HSPで失敗が怖い人へ【ミスの連鎖を一緒に終わらせよう】

HSPと仕事

hsp 失敗が怖い

失敗が怖いHSPの人「失敗が怖くてすぐ萎縮してしまう…。仕事でミスが続いてしまう…。もうミスをしたくない…!ビクビクしない方法ってあるのかな。」

このようなお悩みに答えていきます。

この記事を書いている僕は、失敗が怖くて毎日萎縮していた内向型HSPです。

繊細な人は、失敗を怖れてつい「萎縮」をしてしまいがちです。萎縮してしまうと身動きが取れなくなりますよね。

「失敗が怖い」というマインドはすぐに克服できません...。しかし「マインド」を少しずつ変えていけば失敗を減らせるはずです。

「失敗の怖れ」から楽になる方法を一緒に考えていきましょう。

この記事の目次

HSPで失敗が怖い人へ【ミスの連鎖を一緒に終わらせよう】

HSPで失敗が怖い人へ【ミスの連鎖を一緒に終わらせよう】
失敗を怖れてしまう気持ちは、痛いほどよく分かります。

「深く考える」というHSPの特性が裏目に出てしまうんですよね。

僕もそうです。そんなときに限って、失敗が続いてしまったり…。

まずは、失敗が「怖い」と感じる理由から見ていきましょう。

失敗が「怖い」と感じる理由

  • 理由①:周りに笑われるのが怖いから
  • 理由②:失敗が「トラウマ」になっているから
  • 理由③:自己肯定感が低いから

HSPの人は、上記の3つがより強調されやすく「失敗が怖い…」という思考につながりがちです。

過去の僕は、つねにビクビクしながら仕事をしていました。

失敗が怖い→行動ができない→逃げの姿勢→怒られる→周りの視線が冷たい→以下、無限ループ

上記のとおり、かなり悪循環に落ちていました。あなたはどうでしょう。過去の僕のようになっていませんか?

過去の失敗が“トラウマ”になる

過去の失敗が“トラウマ”になると萎縮します。

  • 具体例①:失敗してみんなの前で怒鳴られた
  • 具体例②:職場の人に迷惑をかけた
  • 具体例③:仲の良かった人が冷たくなった

上記のような「つらい記憶」がフラッシュバックして、あらゆる行動にメンタルブロックを生じさせます。つらいですよね…。

“失敗する”と思うと失敗する

「失敗したらどうしよう…」と不安になる気持ちはとても良くわかります。

とはいえ、ネガティブな思考が癖になると、想像したことが現実になりかねません。

思考→言葉→行動→現実

上記のとおりで、人の「思考」と「現実」は連動していると思います。

しかし、まずは安心して下さい。
上記の特徴を逆手にとりましょう。

楽しい未来を思い浮かべよう

楽しい未来を思い浮かべよう
少しずつで良いので「楽しい未来」を思い浮かべるようにしてみましょう。もちろん、最初は難しいかもしれません。

繰り返しになりますが、失敗すると思うと失敗します。なので、仕事や人生を楽しんでいる自分を想像してみてください。

  • 失敗を怖れない自分
  • 人の目を気にしない自分
  • 失敗から学んで成長した自分

上記のとおりです。失敗が怖くなってきたら、肩の力を抜きつつ、楽しい未来を思い浮かべてみてくださいね。

ポケモンの「旅」に置き換えよう

ちょっとだけ「ポケモン」を思い浮かべてください。

冒険をはじめたばかりの頃ってポケモンのレベルも低いし「使えるわざ」も少ないです。しかし、次の街を目指すにつれて経験値がたまり、わざも増えていきます。

むしろ、野生のポケモンやバトルを怖れ、逃げ続けてもレベルは上がりません。

まずは経験値をかせぐために、マサラタウンから出発しましょう。

失敗して経験値を稼ぐ

ポケモンを「仕事や人生」に置き換えてみましょう。

失敗はムダなものではなく、レベルアップのための貴重な経験値と置き換えられます。

失敗はときに痛みを伴います。それでも、失敗は決して「ムダなもの」ではなく、あなたを輝かせる貴重な経験値。

つまり、失敗の数を倍にすることで、より経験値が蓄積されるイメージです。

成長するスピードも早くなるはず。
そう考えると、少しずつ失敗が怖くなくなりますよ。

HSPに特化した「キャリアのプロ」に相談してみよう

自分に適した仕事を見つける“最短の方法”は「プロの意見を聞く」です。

僕はキャリア相談をキッカケに、HSPにあった「働き方」を見つけることができました。

キャリアコーチング「キャリート」は、HSPの方のキャリア支援実績「年間200名以上」です。

「キャリア支援経験」の豊富なコーチがあなたに寄り添い、仕事の悩み・キャリヤ設計を一緒に考えていくサービスです。(※転職エージェントではありません。

キャリア支援は「転職」だけが前提ではありません。人生設計も含め、HSPにあったキャリアの相談ができます。

  • 自分にあった仕事の探し方を知りたい
  • 長期的な「キャリア設計の仕方」を知りたい
  • 転職するべきか、現職に残るか判断する方法を知りたい
  • 自己分析や転職のノウハウを知りたい
  • メンタルの調子が良くないので「負担のない働き方」がしたい

