【HSP】「仕事がつらい」と感じる3つの原因【処方箋】

HSPと仕事

 hsp 仕事 つらい

仕事がつらいHSPの人「仕事がつらいな…。仕事のことを考えただけで憂鬱になる…。どうにかしたいけど、なにか対象法はあるかな…?」

このようなお悩みに答えていきます。

この記事を書いている僕は、内向型HSPです。
以前は仕事がつらすぎて、毎日がとても憂鬱でした。

仕事に楽な仕事はなく「給料は我慢料」なんて言われますよね。

しかし、HSPの人は我慢しすぎるとメンタルが壊れることがあります。

仕事がつらいと感じるあなたの気持ちは間違っていません。

「仕事がつらい」と感じる原因と、その対処法を一緒に考えていきましょう。

この記事の目次

【HSP】「仕事がつらい」と感じる3つの原因

【HSP】「仕事がつらい」と感じる3つの原因
仕事がつらいと感じるのは、人より繊細すぎるからです。なので、あなたが甘えているわけでも、仕事ができないわけでもないです。自分を責めたりしないでくださいね。

仕事がつらい原因

まずは、下記をご覧ください。

上記のとおり。ぶっちゃけ、HSPの人にとって会社員の生活はシンドイですよね…。仕事そのものに疲れるというより、気疲れしたり、人間関係に消耗しがちです。

僕は、、がっつり疲れ果てていました。仕事がつらい原因を、1つずつ見ていきましょう。

原因①:職場の環境が合わない

HSPの人は、五感のアンテナがとても敏感です。音や光、匂いなど人によって気になるポイントは違いますが、仕事の集中力を下げてしまう原因です。

職場の環境が合わないと、ただつらいだけなので対処していきましょう。詳しくは、下記で解説しています。

原因②:物事を深く考えてしまう

行動を起こす前にあれこれ考えてしまい、つい先のことまで想像していまいますよね。

物事を深く考えるのは、HSPさんの長所です。が、考えすぎて不安になり行動できない...。

となっていませんか?これって、仕事では逆効果になり「仕事が遅い」「仕事ができない」と評価されかねません。

仕事のミスを引きずってしまう

仕事のミスをしたときに長時間引きずってしませんか?
プライベートの時間に、仕事の失敗がフラッシュバックするとつらいですよね。

これでは、精神的に休まらないです。「仕事がつらい」と感じるのは、ある意味正しい心の反応だと思います。

原因③:共感力がありすぎて疲れる

無意識のうちに、人の表情や、声から気持ちを察してしまうのがHSPさんの特徴だと思います。

人の顔色を気にしすぎると、仕事がつらくなります。

自分の意見が言えないストレス

仕事をスムーズに進めるためには、HSPさんの共感力は強い武器です。

とはいえ、人の気持ちを考え過ぎて「自分の意見が言えない」、または「八方美人」に振る舞いがちです。

これでは諸刃の剣で、誤解されたり「自分の意見が言えないストレス」につながります。

自分が怒られているように感じる

誰かが怒っていると自分が怒られているように感じたり、人がイラついていると気を使ってしまいすよね。

あなたのライフゲージは確実に減り続けるため、人の感情に振り回されてしまいます。

【処方箋】HSPをいかして「仕事のつらさ」を乗り越えよう

【処方箋】HSPをいかして「仕事のつらさ」を乗り越えよう
仕事のつらさを乗り越える方法は、下記です。

上記の3つです。すぐに実践は難しいと思います。しかし、少しずつ意識してみるだけで心が軽くなってきますよ。

それでは、深堀りしていきます。

方法①:人に話してみよう

あなたが信頼できそうな人に、まずは話してみましょう。話すことで、気持ちが楽になるはずです。相談することをためらうかもしれません。

そんなときは、上司や先輩に相談すると良いです。頼られて嫌な気持ちになる人はそう多くありません。

心のもやもやを相談してみましょう。

1人で悩まない

僕も含めてですが、HSPさんは1人で悩みを抱え込んでしまいがちです。しかし、かえって悪循環にはまりやすいので、家族や友人、同僚や先輩にまずは話しましょう。

方法②:ミスを受け流そう

ミスを気にする気持ちはよく分かります。「気にしない」と思っても気にしてしまいますよね。ミス自体は悪いことではないです。なぜなら、失敗しないと成長がないからです。

なので、失敗はつらいですが「これで成長できる」と考えてみましょう。すると、気持ちが少し前向きになります。
» HSPで失敗が怖い人へ【ミスの連鎖を一緒に終わらせよう】

