。

体育会系

パワハラをする上司は、総じて体育会系の雰囲気が強く、威圧感を放っています。

声が大きく「ところ構わず怒鳴り散らす」のが特徴です。

「体育会系の上司」具体例
  • ハキハキ喋ることを強要される
  • 豪快で喧嘩っ早い人が多い
  • 上下関係が異常に厳しい

とくに内向的なひとほど相性が悪い職場と言えます。

ミチサガシ

筆者は典型的な内向型。体育会系のノリに合わせられず、すぐに嫌われました…。

もちろん、すべての体育会系の上司が悪いわけではありません。

中にはとても温厚で、面倒見の良いやさしい上司もいたからです。

嫉妬心が強い

妬み嫉みが強い上司は、いつも不平不満でいっぱいです。

イライラしやすく、仕事ができないあなたを執拗に罵ります

ミチサガシ

とくに女性率が高い職場に多いかもしれません。

また、あなたが上司より優遇されたり、成果を出したときもパワハラの対象となりやすいです。

気が弱い

普段は温厚な上司ですが、仕事で余裕をなくすと豹変することがあります。

あるいは、極端に怒鳴り散らす上司も「気が弱い人」です。

怒鳴るのは「なめられたくない」という弱さがあり“弱い犬ほどよく吠える”を体現していると言えるでしょう。

仕事でパワハラを受けないための対処法

仕事ができない人へのパワハラ 対処法

パワハラを受けないための対処法は次のとおりです。

不動心をもとう

不動心をもちましょう。

いつもビクビクしていると、パワハラがエスカレートしやすいです。

あなたに非がなく、一方的なパワハラ・いじめなら無視しましょう。無反応を貫くと、相手はつまらなくなります。

とはいえ、暴力が伴う場合や精神的に限界であれば、今すぐ現職から逃げましょう

ミチサガシ

ムリに続けてもメンタルを壊すからです。

メンタルを壊すとなかなかもとの生活に戻れません。

最重要はあなたの人生なのでムリだけはしないでください。

仕事を覚えよう

カッとなりやすい「短気な人」は、口より先に手を出します。

パワハラを受けて萎縮すると難しいですが「仕事を覚えること」で、相手を刺激せずにパワハラを回避できます。

ミチサガシ

以前の筆者は仕事が覚えられず、 それに伴ってパワハラがエスカレートしました。

ある程度の勤続年数があり、それでも仕事ができない場合、あなたに向いていない仕事かもしれません。実体験から強く感じますが、自分の強み・向いてる仕事の特徴は以下のとおりです。

  • 自分から進んで仕事をする
  • 自然と集中できる
  • 時間の流れが早く感じる
  • 仕事が身に付きやすい

あなたの「強み・得意なこと」を見つめ直してみてください。

あなたに向いた仕事をしよう

どんなに努力してもパワハラが改善せず、現状が変わらないときがあります。

そんな時は、働く環境や働き方を見直してみましょう。

パワハラから離れるための「手段」ですし、向かない仕事を損切りできます。また、あなたが仕事を覚えられないのは、あなたに向かない仕事・働き方の可能性が高いです。

ミチサガシ

筆者の場合、働き方が向いてなかったので仕事ができませんでした。

生活があるので無責任には言えません。

ですが、今となっては働き方を徹底的に見直し、心地良く働ける仕事を見つけました。

筆者が利用したキャリア相談サービスは「転職を前提にしていない」ため、転職エージェントのように求人をゴリ押しされることもありません。

キャリア相談でできること
  • あなたの強みがわかる
  • 本当にやりたい仕事が明確になる
  • あなたに合う企業・職種がわかる
  • あなたに合う働き方がわかる
  • 独立・在宅ワークの相談ができる
  • 転職成功や年収アップを目指せる
  • 転職する・現職に残るかの判断ができる
ミチサガシ

筆者はキャリア相談がキッカケで、パワハラとは縁遠い「在宅ワーク」を実現しました!

