HSPの人におすすな在宅ワーク5選【生きやすい未来を手に入れよう】

HSPと仕事

hsp 在宅 ワーク おすすめ

おすすめの在宅ワークを知りたいHSPの人「会社員が苦痛なので、在宅ワーカーになりたいなぁ。どんな仕事がおすすめなのだろう。HSPと相性の良い仕事かな?果たして未経験でも在宅ワークはできるかな。在宅ワークのメリット・デメリットも知りたい!」

このようなお悩みを一緒に考えていきましょう。

HSPさんに「おすすめの在宅ワーク」を5つ解説しました。3分ほどで読めますので、ゆっくりご覧ください。

この記事の目次

HSPの人におすすな在宅ワーク5選【生きやすい未来を手に入れよう】

HSPの人におすすな在宅ワーク5選【生きやすい未来を手に入れよう】
結論から言うと、会社員の生活が合わない人にとって「在宅ワーク」は、とても最適な働き方だと思います。人間関係や環境のストレスから開放されます。

在宅ワークは、自分のペースで仕事ができます

在宅ワークをすることで、自分のペースで仕事ができます。

つまり、急かされないので、あなたの本来の良さが発揮されやすい環境です。

「自己管理」こそ大変ですが、会社員の働き方に生きづらさを感じていた人に向いていると思います。

僕は在宅ワークに切り替え、心の余裕がまるで変わりました。圧倒的に“生きやすい”です。

大前提:在宅ワークにも向き不向きがあります

すべてのひとに在宅ワーク(フリーランス)が適しているわけではありません。

在宅ワークは、人との関わりが少なくなりますし、自己管理能力も必須です。

なかには、それに耐えられない人もいると思います。

まずは、自己分析をしっかりしたうえで、在宅ワークが本当に適しているか判断してみましょう。

HSPに特化した「キャリアのプロ」に相談してみよう

自分に適した仕事を見つける“最短の方法”は「プロの意見を聞く」です。

僕はキャリア相談をキッカケに、HSPにあった「働き方(在宅ワーク)」を見つけることができました。

キャリアコーチング「キャリート」は、HSPの方のキャリア支援実績「年間200名以上」です。

「キャリア支援経験」の豊富なコーチがあなたに寄り添い、仕事の悩み・キャリヤ設計を一緒に考えていくサービスです。(※転職エージェントではありません。

キャリア支援は「転職」だけが前提ではありません。人生設計も含め、HSPにあったキャリアの相談ができます。

  • 自分にあった仕事の探し方を知りたい
  • 長期的な「キャリア設計の仕方」を知りたい
  • 転職するべきか、現職に残るか判断する方法を知りたい
  • 自己分析や転職のノウハウを知りたい
  • メンタルの調子が良くないので「負担のない働き方」がしたい

上記のお悩みがある方に最適なサポートです。仕事のモヤモヤを気軽に相談してみましょう。

キャリート HSP
(画像引用:キャリート公式
サービス名
オススメ度
無料面談
年齢制限
就業経験
キャリート
60分
20~30代

(就業経験が必要)

僕もドキドキしながらキャリア相談をしましたが、否定されることは一切ありません。

60分のカウンセリングがあっという間に終わったんですよね。

むしろ、やさしく穏やかなカウンセリングと、HSPの仕事の悩みに共感したアドバイスでした。

詳しくは「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で深堀りしています。現実的な適職選びは、自己分析からはじまります。気になる人は、ぜひご覧ください。

※注意事項:サポート対象外の方について

キャリートの受講は、下記の方が対象外となりますので注意しましょう。

  • その①:社会人としての就業経験がない方(学生など)
  • その②:20代~30代以外の方
  • その③:現在のお仕事に満足されている方
  • その④:キャリアコーチ、トレーナー経験者

また、無料カウンセリングは原則1回のみです。詳細は「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で実際に体験した「感想」と一緒にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

