【真空管の交換】音が変わる3つの理由【100本交換した結果】

真空管

真空管 交換 音

真空管の交換で音が変わるのか知りたい人「真空管の交換で音が変わるって果たして本当なのだろうか?いろんな種類の真空管があるけど音に違いはあるのかな。具体的な音の特徴も知りたい。」

このような疑問に答えていきます。

この記事を書いている僕は真空管アンプの使用歴が5年以上。
真空管の総保有数が100本ほどです。

現在はWoo Audio 「WA22」,「WA8」という純粋な真空管アンプを使って、真空管サウンドを楽しんでいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yosuke(@yo_ta2202)がシェアした投稿


真空管を交換すると「音が良くなる」と言われてきました。

とはいえ、ハッキリとした根拠もなく、ちょっとオカルトじみた話に聞こえますよね。

真空管のより詳しい音質、音が変化する理由をまとめました。

この記事の目次

【真空管の交換】音が変わる3つの理由

【真空管の交換】音が変わる3つの理由
結論、真空管を交換することで音は変わります。

真空管の全盛期につくられた「ビンテージ管」はその傾向が強いです。

理由としては下記のとおりです。

理由①:製造工場や製造年式による個体差

真空管 製造
ビンテージ真空管は、製造工場や製造年式で音が微妙に変わってきます。

なぜなら、同じメーカーの真空管でも「別工場」で作られていたり、年代によっては「内部構造」が変更されているからです。

具体例:SONOTONE真空管

たとえば、「Sonotone」というアメリカの真空管メーカーがあります。

真空管ラベルを見ると「Made in USA」のほかに「Made in Holland」、「Made in England」「Made in Germany」などの表示が見て取れます。

Sonotone 5Y3G(GZ30)
上記の写真は、アメリカ本国で作られた「5Y3G」真空管。
Sonotone GZ34(5AR4)
同じSonotoneでも上記は英国「Mullard」製造の5AR4(GZ34)真空管。

つまり、アメリカの自社工場だけではなく、他社メーカーの真空管を採用していたのが確認できます。

真空管のロゴやパッケージはSonotoneでも、中身は他社の真空管と言えます。

他社製の真空管ということは、その時点で出てくる音にも違いが出てくるわけです。

OEM真空管はわりと多い

OEMは各メーカーで行われていました。

具体例は下記のとおりです。

  • 相互OEM①:Amperex,Mullard,Valvo,Brimar(Philips傘下のメーカーどうしで供給していた)
  • 相互OEM②:Raytheon,松下,Tomson,CSF
有名どころだとRCA,GE,Sonotone,Westinghose...なども相互OEMをしていたようです。

競合間でもOEMが行われていたようで面白ですね。

より明確な情報は不明ですが、数多くのメーカーがOEMをしていたのは事実です。

理由②:各国のメーカーが有する技術力の差

メーカーの技術力も関係してきます。
真空管の製造方法は、メーカーによって違うのでその差も音質に影響しています。

具体例:6080(6AS7)真空管 ※動画は音量注意


上記はBendix 6080とgec6080真空管の比較動画です。

  • マイカ板が3倍近くブ厚い
  • ガッチリした耐久性の高い造り
  • サポートピンの補強がまるで違う
  • プレート素材がカーボングラファイト
  • ゲッターが通常より多く散布されている
  • 鳴らした際、ハム音やノイズが全くない