  1. ポジウィルキャリア
    【公式】https://posiwill.jp
    ➜今の仕事がもうイヤだけどなかなか動けない人におすすめ!あなたの「強み」と「向いてる仕事」を明確にできる徹底的なサポート
  2. キャリドラ
    【公式】https://careerdrive.jp
    ➜あなたの市場価値を高め「確実な転職」を目指せる。“稼ぐ”に特化した転職支援が得意!
  3. マジキャリ
    【公式】https://majicari.com
    ➜転職ノウハウに強く、転職を軸にしたキャリア支援が得意。求職者目線で「求職者のキャリア」を第一に考えるサービス

あなたの『仕事のモヤモヤ』を解消できる強力なサポート|初回完全無料

はじめての相談はとてもドキドキでした。

キャリア相談サービスは「徹底的な自己分析」ができ、そのうえで自分に合う選択(転職・独立)を目指せます。

緊張しやすい筆者は、ポジウィルキャリアのやさしく丁寧な対応に安心できました。

すぐに緊張がとけてリラックスモード。

プロの的確なフィードバックは、沈みかけた自己肯定感がどんどん高まる感覚です。相談後は「心に余裕のある働き方」を実現し、はじめて仕事に充実感をもたらしてくれました。

ミチサガシ

「もう少し早く相談していれば、仕事のストレスに振り回されなかったのになぁ…」と考えることも。

「転職が不安」「自己分析がニガテすぎる…」「自己肯定感を上げたい人」にもおすすめです。

キャリア相談サービスを受けた「筆者の体験談」は以下で紹介します。

「あるべき」を壊し、あなたの強み・向いてる仕事が明確になる キャリアのパーソナル・トレーニング。

パワハラがひどくて辞めさせてもらえない

パワハラがひどく、辞めさせてくれない会社もあります。なかには脅されている人もいるかもしれません。

結論は、今日から会社に行かなくてOKです。

今日からあなたは自由です。

ミチサガシ

脅しに屈する必用も、縛られる義務もないですよ!

退職代行サービスは、あなたのようにパワハラを受け、辞められないときに活用するサービスです。

たとえば…

  • サービス残業代・退職金・ボーナスなどの請求をしたい
  • 退職を申し出たが、辞めさせてくれない・脅されている
  • 精神的にボロボロ、自分で退職を言い出せない

上記の人は「退職代行ガーディアン」を使ってみるといいでしょう。

パワハラへの対処法|アンケートによる体験談

仕事ができない人へのパワハラ 対処法 アンケートによる体験談

職場でパワハラを受け、乗り越えた方の意見・体験談をWEBサービス男女100名にアンケートを実施しました。

調査対象パワハラを実際に受けて乗り越えた男女(男性49人/女性51人)
対象人数100名(20代・6人、30代・43人、40代・31人、50代以降・10人)
調査方法インターネットアンケート調査
調査主体ミチサガシ
調査期間2023年1月2日〜1月3日
スクロールできます
パワハラを受けた年代
パワハラ 暴力
パワハラ 相談

アンケート結果によるパワハラへの対処法は以下のとおりです。

証拠を集めて職場に相談する

もっとも多かった回答は「証拠を集め職場に相談する」でした。

アンケートでいただいた回答

スクロールできます

女性20代 小売業

パワハラしてきた本人が直属の上司だったので、異動前に親しくしていた上司に相談した。退勤後の執拗な連絡や休日出勤、ぶっ殺すぞといった暴言などが主な内容だったので、勤務外の連絡についてはスクショで画面を残したり、ひどい暴言があった場合は、バックヤードに備えつけてる防犯カメラの映像を録画したりした。その証拠をもとに匿名で報告した結果、3ヶ月後にパワハラ上司は異動で飛ばされた。

40代男性 技術職

何度もパワハラがあったので、労働組合に相談したところ、録音して証拠を出してほしい。と言われたので録音して提出したらパワハラした人は退職しました。しかし自分は僻地に転勤となりました。

30代男性 製造業

過去にも何度か内部告発があり、人事から聴取されているような人物でした。 とても一人では受けきれなかったので、直属の上司や同僚数名に相談しました。 根本的に解決することはできませんでいたが、周りの協力のもとうまくやり過ごすという形で対処しました。

30代男性 航空エンジニア

私が直接的な原因ではない業務の遅れに対して「期日を守れなければ私は義務教育を受け直します」と書いて課長に提出しろと言われました。ただ証拠がなかったので次の日にスマホの録音機能を使って「○○君は義務教育を受け直せるの楽しみだねぇ」という言質を得て、職場のカウンセラーに相談しました。それが元でパワハラをしていた人は別の部署へ配属されてパワハラは解消されました。

20代女性 販売

証拠となるものを準備し、会社内で用意されていた業務上の悩み相談所にそれと一緒に相談し、会社を訴える旨を伝えたら早急に取り締まってくれました。

ミチサガシ

パワハラを受けた時点で「証拠」を確実に取り、報告しましょう!

