【仕事が怖い30代のあなたへ】3つの克服法を元ポンコツ社員が熱弁!

30代 仕事 怖い
  • 仕事で大きなミスをした
  • 人間関係がうまくいかない
  • ずっと無職で再就職が不安

30代で仕事の能力不足を感じると、周囲から「仕事ができない人」のレッテルを貼られ、後輩からもナメられます。

自己肯定感はどんどん下がり、空回りを連発!

余計なミスやトラブルを招き、悪循環にはまりかねません……。

ミチサガシ

筆者は仕事の能力不足から「ポンコツ」と呼ばれていました。

とはいえ、どんなに仕事が怖くても、食べていくために仕事からは逃げられないですよね。

本記事では「仕事が怖く感じる原因」、「仕事が怖くなくなる対処法」を紹介します。

結論から言うと「仕事が怖いときの克服法」は以下のとおりです。

30代 仕事 怖い 克服法
目次
ミチサガシ
キャリアブロガー
HSP気質の在宅ワーカー。キャリア相談サービスを5社以上受講し、働き方を見直すキッカケに。ワークスタイルを改善した経験から、仕事の悩み・キャリア迷子を解消するための発信をしています。

30代で仕事が怖く感じる5つの原因

30代 仕事 怖い 原因

「仕事で怖い」と感じるのは必ず原因があります。

まずは、原因を一つひとつ言語化していきましょう。

5つの原因

能力不足だから

仕事が怖く感じる原因として「能力不足」が考えられます。

厚生労働省の調査(2014年)によると、労働者の能力不足に直面している企業割合の国際比較は81.0%とダントツで高い割合です。

労働者の能力不足に直面している企業割合の国際比較について

労働者の能力不足に直面している企業割合の国際比較について

労働者の能力不足に直面している企業割合の国際比較について|厚生労働省

仕事の能力不足を招く原因は以下のとおりです。

  • 努力不足
  • 集中できてない
  • 周りの能力が高い
  • 教える人がいない
  • 仕事が向いてない

毎日のように仕事で怒られていませんか?

自己肯定感が下がり、仕事への恐怖に直結します。

怖い上司がいるから

仕事の人間関係は選べません。

あなたと上司・同僚の相性が悪いと、ストレスの種が増えます。

ミチサガシ

あからさまに威圧的な言動や行動をとる人っていますよね。

ところ構わず怒鳴り散らしたり、横暴な行動をとる人がいるだけで萎縮の原因になります。

ブラック企業にいたから

前職で務めていた会社がブラック企業で働いていた方は、過去のトラウマから仕事が怖く感じる可能性があります。

  • パワハラを受けていた
  • 休日出勤
  • サービス残業
  • 異常なノルマ

女性は上記に加え、セクハラで苦しんだ過去を持つ方もいます。

劣悪な職場で働き続けると、積もるストレスは計り知れません。

精神的苦痛が大きい方ほど、新しい環境でもかつてのトラウマを思い出し、仕事の恐怖感につながります。

無職が続いたから

フリータや無職の期間が長くなり、仕事が怖くなる30代は多いです。

前職のトラウマが原因でメンタルを壊すと、社会復帰に時間がかかります。

ミチサガシ

筆者も1年くらい無職だったときがあり、仕事が怖くて仕方ありませんでした。

「また同じことを繰り返すかも」「仕事についていけるか不安だな」という考えが脳裏をよぎり、行動ができなくなります。

ポンコツ社員で仕事ができないから

仕事のミスは誰でもします。ですが、何度も同じミスをするとポンコツ扱いを受けます。

  • 怒られ続ける
  • 冷遇される
  • 信用を失う

自信がなく、いつもオドオドしていませんか?

