勉強嫌いの人に向いている職業3選【得意な領域で生きよう】

仕事の悩み

 勉強嫌い 向いてる 職業

自分に向いた職業を探している勉強嫌いの人「勉強が嫌い…!そんな自分に向いている職業ってあるのかな?勉強ができないと就職は難しそう…。できれば勉強なんてしたくない…!」

このようなお悩みに答えていきます。

この記事を書いている僕は、小さい頃から勉強がとても嫌いでした。現在は、在宅ワークをしており、自分に向いた働き方に出会えています。

「勉強が嫌い」という自覚があると、就職できるか不安になりますよね。でも、安心してください。

あなたに向いている仕事は必ずあります。才能がない人はいません。

勉強嫌いのあなたに向いている職業を、一緒に考えていきましょう。

この記事の目次

勉強嫌いの人に向いている職業3選

勉強嫌いの人に向いている職業3選
勉強嫌いの人に向いている仕事は、下記をご覧ください。

上記のとおり。1つずつ詳しく見ていきましょう。

その①:肉体労働

まずは、肉体労働の仕事です。未経験や学歴不問で雇ってくれるところもあり、勉強が嫌いでも就職できます。

ちなみに、僕も7年ほど肉体労働の仕事(造船業)をしていました。

肉体労働の仕事例

  • 大工
  • 造船業
  • 工場(車の組み立て・溶接工)
  • イベントの設営(コンサートやイベントの舞台設営)

技術を身に着けて「昇給」を狙おう

就職先にもよりますが、継続年数・技術を高めていくことで「昇給」を狙えます。

例えば僕の例で言うと、初任給18万→5年後に30万円ほど稼いでいました。

できれば、未経験でもできる「技術職」がおすすめです。技術の向上を、判断してもらいやすいからです。

その②:一つのことを極める職人

上記の「肉体労働」と共通しますが、一つのことを極める「職人」も向いていると感じます。

いわゆる「手に職をつける」という言葉のとおり、一つの仕事・技術を徹底的に極めることで仕事が身につきます。

職人の仕事例

  • 伝統工芸品(指物・家具木工・ガラス・畳・建具・瓦・石屋)
  • 飲食(パティシエ・パン・飴細工)
  • 建築(大工・左官・庭師・建具・鳶)

その③:フリーランス

会社に属さず、ひとりで仕事を請け負う仕事です。

勉強が嫌いでも、自分の得意な分野なら自然と知りたくなりますよね。

なので、職人のように「一つのことを極めた先」にフリーランスがあると思います。

ポンコツでもできる仕事

ポンコツでもできる仕事
フリーランスや在宅ワークであれば、自分らしく仕事ができます。

会社員時代は、散々ポンコツといじられてきました。

「ポンコツな人」にとっては、これ以上ない働き方です。

フリーランスの仕事例

  • プログラミング
  • ブロガー
  • Webライター
  • インスタグラマー
  • YouTuber

ちなみに、現在の僕もフリーランス(在宅ワーク)として働いています。

適性はひとそれぞれなので、自分にあった仕事・働き方を考えてみましょう。

向いている職業がわからない悩みを“最短”で解決する方法は「こちら」で深掘りしています。

勉強ができないひとの特徴

小さい頃や学生時代を思い出してみてください。どのクラスにも、勉強ができない子はいますよね。僕もそのうちの1人でした。

今になって思うと、勉強ができないのは「興味がなかったから」と思うんです。興味がないから、勉強が頭に入らないのかなと。

むしろ興味のあることは、誰に言われなくても自分から進んで知識を得ていました。

なので、あなたが「興味」をもてる分野を突き詰めましょう。

勉強ができないなら「興味のあるもの」を職業にしよう

勉強ができないなら「興味のあるもの」を職業にしよう
学生時代は勉強ができなくても、なにか一つ夢中になったものがあるはずです。

  • 部活動
  • 遊び
  • 趣味

なんでもOKです。あなたが興味を持ったものに「職業につながるヒント」が隠されています。

仕事選びは「得意」をいかそう

仕事を選ぶときは「得意」なものを、基準にしましょう。なぜなら「好きなこと」で選ぶと失敗するからです。

ベストは「あなたの興味があり、得意なもの」です。

あなたに合う仕事を見つける方法とは

あなたに合う仕事を見つける“最短の方法”は「キャリアのプロに相談する」です。

キャリア相談サービスは、下記の方に適したサポートです。

  • 転職を繰り返したくない
  • 自分にあった仕事の探し方を知りたい
  • 長期的なキャリア設計の仕方を知りたい
  • 転職すべきか現職に残るか判断する方法を知りたい
  • 自己分析や転職のノウハウを知りたい

上記を実現するためのサポートです。僕は、キャリア相談を受けて「自分にあった働き方・適職」を見つけました。

僕ば勉強ができませんが、仕事があっているので勉強が苦になりません。

カウンセリングはすべて無料なので、気軽に相談してみてくださいね。

仕事の悩みを「無料相談」できるキャリア相談サービス

  • キャリート(CAREET) ※無料カウンセリングあり。メンタルが疲れている方向けです
  • マジキャリ:無料キャリア相談あり。転職エージェントのノウハウをいかしたサポート
  • キャリドラ:無料カウンセリングあり。“稼ぐ”に特化したキャリア支援。TV出演した実績あり
サービス名
オススメ度
無料面談
年齢制限
就業経験
キャリート
60分
20~30代

(就業経験が必要)
マジキャリ
60分
22~40歳

(就業経験が必要)
キャリドラ
60分
20~30代

(就業経験なく受講可)

※ スマホでご覧の方は、右スライドで全表示できます。

転職エージェントのように、求人を一方的に案内されることもありません。

60分の無料カウンセリングは、仕事のモヤモヤを解決するキッカケとなります。

下記は、僕が実際に体験したキャリア相談サービスです。「リアルな感想」をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

» キャリア・有料転職相談サービスおすすめ5選!【実体験から徹底比較】

勉強をすることで、人生が豊かになります【事実】

勉強をすることで、人生が豊かになります【事実】
最後に「勉強の楽しさ」についてお伝えしつつ、本記事を終えようと思います。

繰り返しですが、興味のない勉強ほどツマラナイものはありません、、

ですが、勉強をして「知見」が広がると、人生が楽しくなります。

勉強をしたことで、生きやすくなった

僕は勉強が嫌いなまま、会社員を10年くらい続けました。

ぶっちゃけ、毎日の仕事がつらかったです。休むことしか考えていませんでした。

しかし、働き方をどうしても見直したくて一念発起。「在宅ワーク」を目指すために勉強をしました。

いくつになっても遅くない

在宅ワークをするために勉強をはじめたのは、30歳になってからです。
会社員としての働き方が限界だったのもあり、人生でいちばん勉強をしたのを覚えています。

とても興味があったので勉強したという意識がありません。趣味に当てていた時間を、いつの間にか「学習」に使っていました。

勉強をすることに年齢は関係ないです。興味があれば今すぐにでも、新しい分野を学ぶことはできます。

勉強が嫌いでも大丈夫。あなたが興味をもてる分野で、仕事を探してみましょう。