なりたい職業がないフリーターの取るべき3つの行動【したい仕事の見つけ方】

仕事の悩み

「フリーターのままで将来が不安...」
「定職に就きたいけどなりたい職業がない」
「自分にあう職業を見つけたい!」

まわりの友人は定職についてバリバリ働いてるのに、自分だけフリーターをしてるって焦りますよね…。

「このままフリーターで終わってしまうのかな…」と、底の見えない不安に襲われます。

しかし、綺麗事のようですが、才能がない人はひとりもいません。あなたの「適職」は必ずあります。

なりたい職業を見つけるための「3つの行動」を一緒に考えていきましょう。

この記事の目次

なりたい職業がないフリーターの取るべき3つの行動

なりたい職業がないフリーターの取るべき3つの行動
具体的な行動は下記の3つです。

行動というより「マインド論」に近いですが、かなり重要です。上記3つは、現状から抜け出すために必要不可欠な「行動」です。

それでは1つずつ見ていきましょう。

行動①:焦らない

まずは、焦らないことです。焦って良いことは一つもありません。

焦りから「視野」が狭くなりますし、あなたに合った「なりたい仕事」は見つからないと思います。

アルバイトで生活費を賄えているのなら、ひとまず現状を維持しましょう。

行動②:人と比べない

友人や周りの人がバリバリ働いていると「自分ってダメだな…」と考えがちです。

隣の芝生は青いもの。やりたい仕事がわからず、年齢を重ねる度にダメージは増します。

人と比べても「自己肯定感」が下がるだけです。難しいですが、人と比べることを少しづつやめてみましょう。

行動③:自己分析をする

本記事の「最重要ポイント」です。自己分析をしましょう。
自己分析ときいてガッカリしたかもしれません。

しかし、自己分析を徹底することにより、最短でやりたい仕事を見つける「キッカケ」となります。失敗しない自己分析の方法は「こちら」で深掘りします。

関連» 失敗しない自己分析をするための方法はこちら

「得意」な仕事を選ぼう

「なりたい仕事を見つけたい」
過去の僕も、上記のように躍起になっていた時期がありました。

結果は、うまくいきませんでした。なぜなら「得意な仕事」ではなかったからです。

適職はできるだけ「得意なこと」を選ぶとうまくいきますよ。

関連» 仕事が続かないのはクズ?5つの原因と対象法とは【続く仕事の見つけかた】

なりたい職業がないフリーターの取ってはいけない3つの行動

なりたい職業がないフリーターの取ってはいけない3つの行動
なりたい職業がないフリーターの“取ってはいけない3つの行動”があります。

詳しくは下記をご覧ください。

またマインド論ですが、重要です。上記の行動は、あなたから「なりたい仕事」を遠ざけるからです。

詳しく見ていきましょう。

その①:あきらめる

フリーター生活が続くと、将来への不安がどんどん膨らみます。不安に押しつぶされそうになりますが、ここは踏ん張りましょう。

「自分のやりたい仕事なんてどうせ見つからない…」と諦めていませんか?