無視・無関心になる

パワハラを受けても動じず「無視・無関心になる」という回答も多い結果でした。

アンケートでいただいた回答

スクロールできます

20代女性 出版業

パワハラを受けて明らかに動揺を見せてしまったら思うつぼなので、何をされても無表情無関心を装い続けました。

40代女性 パチンコ店

職場の人に相談しましたが解決しなかった為、自分で対処しました。仕事に必要な印鑑などの物を隠されるので、職場に物を置かない、罵詈雑言や嫌がらせを受けるので、休憩時間は部屋に戻らず、食事は何を言われても外でとる等、徹底してやり過ごしました。ちなみに結婚を機に辞表をたたきつけてその職場をやめています。

30代男性 製造業

過去にも何度か内部告発があり、人事から聴取されているような人物でした。 とても一人では受けきれなかったので、直属の上司や同僚数名に相談しました。 根本的に解決することはできませんでいたが、周りの協力のもとうまくやり過ごすという形で対処しました。

40代女性 一般事務

パワハラを乗り切った方法はなくて、もうすぐに辞めました。お金のためとはいえ、犠牲になるものが大きすぎたから。対処法は相手にしない。聞こえていないフリをするしかないのかなと思いました。

パワハラをする人は総じて「弱い人間」です。

綺麗事のようですが、あなたが自ら手を下す必要はありません。「因果応報」のとおり、パワハラをした人は信頼を失い、孤独に陥るもの。

あるいは、あなたと同じようにパワハラを受け「痛みを知るとき」がくるかもしれません。

ミチサガシ

あなたが限界を迎えない程度に「相手にしないこと」を意識してみましょう!

公的機関に相談する

相談先がわからなかったり、違法性が強いパワハラは「公的機関に相談する」という回答もありました。

アンケートでいただいた回答

スクロールできます

40代男性 機械メンテナンス

暴力を振るわれた経験が無かったため、パワハラで暴力や暴言、嫌がらせを受けた時は思考がフリーズした。 パワハラを相談した会社の人に言われたのは、「あの人達、パワハラだと思ってないよ」、その人には、体中に暴力で振るわれたアザが無数にありました。 仕事を辞めることがパワハラをする人の耳に入ると、色んな人から嫌がらせを受けたため、第三者(代理人)に入ってもらい、私の代わりに辞職の手続きをしてもらいました。

50代女性 小売業

辞めると言ったあと、給料を減額させられたので、労働基準局に問い合わせして、減額は違法だとわかり、その旨伝えまたら金額を戻しました。 辞める時も誓約書にサインしろと目の前に弁護士を座らせられました。考えますと言い、サインはしませんでした。 さらに転職したあとも、その会社に訴状のようなものを送ってきたりしました。転職先の弁護士に処理してもらいました。

20代男性 医療

精神科に相談しました。精神科に相談して、どのような対処をすれば良いのかどうか仰ぎました。また、公的相談所も使いました。

40代女性 携帯電話販売

産業医に相談して一ヶ月の休職を取りました。もちろんこのことは理由も上司に伝わります。 これで復職後に上司の対応が変われば続けるつもりでしたが、全然効果はなく。 一対一で伝えたいことを伝えた後、退職しました。

暴力や違法性の高いパワハラは、迷わず公的機関に相談しましょう。

パワハラを受けた時点で相当な苦痛を伴います。

ミチサガシ

暴力や違法性の高いパワハラは「今すぐ逃げるべき」です!