未経験でも在宅ワークはできます

まずは、副業というかたちで在宅ワークの仕事を始めてみましょう。

「学習」&「継続」が前提条件ですが、稼ぎつつ、在宅ワークを実現できます。

具体的な仕事は下記のとおりです。

タップできる「HSPの人におすすめ在宅ワーク」

上記の5つです。なおIT分野は、成長している市場なのにエンジニアが「人材不足」です。また上記に関しては、会社員以上の報酬も実現可能。

ITの仕事は、基本的にパソコンがあれば簡潔しますので、好きな場所・時間に仕事ができます。

前置きが長くなりましたが、5つの仕事を深堀りします。長くなりますので、気になる項目からタップしてくださいね。それでは、1つずつ見ていきましょう。

おすすめ①:不用品販売・電脳せどり

最も成果を上げやすいのが「不用品販売・電脳せどり」です。

副業として始めやすいのが特徴です。僕も「不用品販売」から副業をはじめました。

詳細は下記です。

  • メルカリ➜不用品販売・物販
  • ヤフオク➜不用品販売・物販
  • Amazon➜電脳せどり・物販

上記のとおり。なお、僕は不用品販売のみで10万円ほどの売上を達成しています。

つまり、参入がしやすく「稼ぎやすい」のが特徴です。

不用品販売・電脳せどりのメリット・デメリット

メリット ①:参入しやすい
②:身近なものから売れる
③:成功体験が得やすい
デメリット ①:仕入れが大変
②:売り物を選ぶ「目利き」が必用になる

※ スマホでご覧の方は、右スライドで全表示できます。

おすすめ②:ブログ

miyablog テーマ
ブログは、自分が得意なジャンルで記事を書きつつ、広告収入で稼ぐという方法です。

僕は、当ブログ(ミヤブログ)の運営をしています。現在の収益は、18万円ほど。

低コスト・低リスクで、場所を選ばず作業ができるので、副業としてかなり人気があります。

需要の大きい分野や、ライティングスキルがあれば、月収数十万~100万円以上を目指せる世界です。

収益の天井が高い

ブログは、今回ご紹介する「在宅ワーク」のなかで、個人的に一番おすすめです。
なぜなら、収益の天井が高いから。

会社員やバイトは、どんなに頑張っても成果はある程度決まっていますよね。ブログに関しては、それがありません。

一度作り込んでしまえば、定期的なメンテナンスで稼働し続けます。

つまり、あなたが休んでいても、あなたの分身として、ブログが稼いでくれます。

ブログは成果が出るまでに時間がかかる

ブログは成果が出るまでに時間がかかる
ここまで聞いて「今すぐブログをやってみたい!」と思った人もいるはず。

ブログは大きく稼げる可能性はあります。しかし、成果が出るまでに時間がかかります。

もっと踏み込むと、最初の0円→1円を稼ぐのがとても難しいです。はっきり言うと「いますぐ稼ぎたい人」には向きません。

とはいえ、僕の実体験からも言えますが、人の悩みに共感し、自分のペースで進められるブログ運営は、HSPさんに向いていると思います。

ブログ運営のメリット・デメリット

メリット ①:低資金で始められる
②:文章力が身につく
③:スキマ時間に書ける
④:モノを売る力(Webマーケティング力)が身につく
⑤:パソコン1台で、どこにいても稼げるようになる
デメリット ①:コツコツ継続していく必要がある
②:最初の「1円」を稼ぐまでが大変
③:書くジャンルによっては稼げない

※ スマホでご覧の方は、右スライドで全表示できます。

なお、ブログに関しては【初めてでも安心】WordPressを使ったブログの始め方【5つの手順】で解説しました。ブログを始めたい人は、ぜひご覧ください。

おすすめ③:Webライター

Webライター
Web上から「案件」を受け、企業の指定どおりに「記事」を書いていく仕事です。

ブログと似ていますが、Webライターは書いた記事がそのまま報酬に直結します。

継続的に案件をとることで、会社員、またはそれ以上の成果を得ることが可能です。

ブログとの違い

具体的なブログとの違いについては下記のとおりです。

  • その①:書いた記事がそのまま成果に直結する
  • その②:ブログのように「爆発的」な収益は入りづらい
  • その③:案件を取り続けないと稼げない

上記の3つです。なお、理想は、Webライターで稼ぎつつ、ブログ運営の組み合わせだと思います。

納品先から高確率で「フィードバック」をもらえるため、文章力を養いながら、収入を得られるのは理想的です。

継続案件が取れれば、フリーランスとしても食べていけます。

Webライターになるための手順

Webライターになるための手順
  • 手順①:クラウドソーシングサイトに無料登録
  • 手順②:ポートフォリオ作成(ブログがあれば有利です)
  • 手順③:書けそうなジャンルに応募する

上記の手順です。ここに関しては、考えるより実際に登録して経験したほうが早いです。

慣れてくると、ツイッターなどのSNSから案件獲得が可能。しかし、まずはクラウドソーシングで仕事に慣れるのが先決です。

Webライターや副業で稼いでみたい人向けに「無料デジタルパンフレット」をダウンロードできます。無料ダウンロードなので、全体像をつかむためにも一読してみましょう。
» 「web+ Media School」無料デジタルパンフレットはこちら

