仕事をズル休みしてもいい?【悪用厳禁:休みつつ、適性を見直そう】

仕事の悩み

仕事ズル休みしてもいい

仕事をズル休みしたい人「仕事に行きたくないので会社を休みたい…。ズル休みするとバレるのかな?休むときの理由ってどうするんだろう?罪悪感はあるけど、ズル休みをしたことがある人の意見が聞きたいです。」

上記のお悩みに答えます。

この記事を書いている僕は、会社員歴が10年ほど。

過去、あまりに仕事に行きたくなかったので「ズル休み」を頻繁にしていたダメ人間です。

誰しも一度は「仕事に行きたくない」と思った方は多いはず。やり過ぎはよくありませんが、1日くらい休んでも問題ないですよ。

ズル休みをする方法から、ズル休みを「したいと思わなくなる方法」までを解説しました。ぜひ最後まで、ゆっくりご覧ください。

この記事の目次

仕事をズル休みしてもいい?【結論:休みつつ、適性を見直そう】

仕事をズル休みしてもいい?【結論:休みつつ、適性を見直そう】
結論は、ズル休みするのもありです。「社会人としてズル休みってどうなの?]と思うかもしれません。

「ズル休みをしたい」と思うほど、仕事に疲れているのであれば思い切って休みましょう。

仕事に疲れたのなら、ゆっくり休もう

あなたは「仕事を休みたくない」と思っている真面目な人なのかもしれません。「ズル休みなんてしたくないけど、心身ともに限界だから休みたい…」と思っていませんか?

そんなときは、心に従ってまずはゆっくり休んでくださいね。そもそも「ズル休み」ではないですよ。

心のSOSを受け入れましょう。無理をして心を病んでしまっては元も子もありません。

他の人に迷惑がかかるという「罪悪感」

仕事を休めない理由として「罪悪感」が強いと休みづらいですよね。自分が休むことで周囲の人に迷惑がかかると感じてしまいます。

でも、ちょっと待ってください。本来、会社はひとり欠員が出たとしても回るのがあたり前です。

迷惑を掛けるのは「お互い様」です。後で一言謝っておけばOK。

必要以上に罪悪感を持たないでくださいね。心の不調を放っておくことの方がいちばん良くないです。

ズル休みをしたい理由は何ですか?

上記の3つです。何れにせよ、シンドイと感じる仕事を見直さないと現状は続くと思います。

理由①:仕事が嫌過ぎて行きたくないから

仕事が嫌になると、その気がなくても突発的に仕事を休んでしまうことがあります。

まずは「仕事が嫌と感じる理由」を自己分析してみましょう。言語化することで対策が明確になります。

なお、自己分析の方法は「こちら」で深掘りしています。

理由②:仕事の人間関係がつらいから

仕事の人間関係は選べません。合わない人と擦り合わせるのは、正直ストレスですよね。

「塵も積もれば山となる」と同じです。仕事なのでうまく合わせようと思うかもですが、家に帰り着く頃には、ぐったり疲れ果てていませんか?

ある意味「ズル休みしてでも、会社を休みたい」と思うのは自然な気持ちですよ。

理由③:仕事がめんどくさくて休みたいから

とくに仕事が嫌なわけでも、人間関係がシンドイわけでもく、ズル休みをしたいと考えてしまう。根っからのめんどくさがりな人は、ズル休みをしたいと頻繁に考えがちです。

僕もそのうちの1人でした。働き方そのものを見直す必要があり、本人が「やる気」を持てる仕事を見つけることが解決策に繋がります。

仕事をズル休みする人の3つの特徴

仕事をズル休みする人の特徴は下記の3つだと思います。 

  • 特徴①:仕事に行きたくないから休んだ
  • 特徴②:転職活動をしているから休んだ
  • 特徴③:休みのない仕事で疲れている

上記のとおりです。繰り返しですが、心身ともに限界に近い状態なら、休みましょう。それはズル休みではないからです。

あなたが「新人」なら、ストレスは溜まりやすい

あなたが「新人」なら、ストレスが溜まりやすい状態です。仕事を覚えたり環境に慣れるだけでも大変です。

  • 高圧的な上司や先輩
  • あなたに適していない社風
  • 理想とは違う仕事内容

上記にストレスを感じていないですか?仕事なのである程度の我慢も必用です。

ズル休みしたいと考えてしまうのなら「別の道」を視野に入れたほうが最短で解決できると思います。

仕事をズル休みして実際どうだった?

