悪口ばかりの職場を辞めるべき3つの理由【人生の時間を大切にしよう】

Work

悪口 職場 辞める

悪口ばかりの職場を辞めたい人「毎日毎日、なぜ人の悪口ばかり言うのだろう、、同調しないと自分が次のターゲットにされそうだし怖いな、、、仕事を辞めてしまいたい…。」

こんなお悩みを解決できる記事を書きました。

本記事の内容

この記事を書いている僕は、会社員歴がトータルで9年ほど。
悪口や陰口ばかりの職場を辞めた経験があります。

悪口が多い職場ってありますよね。

人のことをいつも悪く言っていて、聞いているだけで消耗してしまう、、、

家に帰ってきたらグッタリとなっていないでしょうか?

一緒に、悪口ばかりの職場を辞める方法や対処法を考えていきましょう。

3分ほどで読めますので、是非お付き合いくださいm(__)m

悪口ばかりの職場を辞めるべき3つの理由

悪口ばかりの職場を辞めるべき3つの理由
結論、「悪口」や「陰口」ばかりの職場はあなたを少しずつ蝕みます。

理由は以下のとおりです。

  • 理由:①仕事以外の疲れが大きくなるから
  • 理由:②人生がつまらなくなるから
  • 理由:③人間不信になるから

1つずつ見ていきましょう。

理由:①仕事以外で疲れてしまうから

仕事のことを考えていつも憂鬱になっていませんか?

業務内容が憂鬱なのではなく、「悪口や陰口をまた言われたらどうしよう、、、」と考えてしまう。

もしそうであれば、危険信号だと思います。

本来は、仕事をするための職場なのに、それ以外のことで消耗してしまう。これって、マイナスしか生まないですよね。

失敗が増える

仕事に集中ができない状況が続くので、ミスやトラブルが増えます。

すると、周囲の評価が下がるので"悪口の火種"になりかねません。

過去の僕がそうでした、、

ひたすら負の無限ループにはまり、メンタルを病みました。
» 参考記事:HSPの人が仕事を休むべき理由【僕は真面目で失敗しました】

”揚げ足取り”の餌食になる

気に入らないことがあれば、すぐに揚げ足を取ってくる人がいます。

  • あなたのミス
  • あなたの言動
  • あなたの行動

上記のように、揚げ足を取ってあなたを蔑む人ですね。

たちが悪いことに、あることないことを誇張して言いふらす傾向にあり、余計に疲れます。

まるで、小さな子どもが先生に告げ口するのと同じ。

つまり、関わって良いことは1つもありません、、、

理由:②人生がつまらなくなるから

人生がつまらなくなるから
悪口を言われ続けると、自己肯定感が低くなります。

自分はダメな人間と感じてしまうからです。

心が常に休まらないので、疲労感が抜けません。心と体は連動しています。

プライベートな時間が楽しくない

これまで楽しめていた趣味などが楽しくない、、そう感じていませんか?

「疲れているから」って思うかもですが、頭の片隅では常に仕事を引きずっていると思います。

上記の状況が続くと、まるで破れた袋のように「心の栄養」が抜けてしまいます。

理由:③人間不信になるから

悪口や陰口が多い職場だと、人間不信になりがちです。

“信用できる人が1人もいない”そう感じてしまいますよね。

「この人なら信用できる」と思っていたら、実はその人が裏で悪口を言っていた、、

上記のような状況を目のあたりにしたことがあります。

悪口がはびこった職場は、あなたを少しずつ蝕み、貴重でたいせつな時間を奪いかねません。

人を変えることはできない

結論、自分以外の人を変えることはできません。

悪口や陰口があたり前になった人を変えることは難しいです。というか、無理でした。実体験をとおして痛感しています。

そこに注力するより、あなたが変わってしまう方が早い。

つまり、自分を変えることは可能です。
思い切って仕事を辞めるはアリだと思います。

なお、「仕事を辞めたあとが不安だな」って方は、【HSP】仕事を辞めたい。心の声に素直になろう【辞めた未来も解説】の後半にて、各種免除申請など、退職後の手続きについて書いています。ぜひ参考にしてみてください。

悪口が多い職場への3つの対処法

悪口が多い職場への3つの対処法
「仕事を辞めるってほどではないけど、どうにか対処していきたい」そう考える方もいると思います。

僕も、過去に同じような気持ちで向き合ったことがあります。なので、実際に効果があった悪口への対処法をご紹介します。

悪口への対処法

  • 対処法①:悪口を言う人の心理を理解する
  • 対処法②:”いわれのないこと”なら毅然としておく
  • 対処法③:あまりに度が過ぎているなら信頼できる上司に報告