方法③:苦手な人や環境から、距離を置こう

苦手な人や環境は、なかなか変えることはできません。そんなときは「押してだめなら引いてみろ」の言葉どおり、思い切って距離を置いてみましょう。

どんなに頑張っても難しいときは、改善は難しいからです。そこに気力を削がれるのは、あなたの貴重な時間がもったいないですよ。

HSPに特化した「キャリアのプロ」に相談してみよう

自分に適した仕事を見つける“最短の方法”は「プロの意見を聞く」です。

僕はキャリア相談をキッカケに、HSPにあった「働き方」を見つけることができました。

キャリアコーチング「キャリート」は、HSPの方のキャリア支援実績「年間200名以上」です。

「キャリア支援経験」の豊富なコーチがあなたに寄り添い、仕事の悩み・キャリヤ設計を一緒に考えていくサービスです。(※転職エージェントではありません。

キャリア支援は「転職」だけが前提ではありません。人生設計も含め、HSPにあったキャリアの相談ができます。

  • 自分にあった仕事の探し方を知りたい
  • 長期的な「キャリア設計の仕方」を知りたい
  • 転職するべきか、現職に残るか判断する方法を知りたい
  • 自己分析や転職のノウハウを知りたい
  • メンタルの調子が良くないので「負担のない働き方」がしたい

上記のお悩みがある方に最適なサポートです。仕事のモヤモヤを気軽に相談してみましょう。

キャリート HSP
(画像引用:キャリート公式
サービス名
オススメ度
無料面談
年齢制限
就業経験
キャリート
60分
20~30代

(就業経験が必要)

僕もドキドキしながらキャリア相談をしましたが、否定されることは一切ありません。

60分のカウンセリングがあっという間に終わったんですよね。

むしろ、やさしく穏やかなカウンセリングと、HSPの仕事の悩みに共感したアドバイスでした。

詳しくは「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で深堀りしています。現実的な適職選びは、自己分析からはじまります。気になる人は、ぜひご覧ください。

※注意事項:サポート対象外の方について

キャリートの受講は、下記の方が対象外となりますので注意しましょう。

  • その①:社会人としての就業経験がない方(学生など)
  • その②:20代~30代以外の方
  • その③:現在のお仕事に満足されている方
  • その④:キャリアコーチ、トレーナー経験者

また、無料カウンセリングは原則1回のみです。詳細は「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で実際に体験した「感想」と一緒にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

無理をせず、ゆるく生きよう

無理をせず、ゆるく生きよう
環境や人間関係に振り回されやすいHSPの人は、1人で黙々と、自分のペースで進められる仕事に適性があると感じます。

たとえば、在宅ワークやフリーランスであれば、職場環境や人間関係のつらさから開放されますし、HSP気質が良い方法にいきてるはず。

僕は、在宅ワークをしていますが、精神的にとても生きやすいです。

もちろん、適性は人それぞれです。会社員もフリーランスでも、大切なことは、あなたのこころに従って生きること。自分の心に嘘を付くと、とても生きづらいです。

なので、無理をせず、一緒にゆるく生きましょう。
» HSPで会社員が向いてない人へ【別の道でゆるく生きよう】

おわりに:仕事に悩むHSPの人へ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。当ブログ(ミヤブログ)では、HSPに伴う「仕事に関するお悩み」を記事にまとめています。

「仕事がつらい…。HSPをいかせる仕事を知りたい…!」

あなたのお悩みに、少しでも寄り添えれば幸いです。