公的機関に相談し、委ねましょう。

仕事を辞める

パワハラを機に「仕事を辞める」という回答も見受けられました。

アンケートでいただいた回答

スクロールできます

40代男性 経理事務

対処する以前に我慢できず、その日のうちに「辞めます」と言って逃げるようにして辞めました。ある意味乗り切れました。

30代男性 製造業

パワハラが原因で休職までしたにも拘わらず、休職明けも変わらずパワハラしてきた相手の肩を持つ言動を繰り返してきたため、転職しました。転職先では全くこういう事象がないため、今思えば不思議でなりません。

40代女性 情報通信業

私の場合、60人以上いるフロアで公開叱責を受けました。 その人は次々とターゲットを変えて、そのターゲットが辞めるまでパワハラを続けるので、ターゲットになると終わりなんです。 私の先輩や同期もみんな辞めていきました。 でも、そんな人が上司ですし、契約社員だったため、パワハラに立ち向かう人はほとんどおらず、みんな退職していきました。私もその一人です。 乗り切るというか、逃げた感じです。でも逃げて正解でした。

30代女性 アパレル販売

女性99%の職場で、先輩社員からの嫉妬や嫌がらせが酷い職場でした。シフトを聞き入れてもらえない、顧客の取り合い、言葉の暴力などやりたい放題でした!上司も女性のためパワハラを訴えても流されてしまい、仕方なく転職することにしました。手っ取り早い対処法は、職場を去ることです!

相談しても改善しない職場、あまりに劣悪な職場環境からは逃げましょう。

まさに「逃げるが勝ち」です。我慢をしたところで良いことは一つもありません。

ミチサガシ

退職をして次の環境を目指すほうが得策です!

休職する

若干数ですが、パワハラを機に「休職する」という意見もありました。

アンケートでいただいた回答

スクロールできます

30代女性 専門誌記者

パワハラで転職した友人の勧めで診療内科に通って「休職の必要がある」旨の診断書を書いてもらい、傷病手当をもらって1年ほど休職しました。

20代女性 保育士

最初の対処法としては園長やその上司にパワハラの内容(言われたことや具体的な態度について)を相談しました。また、心療内科にも行って精神安定剤を処方してもらいました。それでもパワハラが続き限界を迎えたとき、もう職場に行けないと感じたので1か月休職しました。自分を守るためにはそうするのが1番だと思ったので休んだところ、精神状態も身体的にも回復することができました。

パワハラの状況によっては、休職するのも一つの手段です。

休職が受理されることで、パワハラが公になる可能性が高いです。

ミチサガシ

パワハラが公になり、上司に「相応の罰」が下されるかもしれません!

一旦距離を置き、心身ともに休みましょう。

仕事ができない人へのパワハラをする心理は?

「パワハラをする上司の心理・動機」は以下のとおりです。

ストレス発散をしている

パワハラをする人の心理として、ストレスのはけ口にされているかもしれません。

上司自身がストレスを抱え、むしゃくしゃしている可能性が高いです。

自分より立場の弱いあなたにパワハラすることで「ストレス発散」をしているのです。

ミチサガシ

はけ口にされている身としては、たまったものではありません!

「感情」で当たり散らしているので、暴言・罵声は当たり前。ストレスが溜まる度に攻撃してくるのが特徴です。

見ていてイライラする

あいつを見てるとなんかイライラする」という理由でパワハラをする上司がいます。

たとえば「スピードを求める上司」と「不器用な部下」が組んで仕事をするケースです。

短気な上司ほど、不器用で仕事がトロい部下に当たり散らしてくるので、パワハラに発展しやすいです。

仕事を覚えない

仕事の覚えが悪く、なんども同じミスをしていませんか?

しびれを切らした上司がブチ切れるとパワハラに発展します。

パワハラを行う上司は論外ですが、仕事を覚えられない原因も見直してみましょう。

ミチサガシ

過去の僕は、自分に合わない仕事をしていました。

仕事を覚えられないのは、あなたに向いてない仕事の可能性が高いです。

真面目でおとなしい

真面目でおとなしい、内向的な人はパワハラを受けやすいかもしれません。

とくに体育会系の職場は、内向的な人を毛嫌いする人が多いのが特徴です。

  • 何を考えているかわからない
  • ハキハキしゃべらない
  • ノリが悪い

中には、真面目で従順なあなたを利用し、パワハラをエスカレートさせる人も。もちろん、すべての体育会系の職場に当てはまるわけではありません

が、筆者自信は体育会系の職場でパワハラを受けました。

仕事できない人に優しくできない

「仕事ができない人に優しくできない」という理由でパワハラをする上司がいます。

仕事ができない人に過剰なくらい攻撃的な上司っていますよね。

むしろ、仕事ができない上司だからこそ過剰に反応します。本当に仕事ができる人は、論理的なアドバイスができます。

コンプレックスの強い人ほど、仕事ができない人を嫌うので見極めましょう。

「仕事ができない人へのパワハラ」に関するよくあるお悩み

「仕事ができない人へのパワハラ」に関するよくあるお悩みをまとめました。

パワハラをする人の末路は?