内部構造だけで、これだけの違いがあります。

全体的な強度の向上、ノイズを感じさせない「静粛性」は音質面への影響大です。

理由③:真空管の使用目的で作りが変わるから

技術面を深掘りすると、真空管には「民生用」と「軍用」があります。

民生用

民生用は、一般でも入手可能。主にラジオなどに使用されていました。
通常仕様の真空管ですね。

球数も多く、現在でもわりと見かけます。

軍用

一方、軍用目的につくられた真空管を軍用管と呼びます。

軍の要求・用途に合わせて設計がされており、振動・衝撃対策、長寿命対策が施されていました。

強化パーツを組み込んだ真空管といったイメージです。

真空管の性能によって音が変わる理由

真空管の性能によって音が変わる理由
基本的に、メーカーが違っても「同じ名称の真空管」であれば、出てきた音に大きな違いは感じません。

たとえば、6111という名称の真空管なら、他社であっても規格が同じなので大差はないです。

高信頼管

しかし、その中には「高信頼管」と呼ばれる真空管であれば、音の変化はあります。

高信頼管を製造していた知名度の高いメーカーは下記のとおりです。

  • 高信頼管①:RCA→Premium
  • 高信頼管②:GE→5STAR
  • 高信頼管③:Sylvania→Gold brand

真空管マニアには有名どころのメーカーです。

当時、上記の3社は軍に採用されるために、しのぎを削って高信頼管を生み出していました。

中でもGE「5STAR管」は格別だと個人的に体感しています。

GE(General Electric) 5STAR真空管

GE(General Electric) 5STAR真空管
パッケージと真空管に”5つ星”の印刷がされていますが、それが5STAR管の証。

5STARはGE真空管の最上級グレードのことです。

専用のラインで限られた熟練工が高品質パーツでくみ上げたという記録が残っています。
GE 5STAR
厳しい検査にパスしたものだけに「5STAR」の称号が与えられました。

当時の価格も5STAR管は非常に高価だったそうです。

軍用管と高信頼管について

軍用管・高信頼管はそれぞれで少し意味合いが違います。

  • 軍用管→振動や長寿命対策など軍の要望にあわせて作られた
  • 高信頼管→1950~1960年代頃に激化した真空管メーカーどうしの競争で誕生

といっても、両者ともに最高ランクの真空管だと言えます。

【高音質】真空管の音を3つのメーカーで解説

【高音質】真空管の音を3つのメーカーで解説
ここまでは真空管の性能面について解説をしてきました。

僕は普段、Woo Audio WA22でビンテージ真空管を楽しんでいます。

聴いていく中で、特に高音質に感じた真空管メーカーは下記のとおり。

  • その①:M.O.Valve
  • その②:Bendix
  • その③:Western Electric

上記3社はズバ抜けていると思います。※お使いの真空管アンプにより、搭載できる真空管は変わります。参考までに読んでいただけると幸いですm(__)m

M.O.Valve社(Marconi-Osram Valve Co. Ltd.)

M.O.Valve
ヨーロッパの真空管ブランドです。

g.e.c・Osram・Marconiの各ブランド名のパッケージは人気です。

ロゴやブランド名は違いますが、中身は同じです。
M.O.Valve 2
ヨーロッパ球らしく、パッケージのデザインや「真空管の美しさ」にまで個性がこめられた数少ないメーカー。

そのサウンドは美音傾向で、甘く切ないヴォーカル域が響きわたります。

Osram Marconi
現代的なHI-FIな鳴りではなく、音楽性豊かでリアルなサウンドを奏でます。

Bendix

Bendix
知る人ぞ知る、超ハイスペックなアメリカの真空管メーカー。

情報自体が少なく、真空管の貴重性も非常に高いです。
Bendix 6385
というのも、Bendixは民生用真空管をつくらず、軍用に特化した真空管を製造していたようです。

Bendixの技術力はトップレベル

トップレベルというより、おそらくNO1だと思います。

なぜなら、他社とは一線を画する製造方法だから。

ノイズというノイズをまったく発しません。静粛性が高く、出てくる音は厚みがありパワフル。

一見、普通の真空管のように見えますが内部構造が特殊なんです。

Bendix RedBunk
マイカの厚み、サポートピンの太さ、ゲッターの散布量。
どれをとっても普通の6080とは明らかに違います。

とくにプレート素材に「カーボングラファイト」とよばれる素材を採用しています。

Western Electric

Western Electric
三極管・300Bで有名ですね。多くの真空管マニアが愛するWestern Electric。

世界一高音質な真空管となります。

Western Electricが高音質な理由

結論は、真空管の最終形態かつ、直進性が非常に高い真空管だからです。

どんな真空管も、音質だけならWestern Electricには勝てません。

一聴してすぐ気づくレベルで超高音質です。

ビンテージ真空管は入手困難

とはいえ、上記3つのメーカーは入手が困難です。

Western Electricは市場に溢れていますが、音が良い1940~1960年代の球はかなり減ってきました、、

高音質な真空管を入手するためには、小まめなリサーチが必要となります。

なお、ビンテージ真空管を入手する際は、真空管試験機などで測定されたものを選ぶ必要があります。
真空管を測定する必要性については、真空管の交換時期を見極める3つのこと【100本交換したマニアが語る】で深堀りしていますので是非ご覧ください。


» 真空管の交換方法に関してはこちら

今回は以上となります。

音が良い真空管に関しては、Woo audio WA22を中心にご紹介をしました。

結論は、真空管を交換することで音は良くなります。

繰り返しですが、試験機で測定されていない真空管には注意して下さいm(__)m