僕はなんども仕事をズル休みした経験があります。実際にズル休みをして感じたことは「こんなに簡単に休めるんだ」ということでした。

まぁ、以前の職場がとてもゆるかったのもあります。ズル休みがバレることもないです。

失敗談あり:休み過ぎに注意しよう

あたり前ですが、休みすぎに注意しましょう。明確な理由がない限り、休みが増えると人間関係が悪くなり「信頼」もなくなります。

さらに「休みグセ」が付きますので、ズル休みを繰り返すんですよね。

ダメ人間まっしぐらです。そうなる前に、ズル休みしたいと思ってしまう理由を本気で考えましょう。

以上が、僕の失敗談でした。

仕事をズル休みしてもバレない3つの方法とは【悪用厳禁】

仕事をズル休みしてもバレない3つの方法とは【悪用厳禁】
長い人生です。たまには休んでも問題ないです。

しかし、何度も繰り返しますが「休みグセ」が付くと社会的信用がなくなります。使いすぎに注意しましょう。

仕事をズル休みしても、会社にバレない方法は下記です。

上記の方法を守れば、ズル休みをしても会社にバレることはありません。

それでは1つずつ見ていきましょう。

方法①:必ず「電話」で休みの連絡を入れる

必ず「電話」で休みの連絡を入れましょう。無断欠勤は、絶対NGです。

コツは「端的に」「申し訳無さそうに」伝えるのがポイント。できれば、責任者や社長に伝えるようにしましょう。

方法②:絶対に外に出ない

ズル休みをしたのなら、家で大人しくしておきましょう。迂闊に外出して、どこで目撃されるとも限りません。

意外と世間は狭いものです。家にいれば、誰かに見られるリスクはゼロです。

方法③:SNSやLINEなどは使わない

あたり前ですが、Twitterやインスタグラムで会社の人とつながってりるなら、絶対に更新してはいけません。

たまに、外に遊びにいっている様子を更新する人がいますが、自爆行為です。バレたら信頼を一発でなくします。

仕事をズル休みする頻度ってどのくらいが良いの?

結論は、数ヶ月に1回です。あまりに欠勤が多いと「やる気がない人」と見なされます。

多くても、2ヶ月に1回に程度にとどめましょう。

仕事をズル休みするときの「欠勤理由」を解説

欠勤理由も大切です。具体的な理由がないと怪しまれますし、大げさすぎると診断書を要求されます。

  • 体調が悪いことを理由にする
  • 有給をうまく使う
  • 家族の緊急の用事をつくる
  • 転職活動を公にして休む
  • 引っ越しの段取りを理由にする

上記のとおりです。ポイントは「明確に理由を伝える」です。とくに今のご時世、体調が悪いことを理由にしやすいはず。

分かりやすい理由はすぐにバレますが、あらゆる要素をうまく組み合わせつつ、休む理由をつくりましょう。

仕事をズル休みするメリット・デメリット

仕事をズル休みするメリット・デメリットは下記をご覧ください。

メリット ①:休みたいときに休める
②:普段できないことができる
③:転職活動を進められる
④:心身ともにゆっくりできる
⑤:有給であれば、休みつつお金も入る
デメリット ①:休むための労力がかかりすぎる
②:休み終わりに憂鬱になる
③:休みグセが付く

上記のとおりです。休んでいる間は気持ちは楽になりますが、一時のこと。ズル休みをしても「嫌な仕事」から逃れることはできません。

つまり、ズル休みをしても本質的な解決にならないので注意点しましょう。

仕事でズル休みをしないたった1つの方法

仕事でズル休みをしないたった1つの方法
どうせなら、ズル休みをしなくても良い仕事をしたいですよね。

休むことを忘れるくらい、仕事に夢中になれるのが理想です。あなたに「適性」のある仕事は必ずあります。

結論:自己分析をしてあなたの「適性」を理解しよう

自己分析を深めることが、あなたに最適な仕事を見つけるたった1つの方法です。

あなたの向き不向きを徹底的に考え、あなたが心から充実した仕事をできる環境を導き出す。これが最適解となります。

会社に行きたくないからズル休みをするしかない

今働いている仕事は、自己分析しない「何となく…」で決めていませんか?

あなたの適性にそぐわない仕事は、会社に行きたくない原因につながります。

  • あなたに合わない会社
  • 仕事そのもが適していない
  • 苦手としていることを仕事にしている

上記は、仕事が嫌になるポイントです。ズル休みに直結するんですよね。僕がそうでした。

仕事を休みたくても休めない

あまりに激務すぎて、まともに休みすら取れない。そんな会社も存在します。

休みすらまともに取れない会社ははっきり言ってヤバイです。

すぐに他の会社を視野に入れましょう。仕事に振り回される人生ほど虚しいものはありません。

自己分析を深めて、あなたに最適なキャリアをつくろう

あなたの適性を知り、理想の働き方を得るためにも「自己分析」は必須です。

とはいえ、自己分析はとても難しいです。カンタンではありませんし、正直めんどうだと思います。

キャリアの「プロ」に相談してみよう

自己分析を幼少期から振り返り、あなたに最適なキャリアを設計する「プロ」がいます。

キャリアコーチングは、国家資格を有した専門家が、あなたの自己分析を徹底的にサポートします。

キャリアを整えることで、

  • ズル休みをしなくて良い
  • 充実した仕事を手に入れる
  • 最適な仕事で年収も上がる

自己分析とキャリア設計で、上記のような未来が掴めます。詳しくは下記で解説をしていますので、気になるひとは、ぜひご覧ください。
» キャリア・転職相談サービスおすすめ5選!【実体験から徹底比較】

最重要は、心の安定です

ストレスは、あなたの心を少しづつ蝕みます。限界を迎えて、病むくらいならズル休みをしたほうがまだマシです。

ズル休みをしつつ、あなたに最適な仕事をみつけていきましょう。

適した仕事を見つけることで、ズル休みをしたいという発想すらなくなるはず。

自己分析を徹底することで道は開けます。一緒に、理想のキャリアを作り上げましょう。