パワハラをする人は「人の痛みがわからない無知な人」です。

「本当に強い人」は意地悪をしません。弱くてコンプレックスを抱えているからパワハラをします。

いずれ痛みを知る時がきますし、孤立します。

くわしくは「パワハラ上司 末路」で紹介します。

パワハラをする人の家庭はどう?

パワハラをする人は、家庭でも同じように「威圧的な態度」をとる人がいます。

筆者の前職でパワハラをしていた人は、堂々と「嫁を叩いた」と公言していました。

気に入らないことがあると、すぐに攻撃的な態度をとる傾向があるといえます。

仕事ができない人の顔つきは?

仕事ができなかった過去の筆者は、いつも自信がなさそうに顔が引きつり、苦笑いをしていました。

目がうつろになり、どんよりと暗かったです。

仕事ができない人の口癖は?

仕事ができない人の口癖は以下のとおりです。

  • でも・だって
  • 後でやる
  • きつい
  • 帰りたい
  • ムリ

「甘え」や「依存心が強い言葉」が多い印象です。

パワハラをする人は精神病?

パワハラをする人は「自分の弱さと向き合えない病」です。

パワハラをすることで「自分のコンプレックス」を晒し、弱い人間と公言している行為です。

自分の中の「弱さ」を他人に見たときに嫌悪します。

パワハラをする人は、心が貧しく哀れな人です。

仕事ができない人の特徴は?

仕事ができない人特徴は以下のとおりです。

  1. 仕事の覚えが悪い
  2. 同じミスを繰り返す
  3. 報連相ができない

上記の特徴が強いと「仕事ができない人」とみなされがちです。

仕事ができない人へのパワハラをする人の特徴は?|まとめ

この記事の内容をまとめます。

仕事できない人へのパワハラをする上司の「特徴」は以下のとおりです。

アンケートの結果を踏まえ、パワハラを受けないための対処法は次のとおりです。

パワハラを受ける職場環境は、あなたの人生を蝕みます。一刻も早く、状況を好転させましょう。

パワハラをする人はとても弱い人です。

劣等感の強い哀れな人です。

パワハラを受けたあなたは、人の痛みがわかる優しさと強さを身につけることができます。

ここまで読み進め、少しでも「行動したい」と感じたら、いま行動してみてください。

ミチサガシ

諦めず、一歩ずつ、再出発をしましょう!遅すぎることはありませんよ。

  1. ポジウィルキャリア
    【公式】https://posiwill.jp
    ➜今の仕事がもうイヤだけどなかなか動けない人におすすめ!あなたの「強み」と「向いてる仕事」を明確にできる徹底的なサポート
  2. キャリドラ
    【公式】https://careerdrive.jp
    ➜あなたの市場価値を高め「確実な転職」を目指せる。“稼ぐ”に特化した転職支援が得意!
  3. マジキャリ
    【公式】https://majicari.com
    ➜転職ノウハウに強く、転職を軸にしたキャリア支援が得意。求職者目線で「求職者のキャリア」を第一に考えるサービス

あなたに合う「働き方」や「仕事」を見つける強力なサポート|初回完全無料

気になるタグを押そう

この記事でわかることをまとめました。タグを押すとそこまで飛べます!

戻ってきたい時は本文の途中にある「目次へ戻る」を押してください。

⇧ 目次へ戻る

仕事ができない人へのパワハラ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の著者

ミチサガシのアバター ミチサガシ キャリアブロガー

HSP気質の在宅ワーカー|会社員としての働き方が合わず、暗黒の10年間を過ごす➜ストレスが高じて“不安神経症”に➜キャリア相談サービスを5社以上受講し、働き方を見直すキッカケに|年収アップ・ワークスタイルを改善した経験から、仕事の悩みやキャリア迷子を解消するための発信をしています。

コメント

コメントする

目次