WooAudio WA8を徹底レビュー【真空管アンプの極み】

Woo Audio

こんにちは、ミヤ( @yo_ta2202)です。

突然ですが、Woo Audioというメーカーをご存知でしょうか?

アメリカのヘッドホンアンプメーカーで、とくに「真空管アンプ」の作りこみが抜群に良いです。
  • WA8ってどんなアンプなの?
  • WA8の音質が知りたい!
  • WA8の全体像が知りたい!

こんな疑問を解決できる記事を書きました。

タップできるもくじ

この記事を書いている僕は、WooAudio WA8の使用歴が約3年ほど。
WA22を使い、極上の真空管ライフを過ごしています。

自身のInstagramアカウントでWoo Audio(@wooaudio)と交流をしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Woo Audio(@wooaudio)がシェアした投稿


この記事でご紹介する、『WooAudio WA8の音質』を読めば、日本でレビューされていない「WA8 eclipseのリアルな音質」がわかります。

なお、早くWA8の音質が知りたい方は、[WooAudio WA8の音質]をタップすると飛ぶことができます。

WooAudio WA8 eclipseを徹底レビュー【真空管アンプの極み】

WooAudio WA8 eclipseを徹底レビュー【真空管アンプの極み】
結論、WooAudio WA8は最高ランクの真空管アンプです。

「ちょっと言いすぎじゃない?」って思われるかもですが、最高ランクと考える理由は下記のとおりです。

  • 真空管のみで増幅ができる
  • オール三極管構成
  • A級動作
  • ディスクリート構成
  • DACチップとS/Nが優秀

上記のとおり。

難しい言葉が出てきていますが、WA8の魅力を1つずつ解説していきます。

真空管のみで増幅ができる

真空管のみで増幅ができる数少ない真空管アンプです。
さらっと書きましたが、ここが最大のポイント。

半導体に頼らず、「真空管のみ」で増幅ができるポータブル真空管アンプってほぼありません。

ほとんどのポタアンは、半導体と真空管のハイブリッドアンプになります。

つまり、純粋な真空管アンプではないんです。

オール三極管構成

WooAudio WA8
三極管は、真空管(ガラスの中)に3つの電極があるものを指します。

真空管には「直進性」というものがあります。
直進性がまっすぐ、垂直であるほど、真空管アンプの音は良くなる傾向です。

とはいえ、直進性が悪ければ音が悪くなかというと一概には言えません。

「歪」が倍音となり、美音のように聴こえる真空管も存在するからです。
そこが、真空管のおもしろいところですね。

A級動作

なんだか、響きのいい用語ですが、要は歪が少ないアンプという意味です。

三極管は高出力が出せません。

出力を犠牲にする代わりに、真空管の増幅カーブのまっすぐな美味しいところをつかっています。

つまり、三極管の美しい響きにつながります。

ディスクリート構成

アンプの回路に、ひとつひとつ異なる部品が使われているという意味です。

つまり、安価な集積回路(IC)をつかわずオーディオ用の高品質パーツでカスタマイズできるということ。

WA8を聴いてみると、明らかに、高音質パーツで構成されているのが伝わってきます。

なお、WA8は分解できないように注意書きがあります。
分解するとサポートが受けられませんので注意しましょう。

WooAudio WA8の音質

WooAudio WA8の音質
ここからは、WA8の音質をレビューしていきます。
ほかの真空管ポタアンとは次元が違いますので、詳しく見ていきましょう。

DAC:オーディオファイルグレード

WA8のDACは『ES9018K2M』が採用されています。