メリット ①:案件の数だけ成果になる
②:文章力が鍛えられる
③:フィードバックで得たノウハウを、自身のブログに活かせる
デメリット ①:最初はかなり低単価の可能性がある
②:常に案件を獲得する必要がある

※ スマホでご覧の方は、右スライドで全表示できます。

おすすめ④:Webデザイン

Webサイトやブログなどのデザインを担当する仕事が「Webデザイン」です。
ユーザーから「見える部分」をデザインしていく仕事です。

Webサイトの「デザイン」の他に、ロゴ、イラスト、文字やレイアウトを主に作成する仕事です。

「Photoshop」や「Illustrator」が使える方、デザインなどが得意な人におすすめ。
感受性豊かなHSPの人に向いた仕事だと思います。

Webデザインの学習方法

Webデザインの学習方法
Webデザインを学ぶための学習方法は以下のとおりです。

  • 方法①:独学
  • 方法②:スクール
  • 方法③:通信講座

上記の3つです。

独学でも不可能ではないですが「プログラミング言語」を扱ったりと、未経験では挫折の可能性アリです。

スクールを利用しつつ「最短」で学習しよう

スクールや通信講座で学びつつ、実際に作業する中で、わからない箇所をその都度ググって調べる。僕の知り合いは、この方法でグングン伸びていました。

  • TechAcademy※業界大手でクラウドワークスと連携して、在宅ワークの案件を紹介してもらえます。
  • CodeCamp※無料相談ができるので最適な学習方法が事前にわかります。

なお、CodeCampに関しては「無料相談」すると「1万円OFFクーポン」がもらえるのでお得です。
» TechAcademyの無料説明はこちら
» CodeCampの無料相談はこちら

おすすめ⑤:プログラミング

「プログラミング」は、Webサイトのベース・骨格をつくる仕事です。

プログラミングは、需要が高いため「大きく稼げる」分野でもあります。フルリモートの会社が多く、HSPさんには理想の働き方ですね。

エンジニアが足りない

ITの市場は伸びているのに対して、エンジニアが不足しています。
理由は「挫折」しやすいから。

細かいエラーを見つけたり、コードを修正したり...。とにかく根気がいる作業の繰り返しです。

「一つのことを丁寧にこなせる」そんなHSP気質の人にチャンスがあると思います。

プログラミングの学習方法

プログラミングの学習方法
プログラミングの学習方法はシンプルです。

基礎学習をした後、実際にWebサイトやサービスを作るという流れです。まずは独学でプログラミングの基礎学習をしつつ、適性を見極めてみましょう。

独学が厳しければ、スクールで学ぶのもアリです。(※ハローワークの職業訓練でも学べます。退職してからの勉強もOK。)

おすすめのスクールは下記の2つです。

  • DMM WEBCAMP COMMIT※無料相談あり。転職保証制度つき。もし転職できなければ受講料を全額返金。
  • CodeCamp※無料カウンセリングあり「10,000円OFF」のクーポン付き

在宅ワークを考えると、オンラインで簡潔できる「DMM WEBCAMP COMMIT」一択だと思います。

理由は、転職保証制度があるからです。まずは、気軽に「無料相談」をしてみましょう。なお、フリーランスは収入が安定しないことが不安材料です。

Webの仕事は、フリーランスのように在宅ワークができますし、会社員という雇用形態です。

つまり、在宅ワークをしながら安定収入と、社会的信用を保てます。
» 転職保証付き「DMM WEBCAMP COMMIT」の無料相談はこちら

Webデザイン・プログラミングのメリット・デメリット

メリット ①:IT分野は需要がある
②:需要がある分、報酬が高い
③:フルリモートで働ける
④:安定収入と社会的信用を保てる
⑤:会社員の雇用形態で、在宅ワークができる
デメリット ①:独学は挫折する可能性が高い
②:とにかく根気がいる

