仕事ができなくて人格否定される理由【罵倒のない領域で生きよう】

仕事 できない

仕事ができない 人格否定

仕事ができなくて人格否定をされている人「仕事ができなくて人格否定される…。自分ってどうして仕事ができないのだろ…。毎日怒られるのがつらすぎてメンタルも限界…。仕事ができるようになりたい!」

このようなお悩みに答えていきます。

はっきり言って以前の僕は、仕事ができませんでした。ときに罵倒され、パワハラや暴力を受けた経験があります。

「仕事ができない…。」と自覚がある場合、つらさは増しますよね。

しかし、仕事ができないは「勘違い」です。人格否定されていい人も存在しません。

仕事ができないというお悩みを一緒に解決していきましょう。

この記事の目次

仕事ができなくて人格否定される理由【罵倒のない領域で生きよう】

仕事ができなくて人格否定される理由【罵倒のない領域で生きよう】
仕事ができないと、周りからの風当たりは強くなります。あの独特な「冷たさ」はトラウマになるくらいシンドイです…。

人格否定は「悪循環」への入り口

仕事ができないと、かならず人格否定をしてくる人がいます。たとえば、下記です。

  • お前はお荷物だから邪魔だ
  • アホか、脳みそ入ってないのか?
  • この役立たず!仕事しろ!
  • おい、給料泥棒!
  • ねぇ、なんでそんなに仕事ができないの?

上記のとおり。思い出しただけでも気が滅入ります…。僕もひたすら人格否定や罵声をあびてきました。

仕事ができない→怒られる→自己肯定感が下がる→萎縮する→以下、無限ループ

人格否定された先は「負の悪循環」が待ち受けています。

「分からないなら聞け」は当てにできない

人格否定してくる人に限って「分からないなら聞け」と言ってきます。

しかし、高圧的な言葉を投げてくる人に聞きたいとは思わないはず。

仮に聞いたとしても「それくらい自分で考えろ」と訳のわからない答えが返ってきます。

人格否定する人の心理

ではなぜ、仕事ができない人に「人格否定」や、高圧的な物言いをするのか。考えたくもないですが、意識することで少し冷静になれます。

  • その①:劣等感の塊だから
  • その②:底意地が悪いから
  • その③:その人自身が不幸せだから

上記のとおり。とくに、劣等感が強い人は、過剰に反応します。

自分が潜在的に感じている劣等感を、あなたをとおし、“鏡のように”見ているため「拒絶反応」をしているという心理です。

つまり、人格否定をする人は「弱い」といえます。本当に強い人は、人格否定などしません。

心が満たされている人は、高圧的な態度を取る必要がないからです。

仕事ができない原因

仕事ができない原因
人格否定する人の心理を理解しつつ、仕事ができない原因を考えていきましょう。仕事ができない原因は下記だと思います。

  • 原因①:職場の「環境」や「人間関係」があなたに向いていないから
  • 原因②:自己肯定感が下がって「萎縮」しているから
  • 原因③:仕事そのものがあなたに向いていないから

上記のとおり。なお「後述」しますが、仕事選びで失敗している可能性が高いです。
1つずつ深堀りしていきましょう。

原因①:職場の「環境」や「人間関係」があなたに向いていないから

仕事が覚えられない原因は、あなたに職場の環境や、人間関係が合っていないかもしれません。

職場の音や、匂い。あるいは、人にじっと見られながらの仕事にプレッシャーを感じていませんか?

もし該当するのであれば、繊細な人(HSP気質)なのかもしれません。

なお、職場の環境や人間関係に関しては、HSPは仕事ができない【そんなことないよ。働く環境を見直そう】で解説しています。あなたの気質を振り返るきっかけにしてみてください。

原因②:自己肯定感が下がって萎縮しているから

人格否定をされると、自己肯定感が下がり続けます。

すると、行動の一つひとつに自信が持てなくなるため「また怒られるかも...」と萎縮をしてしまいがち。

行動することが怖くなると、仕事を覚えることは、より難しくなります。

原因③:仕事そのものがあなたに向いていないから

仕事ができない「最大の原因」です。まずは、本音で振り返ってみましょう。

あなたは、今の仕事に興味がありますか?やる気を持って取り組めていますか...?