自己肯定感が下がり「底の見えない不安」にのまれてしまう気持は良くわかります。とはいえ、諦めるのはちょっと早いかなと。

「行動」をしていくうちに、道がひらけてくるからです。“諦めたらそこで試合終了”ですよ。

その②:人と比べる

繰り返しですが、人と比べて良いことは一つもありません。むしろ、フリーターという「貴重な時間」を有効活用しましょう。

定職につくと自由はかなり制限されます。今しかできないことを、できる範囲で経験するのもアリかなと思います。

その③:自己分析をしない

自分を知らないと、仕事で苦しみます。僕が痛い思いをした教訓の一つです。

あなたの得意なこと、苦手なこと、適性は、自己分析を深めていく中で見えてきます。

自己分析をしないで仕事を探してもうまくいきません。見つかっても「仕事が合わない」と感じる原因になるはず。

自己分析は仕事をみつける上でとても重要な作業です。詳細は「ここ」で解説しています。

余裕をつくるため「実家」で準備をしよう

甘いと思われるかもしないですが、仕事がみつかるまで「実家」で生活をするのもありかなと。

一人暮らしは「金銭的なストレス」がついて回ります。間違いなく、焦りの原因になるはず。

固定費を下げるためにも、ここは実家を頼るのも一つの手かなと思います。

したい仕事がないニートの人がとるべき「たった1つ」の方法

したい仕事がないニートの人がとるべき「たった1つ」の方法
ニートになった期間が長いほど、ふたたび社会に出るのがしんどく感じると思います。

とはいえ、会社員になることだけが「働き方」ではありません。今は、在宅ワークやリモートによる仕事もあります。

あなたに適した働き方を見つける方法は「自己分析」です。

大切なことなので、何度も繰り返します。「やりたい仕事」を見つける方法は「自己分析」の一択だと思います。

「適性」のある仕事は、しんどくない

どんな働き方を選んでも「あなたの適性にあう仕事」なら、しんどくなりません。

ほかのひとより“楽な労力”で仕事ができるからです。

「フリーター」「ニート」という“地の利”をいかす

フリーターやニートの期間が長くても、適性がわかっていれば問題ありません。

自己分析を曖昧にしたまま、たとえ定職に就いたとしても「合わない仕事」なら毎日が苦しいだけです。

あなたの「適性」に合わない仕事なら、人生の幸福度は下がり続けるはず。

そうならないためにも「フリーター」「ニート」という“地の利”をフルにいかし、自己分析を徹底しましょう。

失敗しない「自己分析」をする方法とは

以前の僕は、得意なこと・苦手なことがわかっていませんでした。自分の適性を曖昧にしてしまい「自分に向かない仕事」を選んで苦しむはめに……。

悪循環にはまって、悪口を言われたこともあります。
そんな僕が自己分析を深められたのは、仕事の悩みを「国家資格をもったプロ」に相談したからです。

仕事の悩みやキャリアの悩みって、職場の人や家族に相談しづらいですよね。できたとしても、答えはみんなバラバラ。答えはいつまでも出てきません。

ましてや「仕事ができなくて、パワハラを受けている…..」とは言えないですよね。キャリア相談サービスは、プロによる客観的な視点で「現状判斷と的確なアドバイス」をしてもらえます。

キャリア相談サービスは、下記5つのサポートを受講できるんです。(初回カウンセリングは無料です)

  • 徹底した自己分析ができる
  • 自分の適性がわかる
  • 続く仕事を見つけるキッカケになる
  • 5年・10年後を見越したキャリア設計ができる
  • 転職するべきか、現職に残るか判断ができる

僕はキャリア相談をしたことで、仕事ができない悩みを解決し、自分に向いている仕事・働き方をみつけるキッカケになりました

実際に体験した「リアルな感想」を下記にまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • ポジウィルキャリア ※無料カウンセリングあり。人気NO.1。HSP支援実績あり。迷ったら選びましょう。
  • キャリドラ ※無料カウンセリングあり。TV・SNSで話題。年収アップを目指せる
  • キャリアアップコーチング ※無料面談あり。“最短”で目標を達成できるキャリア支援。書類選考合格率:92%の実績
サービス名
オススメ度
サービスの特徴
就業経験
POSIWILL CAREER
・人気NO.1。迷ったらポジウィル!
・女性受講者が多く、やさしく丁寧な対応
必要
キャリドラ
・TV・SNSで話題のサービス!
・男女ともに“年収アップ”を目指せる
不要
キャリアアップコーチング
・IT業界を目指している方向け
・“ムダ”のない「キャリア設計」ができる
不要

※ スマホでご覧の方は、右スライドで全表示できます。

僕もドキドキしながらはじめてのキャリア相談をしました。「POSIWILL CAREER」はHSPさんのキャリア支援実績があるので、とてもやさしく寄り添ったアドバイスをもらえました。

安心したのか、すぐに緊張がとけてリラックスモード。

今後の働き方を、的確にアドバイスしてもらえたのは大きかったですね。

詳しくは「ポジウィルの評判は?実体験によるリアルな感想【怪しい?】」で深堀りしています。気になるひとは、ぜひご覧ください。


僕が実際に体験したキャリア相談サービス5社の「特徴」を下記でまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

なりたい職業がないフリーターでも、人生終わらない

なりたい職業がないフリーターでも、人生終わらない
フリーター生活が続くと自分が情けなく感じるんですよね。

やりたいことがわからず、ふらふらしている自分に嫌気がさすかもしれません。

しかし、自己分析を深めることであなたの「適性」が見えてきます。

あなたの「なりたい職業」を見つけることで、今まで悩んだ以上の“喜び”がまっていると思います。

あなたのペースで大丈夫です。焦らず、少しづつ、今の状況から一歩ずつ前進していきましょう。