相手の心理を理解しつつ、現実的な対処をしていくことでうまく悪口を回避できます。

詳しく深堀りしていきましょう。

対処法①:悪口を言う人の心理を理解する

とくに効果的なのが、「悪口を言う人の心理を理解する」です。

下記をご覧ください。

上記のとおりで、悪口を言う人の本質だと思います。

つまり、弱い人間だということを自ら公言しているようなものであり、”気の毒な人”ということが理解できます。

幸せな人は意地悪をしない

おそらく、プライベートでも、「悪口があたり前」になっている人は心が満たされていないはず。

少し想像してみてください。あなたが喜びに満ちているときって、人に意地悪をしようとは思わないですよね。

心が満たされているのなら、悪口や意地悪をする必要はありません。

ここが理解できると、悪口を言う人が気の毒になり、かわすことができます。

対処法②:”いわれのないこと”なら毅然としておく

あることないことを誇張して言いふらす人はいます。

繰りかえしですが、これって小学生が先生に告げ口するのと同じですよね。

もし、該当するなら改めるべきですが、そうでないなら毅然としておきましょう。

そこで動揺すると面白がってエスカレートしていく可能性があります。少し疲れますが、無視するくらいで丁度いいですよ。

対処法③:あまりに度が過ぎなら信頼できる上司に報告

現実的な対処法であり、なにより効果的です。あれこれ対処しても改善しないことはあります。

陰湿な人たちは悪口や意地悪をやめません。

ならば、信頼できる上司に報告しましょう。現状のありのままを伝えて改善を促す。

仕事である以上、余程のモンスターでない限り聞き入れるしかないです。

下手に逆らえば、その人の会社での評価は下がるからです。

信頼できる人を見つける

悪口ばかりの職場だと、難しいかもしれません。

しかし、「信頼できる同僚や上司」がひとりでもいたら仕事のモチベーションは保てます

シンドイときに相談できるのはやはり心強いです。

仕事を辞めるための5つの手順

仕事を辞めるための5つの手順
どんなに頑張っても改善しないものは改善しません。

結論は、「辞める」の1択。

悪口などの悪意に耐え続け、すり減っていくのはあなたが辛いだけです。

思い切って環境を変えてみましょう。

3つの手順

  • 手順①:自己分析をする
  • 手順②:仕事を探す
  • 手順③:仕事を辞める

上記のとおり、至ってシンプルです。とはいえ、多くの人がつまずきやすいポイントでもあります。

手順①:自己分析をする

仕事探しの最重要ポイントです。

ここを曖昧にしたりミスると、「自分に合わない仕事」を選ぶはめに。

自己分析して自分が得意なことを探していきましょう。

なお、自己分析の際は、「嫌なものリスト」を作るのがおすすめです。詳細は、HSPの人が仕事の探し方で失敗しない3つの手順【もう仕事で苦しまない】にて解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

手順②:仕事を探す

自己分析がおわったら、実際に仕事探しです。

とはいえ、今の職種とまったく違うジャンルを選ぶとなると不安になりますよね。

働きながら転職活動をする場合も負担が大きくなると思います。

徹底的な自己分析と仕事探しをしよう

控えめに言って、向いていない仕事を選ぶとかなりシンドイです。

仕事のやる気は出ませんし、なにより自己肯定感や人生の喜びが下がり続けます。

上記を回避するためにも、自己分析は侮れません。

あなたの実現したい将来から逆算して、“後悔しない人生”を生きるためのサポートサービスがあります。

SIWILL CAREER(ポジウィルキャリア)は、「自己分析」や「転職活動のサポート」が得られるサービスです。

  • 自己分析
  • キャリア設計(=人生の相談)
  • 転職サポート

上記3つを徹底的に向き合いつつ、プロの優れた分析力で、一緒に理想の暮らしを考えていくサービスです。
無料相談が可能ですので、まずは気軽に相談してみましょう。

手順③:仕事を辞める

次の仕事が決まれば、仕事を辞めるフェーズです。

あとは社長や周囲の人に伝えるだけですね。

稀に「どこに行っても同じ」とか「どうせ続かない」などと言う人がいます。しかし、なにか言われたとしても気にする必要はないですよ。

もうここまでくれば感情は必要なく、辞めることに集中しましょう。

有給があれば、すべて消化してしまいましょう。

やめたいけど辞められない

会社が辞めさせてくれない、あるいは、心が疲れ果ててもう何もしたくない。

そんな状況の方もいると思います。

結論は、今すぐ逃げようです。あなたの人生を縛ったり、貴重な人生の時間を潰される必要はないからです。

仕事を早急にやめるための方法に関しては、合わない会社はさっさと辞めてしまおう【人生の時間は有限】にて詳しく深堀りしているので参考にしてみて下さい。

「石の上にも三年」は気にしなくていい

就職したら、まずは3年は続けようという考え方があります。

しかし、悪口が多い職場環境で、「石の上にも三年」は長すぎです。もはや苦行と言えるレベル。

やばい、、、っと思ったら舵を取り直しましょう。

悪口ばかりの職場で得られる学びは、悪口を言わない「反面教師」と、「忍耐」くらいです。

あなたのたいせつな時間が無くなるリスクの方が大きいので、淡々と別の道を探していきましょう。

転職支援サービス無料相談リンク