ハイレゾ音楽再生24ビット、384kHz PCM、および最大DSD128まで対応。

WA8単独でも、ハイエンドオーディオが鳴らす、厚みのあるサウンドを楽しめます。

S/Nが非常に優秀

WA8はノイズらいしいものを感じさせません。無音状態で音量を上げても、まるで無音です。

真空管アンプ特有のマイクロフォニックノイズ(キーンというノイズ)も皆無。

ほかの真空管ポタアンでは体感できないような静粛性です。

WA8とContinental Dual Monoを比較

WA8とContinental Dual Monoを比較
比較するのは、ALO audio『Continental Dual Mono』

洗練されたデザイン性、ガラス越しに見える真空管は、マニア心をくすぐります。

裏ブタのネジを外せば、真空管も交換できたため、かなり良質なアンプでした。

僕も長い間、愛用していました。

結論:比較になりません

WA8の圧勝です。

WA8の前では、Continental Dual Monoの音が、スカスカに聴こえます。

まるで、ラジオと聴き比べをしているかのような、、そのくらい差があります。

決定的な違い:真空管稼働率

WA8とContinental Dual Monoの決定的な差は、真空管の稼働率にあります。

先述しましたが、WA8はオール三極管構成で、文字どおり真空管率100%。

一方、Continental Dual Monoは、たったの5v程度しか真空管のプレートに電圧がかかっていません。

要は、出力段をオペアンプ(半導体)で補っており、この時点で、両者のサウンドには大きな違いが生じます。

高解像度で”音が厚い”

これまでの真空管ポタアンのイメージは下記のとおりです。

  • 温かみのあるウォーム系の音
  • 残響間がある
  • 音の広がりは狭い

純粋な真空管アンプであるWA8はむしろその逆を行きます。

WA8の印象は下記をご覧ください。

  • 高解像度
  • 音に厚みがある
  • 口元の近い艶のあるヴォーカル域
  • 低音域が弾ける
  • ヘッドホンを鳴らし切る

上記のとおり。半導体アンプとは、「異なる音色」なのがとにかく面白いです。

ポータブル真空管アンプの極み

WA8

WA8のインピーダンス変換は、アウトプットトランスを使用しており、オペアンプも使っていません。

なんと、上記をふくめた回路構成は、据え置きタイプの『WooAudio WA22』とほぼ同じです。

ここまで高品質な真空管ポタアンはWA8以外に存在しません。

据え置きにより近い音質を、ポータブルで持ち運べる”真空管ポタアン”は、WA8だけです。


※WA8の取扱店は、フジヤエービックのみです。
いつ取り扱い停止になるか分かりませんので、気になる方はこの機会にどうぞ。

Woo Audio WA8のメリット・デメリット

メリット ・真空管率100%の純粋な真空管アンプ
・据置きアンプに匹敵する真空管サウンド
・高解像度かつ、ダンピングの効いた低音域
・ポータブルでも、据え置き級のサウンドが楽しめる
・ヘッドホンを強力に鳴らし切る
デメリット ・重いのでポータブルには覚悟がいる
・発熱がそこそこある
・バッテリーの持続が短い
・取り扱いはフジヤエービックのみ

ヘッドホンを鳴らし切る

ヘッドホンを鳴らし切る
WA8の特出すべきポイントは、ポタアンサイズで「ヘッドホンを鳴らし切ること」です。

例えば、Focal Utopia。

スペック的にUtopiaは、決して鳴らしにくいことはありません。ただ、ドライバーの性能を発揮させづらいです。

要は、つなぐポタアンにすべてが掛かっており、据え置きに劣らないサウンドをWA8は叩き出します。

なお、Focal Utopiaについては、Focal Utopiaを徹底レビュー【結論:神ヘッドホン】にて音質レビューしていますので、興味のある方はご覧ください。