心のどこかで「面白くない」や「仕事の時間が長い」と毎日感じているなら、今の仕事はあなたに向いていないと思います。

なお、過去の僕も同じ状態でした。しかし「在宅ワーク」に働き方を変えて、毎日がとても充実しています。

あなたに向いていない仕事=仕事ができない

実は、僕自身が「向いていない仕事」を選んでいた経験があります。

「モノづくりが好き」という漠然とした理由で、舞台の大道具や造船業を選びました。しかし「好き」なだけで「得意」ではありません。

上記は、最重要です。「好き」を基準に選ぶと失敗します。
» 【HSP】現実的な適職の選び方【失敗しない方法はたった1つです】

仕事ができるようになる唯一の方法

仕事ができるようになる唯一の方法
仕事ができるようになるための方法は「興味を持てる仕事を選ぶ」です。たぶん、これが最速だと思います。

学校の勉強に似ている

学校で好きな教科はありましたか?好きな教科は、学ぶのが楽しいですよね。

だれに言われるわけでもなく、自分から学習しようという気持ちになるはず。

興味が強いので、自然と覚えも良くなります。

僕の例:図工の授業

基本的に学校の授業は嫌い、、でした。
唯一、図工の時間は楽しかったです。

積極的に参加していましたし、時間を忘れるほど集中した記憶があります。

しかし、算数の授業は大の苦手。時間の流れがとても遅いですし、苦手なので覚えが悪かったです。これって、仕事でも同じだと思います。

自分に向いた仕事を見つけよう

結論は、自分に向いた仕事を見つけようです。

仕事ができないと悩むのは、多分、あなたに今の仕事が向いていないからです。

仕事ができるように最大限の努力をしたのなら、次を視野にいれてみましょう。

転職するのは勇気がいる

合わない仕事を辞めるのは勇気が必要です。しかし、辞めた先にまた違う景色がまっています。

石の上にも三年という言葉がありますが、人格否定されてまで続ける意味はありません。あなたが本当に「得意な仕事」を選びましょう。

自己分析を徹底しよう

自己分析を徹底しよう
「得意」な仕事を見つけるためには、自己分析がかなり重要となります。

しかし、自己分析はものすごく難しいです...。とくに長所に関しては分かりづらいです。

とはいえ、自己分析を曖昧にするとまた「合わない仕事」を選びかねません。

なお、僕は自己分析を曖昧にしたため、合わない会社を繰り返し選んでいました…。

あなたに合う仕事を見つける方法とは

あなたに合う仕事を見つける“最短の方法”は「キャリアのプロに相談する」です。

キャリア相談サービスは、下記の方に適したサポートです。

  • 転職を繰り返したくない
  • 自分にあった仕事の探し方を知りたい
  • 長期的なキャリア設計の仕方を知りたい
  • 転職すべきか現職に残るか判断する方法を知りたい
  • 自己分析や転職のノウハウを知りたい

上記を実現するためのサポートです。僕は、キャリア相談を受けて「自分にあった働き方・適職」を見つけました。

パワハラも受けませんし、仕事があっているので「仕事ができない」という悩みもありません。

カウンセリングはすべて無料なので、気軽に相談してみてくださいね。

仕事の悩みを「無料相談」できるキャリア相談サービス

サービス名
オススメ度
無料面談
年齢制限
就業経験
キャリート
60分
20~30代

(就業経験が必要)
マジキャリ
60分
22~40歳

(就業経験が必要)
キャリアアップコーチング
60分
20~40代

(就業経験なく受講可)

※ スマホでご覧の方は、右スライドで全表示できます。

転職エージェントのように、求人を一方的に案内されることはありません。

60分の無料カウンセリングは、仕事のモヤモヤを解決するキッカケとなります。

下記は、僕が実際に体験したキャリア相談サービスです。「リアルな感想」をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

» キャリア・有料転職相談サービスおすすめ5選!【実体験から徹底比較】

オンラインにて、安心して相談ができます。仕事ができないという苦しみから脱して、あなたの個性がいきる仕事を見つけていきましょう。