ミチサガシ

やることすべてが不安になり、身動きが取れなくなるんですよね

仕事ができない→怒られる→自信がなくなる→ミスをする

上記のような負のスパイラルにはまると、仕事が怖くなります。

30代で仕事が怖いときの克服法3選

30代 仕事 怖い 克服法

仕事が怖くなくなるため克服法は以下のとおりです。

3つの克服法

一つずつくわしく見ていきましょう。

向き不向きを見直そう

あなたに向かない仕事は、仕事の覚えが悪くなります。

なかなか仕事が身に付かないので、指摘を受け続けるはめに。職場環境(社風)によっては、覚えの悪さが原因でパワハラの引き金になることもあります。

怖いと感じる今の仕事があなたに向いているか」この一点を徹底的に振り返てみてください。

向いてない仕事の可能性もあり、現状を打破するキッカケになります。

「ポンコツ」を言語化しよう

仕事のミスを連発し、自分のことを「ポンコツ社員」と考えてしまう気持は痛いほどよくわかります。

ですが問題は「どんなところがポンコツなのかを見つめ直すこと」です。

ここを曖昧にすると仕事の恐怖から抜けられません。

  • 仕事の報連相ができない
  • 仕事の欠勤・早退が多い
  • 仕事の指示待ちが多い
  • 仕事の期日が守れない
  • 仕事のミスを繰り返す

「ポンコツの言語化」をすることで、自分の向き不向きが表面化します。

ミチサガシ

今の仕事が不向きで「あなたの良さ」が活かしきれていないかもしれません!

30代向けキャリア相談を受けよう

仕事が怖く、今後の仕事を見直したいときは「キャリアのプロ」に相談してみてください。

とくに30代の方は転職活動がスムーズに進みません。時間をムダにせず、徹底的な自己分析をすることで「仕事が怖い原因」が明確になります。

ミチサガシ

かくいう筆者も30代になってからキャリア相談を受けました!

結果は「仕事のモヤモヤ」がすっきり晴れ、自分に向いてる仕事を見つけるキッカケになりました。

キャリア相談でできること
  • あなたの強みがわかる
  • 本当にやりたい仕事が明確になる
  • あなたに合う企業・職種がわかる
  • あなたに合う働き方がわかる
  • 独立・在宅ワークの相談ができる
  • 転職成功や年収アップを目指せる
  • 転職する・現職に残るかの判断ができる

「仕事が怖い」という現状をありのまま相談し、幼少期まで遡る自己分析をとおしてベストなキャリア選択をしましょう。

30代のキャリア相談はこちら

「あるべき」を壊し、あなたの強み・向いてる仕事が明確になる キャリアのパーソナル・トレーニング。

「30代で仕事が怖い」に関するよくあるお悩み

「30代で仕事が怖い」に関するよくあるお悩みをまとめました。

今の30代はおかしい?

結論はおかしくありません。世代間による認識の違いがありますし「生き方」に正解はありません。

働き方も多様になり「こうあるべき」という価値観は今後通用しません。「人に迷惑をかけない」という前提さえ守っているなら、自由に生き、やりたい仕事・働き方を目指しましょう。

30代の中途は使えない?

あなたに向いた仕事なら、中途だろうと活躍できます。逆に「向かない仕事」を選んでしまうと思うような結果は得られません。あなたの向き不向きを徹底的に見つめ直しましょう。

30代で仕事に行き詰まりを感じる原因は?

仕事に行き詰まりを感じる原因は以下のとおりです。

  • 仕事が身に付かない
  • いつまでも結果が出せない
  • 人間関係がうまくいかない
  • 疲れが溜まっている
  • 仕事が向いてない

まずは、行き詰まりを感じる原因を言語化してみてください。難しい場合は、キャリアのプロに相談することで確実な対処法がわかります。くわしくは「30代向けキャリア相談を受けよう」で紹介しています。

【仕事が怖い30代のあなたへ】3つの克服法を元ポンコツ社員が熱弁!まとめ

「仕事が怖い」ときは、怖い原因を一つひとつ言語化してみましょう。

5つの原因

仕事が怖い原因がわかると、効果的な克服法が見えてきます。

3つの克服法

あなたに向かない仕事は「仕事ができない原因」につながり、結果的にあなたの信用がなくなります。

何れにせよ、仕事が怖いと感じるのは現状を見直すサインです。

ミチサガシ

この機を活かし、いまの仕事を振り返ってみてくださいね。

⇧ 目次へ戻る

30代 仕事 怖い

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の著者

ミチサガシのアバター ミチサガシ キャリアブロガー

HSP気質の在宅ワーカー|会社員としての働き方が合わず、暗黒の10年間を過ごす➜ストレスが高じて“不安神経症”に➜キャリア相談サービスを5社以上受講し、働き方を見直すキッカケに|年収アップ・ワークスタイルを改善した経験から、仕事の悩みやキャリア迷子を解消するための発信をしています。

コメント

コメントする

目次