ポータブルならFocal Stellia

WA8はポータブルとして持ち出せます。

外でヘッドホンをお使いならば、Focal Stelliaが最高です。密閉型かつ、スピーカーサウンドを体感できます。

WA8とStelliaの組み合わせは、まさに鬼に金棒。

なお、Focal Stelliaに関しては、Focal Stelliaを徹底レビュー【脱・ヘッドホン沼】にて深掘りしていますので、是非ご覧ください。

WA8はバッテリー持続時間が短い

繰り返しですが、ポータブルでも最高の音質をWA8では楽しめます。

とはいえ、WA8はかなりバッテリーの持続が4時間と短いです。

外で使うなら、これは致命的。
長時間はもちろん、充電を忘れると、すぐにバッテリー切れます、、

上記は、WA8最大のデメリットだと思います。

外で使うなら、バッテリー残量に注意しましょう。

WA8の概要を解説

WooAudio WA8
WA8のスペックを見ていきましょう。

WA8 eclipseのスペック

  • 製品名 / WA8 eclipse
  • 真空管 / サブミニチュア管×3本(出力管:6S31B×2,ドライバー管:6021×1)
  • DAC / ES9018K2M(ハイレゾ再生24bit/384kHz PCM、および最大DSD128)
  • サイズ / 170mm x 92mm x 43mm
  • 重量 / 1.1kg
  • 入力端子 : USB -B端子 x 1, 3.5mmアナログ入力端子 x 1
  • 出力端子 : 6.3mm/3.5mm
  • リチウムイオン充電池(連続再生 約4時間)
  • カラー / Black・Space Gray・Gold

Woo Audio WA8のメリット・デメリット

メリット ・真空管率100%の純粋な真空管アンプ
・据置きアンプに匹敵する真空管サウンド
・高解像度かつ、ダンピングの効いた低音域
・ポータブルでも、据え置き級のサウンドが楽しめる
・ヘッドホンを強力に鳴らし切る
デメリット ・重いのでポータブルには覚悟がいる
・発熱がそこそこある
・バッテリーの持続が短い
・取り扱いはフジヤエービックのみ

WA8 Eclipse」は半導体を使わずに増幅ができる”純粋な真空管アンプ”になります。

内容物をご紹介していきます。

WA8のシンプルながら高級感ただよう元箱になります。

箱を開けるとWA8の入った専用ケース、説明書、各種ケーブルが入っています。

WA8を納めるケースと本体。
専用ケースには分厚いクッション材が敷かれているので耐久性が高いです。

USB -C端子 to USB -B端子のケーブル、ACアダプター、取扱説明書。

以上が内容物になります。

WA8の接続方法

プレイヤーやDAC、ヘッドホンなどへの接続方法は下記のとおりです。

ウォークマン、DAC等の接続法

  • ①USB -B端子を使って接続
  • ②Line inからアナログ接続

ヘッドホン・イヤホンを接続

  • ①3.5mmステレオミニ端子
  • ②6.3mm標準ステレオ端子

上記のとおり、接続方法はポータブル・据え置きの両方に対応しています。

Woo Audio WA8はこんな人におすすめ

真空管アンプの導入をこれから考えている人、もしくは真空管アンプの音に満足できていない人にWoo Audio WA8はおすすめです。

真空管の音を純粋に楽しみたいなら、WA8を買って失敗がありません。

WA8の恩恵は、接続したヘッドホンを強力にドライブします。つまり、「鳴らしくい」と感じるヘッドホンと相性がいいです。

繰り返しですが、WA8は真空管のみで音を増幅する「本当の真空管アンプ」
ポータブルにも対応しているので、きっと満足できるはず。

外でも、ご家庭でも、最高の真空管サウンドをともに楽しみましょう。

WooAudio WA8 eclipse 購入リンク

  • WooAudio WA8 eclipse 258,000円 ※WA8の取扱店は、フジヤエービックのみです。取り扱い停止になる前にどうぞ。

Woo Audio WA8のメリット・デメリット

メリット ・真空管率100%の純粋な真空管アンプ
・据置きアンプに匹敵する真空管サウンド
・高解像度かつ、ダンピングの効いた低音域
・ポータブルでも、据え置き級のサウンドが楽しめる
・ヘッドホンを強力に鳴らし切る
デメリット ・重いのでポータブルには覚悟がいる
・発熱がそこそこある
・バッテリーの持続が短い
・取り扱いはフジヤエービックのみ