上記のお悩みがある方に最適なサポートです。仕事のモヤモヤを気軽に相談してみましょう。

キャリート HSP
(画像引用:キャリート公式
サービス名
オススメ度
無料面談
年齢制限
就業経験
キャリート
60分
20~30代

(就業経験が必要)

僕もドキドキしながらキャリア相談をしましたが、否定されることは一切ありません。

60分のカウンセリングがあっという間に終わったんですよね。

むしろ、やさしく穏やかなカウンセリングと、HSPの仕事の悩みに共感したアドバイスでした。

詳しくは「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で深堀りしています。現実的な適職選びは、自己分析からはじまります。気になる人は、ぜひご覧ください。

※注意事項:サポート対象外の方について

キャリートの受講は、下記の方が対象外となりますので注意しましょう。

  • その①:社会人としての就業経験がない方(学生など)
  • その②:20代~30代以外の方
  • その③:現在のお仕事に満足されている方
  • その④:キャリアコーチ、トレーナー経験者

また、無料カウンセリングは原則1回のみです。詳細は「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で実際に体験した「感想」と一緒にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

萎縮しないための3つの処方箋

萎縮しないための3つの処方箋
失敗を怖れてしまう原因は以下のとおりです。

  • 理由①:周りに笑われるのが怖いから
  • 理由②:失敗が「トラウマ」になっているから
  • 理由③:自己肯定感が低いから

上記を踏まえつつ、対策をしていく必要があります。

「萎縮しない」3つの処方箋

  • 処方箋①:職場を見直そう
  • 処方箋②:人の本質を知ろう
  • 処方箋③:自分に合う仕事を探そう

上記のとおりです。1つずつ深堀りしていきましょう。

処方箋①:職場を見直そう

HSPの人にとって職場の環境はとても大切です。

なんとなくで職場を選ぶと、心が疲弊します。

HSPの人にとって職場の環境や人間関係はかなり大切です。詳細については「HSPで仕事が続かない3つの理由【乗りこえ方も解説】」でお伝えしています。空回りして怒られないためにも、まずは「職場の環境」から見直してみましょう。

処方箋②:人の本質を知ろう

バカにして笑ってくる人は基本的にどこにでもいます。

私生活なら関わらずに済みますが、仕事であれば避けてはとおれません。人の本質を知っておくと、少し気持ちが楽になります。

下記のツイートをご覧ください。

悪口を言う人の本質

ひとへの陰口、悪口は損してると思う。なぜなら「自分は劣等感のかたまり」と宣言しいるのと同じだから。気に入らないのなら執着しなければ良い。人生の時間をムダにしている。要は暇人。名指しをせず遠回しにイヤミを言うとかも同じ。「幸せなひとは意地悪をしない」苦しんだ過去の自分に届けたい😇

上記のとおり。人をバカにしてくる人は弱い人間です。それをわざわざ自分で晒しているようなもの。

“幸せなひとは意地悪をしない”これが本質だと思います。

この本質を理解すると、バカにしてくる人がむしろ「気の毒」に感じてしまいます。

反面教師にしつつ、あなたの人生をより輝かせていきましょう。
» 参考記事:悪口ばかりの職場を辞めるべき3つの理由【人生の時間を大切にしよう】

処方箋③:自分に自信をもつ

自己肯定感が低くなる理由は、自分に自信をもてないからです。

自信をつけるためのは、たった1つ。行動しかありません。

とはいえ、がむしゃらに行動しても失敗します。

自分に合った「仕事の環境」と「行動」の両輪が揃って、「本当の自信」につながると思います。

1つのことを極めよう

1つのことを極めると、自信がついて失敗を怖れなくなります。

興味がある→行動してみる→楽しい→夢中になる→失敗する→原因が知りたくなる→改善→結果になる

上記のとおり、自信がついて失敗を怖れない流れができます。

自分に合う仕事をみつけて「失敗を怖れない生き方」を一緒に目指していきましょう。
» 参考記事:「HSPと相性の良い仕事の見つけかた【挑戦を恐れると失敗します】」

おわりに:仕事に悩むHSPの人へ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。当ブログ(ミヤブログ)では、HSPに伴う「仕事に関するお悩み」を記事にまとめています。

「仕事がつらい…。HSPをいかせる仕事を知りたい…!」

あなたのお悩みに、少しでも寄り添えれば幸いです。