※ スマホでご覧の方は、右スライドで全表示できます。

未経験でも在宅ワークが可能な3つの理由

未経験でも在宅ワークが可能な3つの理由
HSPさんにおすすめな「在宅ワーク」についてご紹介をしました。

しかし、実際に「在宅ワークができるか不安だなぁ...。」そう感じてしまうかもしれません。

結論は、シンプルに「行動してから考えよう」です。

まずは、気になったものから始めてみましょう。

未経験でも在宅ワークが可能な理由

未経験でも在宅ワークが可能な理由は以下のとおりです。

上記の3つです。
1つずつ深堀りしていきましょう。

理由①:学習と継続で実現可能だから

未経験であるからこそ、不安になりますよね。HSPさんはとくに…。僕もとても不安でした。

もし気になる仕事があるなら、ゆっくりでいいので、その分野について学習をしてみましょう。

具体的な学習方法は下記です。

  • ググって調べる
  • YouTubeの動画を見る
  • 実際に手を動かしてみる

上記のとおり。いちばん効果があるのは「実際に手を動かしてみる」です。

実際に体験したことは、かなり身につきやすいです。

まずは「ゆっくり」でいいので始めてみる

まずは「ゆっくり」でいいので始めてみる
最初は「3割くらい」の理解でもいいので、少しずつ進めてみましょう。

継続しているうちに「点と点」が繋がってきます。

失敗しても大丈夫です。失敗しながら、学んだことがあなたに定着していきます。

理由②:HSPと相性の良い仕事だから

繰りかえしですが、HSPの人は仕事の「環境」や「人間関係」に大きく左右されます。

敏感だからこそ「人いちばい」疲れやすく、ストレスも溜まりやすいです。

在宅ワークであれば、下記の状況をつくり出せます。

  • 「人」に関わるストレスがゼロになる
  • 環境のストレスがなくなる
  • あなた本来の実力を発揮できる

上記のとおり。ストレスを大幅に減らしつつ、本来の能力を発揮しながら仕事に取り組めます。

在宅ワークは、HSPと相性の良い仕事だと思います。なお、在宅ワーク以外の相性の良い仕事に関しては、下記で解説しています。合わせてご覧ください。

副業としてやってみる

 副業としてやってみる
在宅ワークとして働く姿をイメージするためにも、副業として始めてみましょう。

本業で収入を確保しつつ、スキマ時間や休日を副業に当てることで、在宅ワークのイメージがつかみやすいです。

僕も本業のかたわら、ブログをはじめて少しづつ稼げるようになってきました。

なお、いきなり本業を辞めて「在宅1本」は厳しいです。本業で安定的な収入源をもっていれば、焦りも少なく学習や作業に集中できます。

理由③:生きやすくなるから

現在の僕は、在宅ワークをしています。もちろん、最初はとても不安で怖かったです。

しかし、今では心から働き方を変えてよかったと思います。
自分らしさをのびのびと出せますし、とても生きやすい。

もし、会社員の生活がどうしても合わない人は、思い切って挑戦してみてくださいね。

会社員が悪いというわけではなく、ただ、あなたには「合わない働き方」なだけです。

在宅ワークのメリット・デメリットを解説

在宅ワークのメリット・デメリットを解説
最後に「在宅ワークのメリット・デメリット」をご紹介して、この記事を終わりにしようと思います。

在宅ワークのメリット・デメリット

在宅ワークのメリット ①:人の目を気にせずに働ける
②:「嫌な人」がいない
③:怒られることがない
④:自由に「働く時間」を決められる
⑤:好きな時間に起きれる&寝れる
⑥:満員電車に乗らなくても良い
⑦:「あなたらしく」生きられる
在宅ワークのデメリット ①:収入が不安定
②:「引きこもり」になりがち
③:月に1万円を稼ぐまでが大変
④:自分を常に「律する」必要がある

※ スマホでご覧の方は、右スライドで全表示できます。

上記のとおり、HSPの人にとって「在宅ワーク」はこれ以上ない環境です。

僕は在宅ワークに切り替えて、心がとても楽になったのを実感しています。

なお、同じHSPでも「適性」は人それぞれです。

一人ひとり性格や個性が違いますので、在宅ワークが必ず適しているとは限りません。

まずは自己分析を深めつつ、あなたの「適性」を見直してみましょう。

WordPressブログの始め方・5つの手順

【初めてでも安心】WordPressを使ったブログの始め方【5つの手順】

WordPressを使った「ブログの始め方」について解説しました。収益を目的とするなら、WordPress一択です。在宅ワークや、フリーランスを目指したい人にブログはおすすめです。在宅ワークを実現したい人は、ぜひご覧ください。

Webライター向けクラウドソーシングサイト

無料相談できるWebデザインスクール

  • TechAcademy※業界大手でクラウドワークスと連携して、在宅ワークの案件を紹介してもらえます。
  • CodeCamp※無料相談ができるので最適な学習方法が事前にわかります。

無料体験できるプログラミングスクール

  • DMM WEBCAMP COMMIT※無料相談あり。転職保証制度つき。もし転職できなければ受講料を全額返金。
  • CodeCamp※無料カウンセリングあり「10,000円OFF」のクーポン付き

おわりに:仕事に悩むHSPの人へ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。当ブログ(ミヤブログ)では、HSPに伴う「仕事に関するお悩み」を記事にまとめています。

「仕事がつらい…。HSPをいかせる仕事を知りたい…!」

あなたのお悩みに、少しでも寄り添えれば幸いです。