【Focal Utopia】ハイエンドリケーブルをレビュー【3+1選】

FOCAL

Focal Utopiaに合うリケーブルを知りたい人「Focal Utopiaにおすすめのリケーブルが知りたいなぁ。線材別のレビューが知りたい!実際にUtopiaのリケーブルをしている人の意見が聞きたいな。」

このような疑問に答えていきます。

この記事を書いている僕は、Focal 「Utopia」ヘッドホンの使用歴が4年以上。

Foca Utopiaにリケーブルをして、極上の音質を楽しんでいます。
» 参考記事:「Focal Utopiaを徹底レビュー【結論:神ヘッドホン】」

Focal Utopiaにおすすめなハイエンドケーブルを試しましたので、その結果をまとめています。

結論は、想像以上に「リケーブルの恩恵を得られた」です。

というより、、Utopiaが化けました。

3分ほどで読めますので、Utopiaのリケーブルをお考えの方はぜひ最後までお付き合い下さい。

この記事の目次

【Focal Utopia】ハイエンドリケーブルをレビュー【3+1選】

【Focal Utopia】ハイエンドリケーブルをレビュー【3+1選】
Focal Utopiaと相性のいいリケーブルは下記のとおりです。

  • オススメ①:銀メッキ銅線+銅線32本編みケーブル
  • オススメ③:金メッキ+純銀線16本編みケーブル
  • オススメ②:4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル

上記のとおり。なお、おすすめしたリケーブルに関しては、「Focal Stellia」でも使用しており、下記で解説しています。
» 参考記事:「Focal Stelliaにオススメのリケーブル3選【純正ケーブルでもOK】」

それでは1つずつ見ていきましょう。

オススメ①:銀メッキ銅線+銅線32本編みケーブル

銀メッキ銅線+銅線32本編みケーブル
高純度銀メッキ(PCOCC)×16本、単結晶状高純度無酸素銅(PCOCC)×16本=32本によるハイエンドケーブルです。

Utopiaの低音域が「バン」から「ドン」に変わり、全体的に音の情報量が増すイメージ。

リケーブルなのに、まるでアンプを追加したかのような変化で、とてもエネルギッシュです。

これぞハイエンドケーブルと感じざるを得ません。なお、線径に関しては約8mmと極太です。太いですが、しなやかなので取り回しは良好。リスニングの邪魔になりませんので快適に音楽を楽しめます。

銀メッキ銅線+銅線32本編みケーブルのメリッット・デメリット

銀メッキ銅線+銅線32本編みケーブル
メリッット ・高域にキレがある
・一聴して「音質変化」を体感できる
・全音域でパワー感が増す
デメリット ・線材の色が少し派手
・価格が5万円~と決してコスパは良くない

上記のとおり、リケーブルをした恩恵を大いに得られます。
またUtopiaとの相性も抜群。

まず失敗することがないので、「迷ったらこれ!」っと言えるケーブルです。

オススメ②:金メッキ+純銀線16本編みケーブル

金メッキ+純銀線16本編みケーブル
上には上がいるもので、 「銀メッキ銅線+銅線32本編みケーブル」を凌駕するハイエンドケーブルが「金メッキ+純銀線16本編みケーブル」です。

金メッキ+純銀線16本編みケーブルの特徴

金メッキ+純銀線16本編みケーブル
「金メッキ+純銀線16本編みケーブル」は、情報量の多さはもちろん、純銀線による明るくキレの良いサウンドが特徴です。

仕様は下記のとおりです。

  • 仕様①:線径の太さ:約9mm
  • 仕様②:より線1本の太さ:約1.2mm(0.14mmの太い芯線の計7本構成)
  • 仕様③:4N純銀線+金メッキの16本構成

上記のとおり。なお、一般的に、銀線は細い「より線」を使うと高域しか出なくなります。

しかし、トータル9mmにも及ぶ太さはそんなイメージを覆しました。低域がしっかりでており、タイトでダンピングが効いています。

Focal Utopiaは元来、エッジのある高解像度なサウンドですが、「金メッキ+純銀線16本編みケーブル」を使うことで、さらに研ぎ澄まされるイメージ。

高音域は決して刺さることはなく、きれいに伸び切ります。銀線なのに「豊かな低音域」に驚くと思います。

金メッキ+純銀線16本編みケーブルのメリッット・デメリット

メリッット ・音に立体感がある
・高域はきれいに伸び切る
・低音域は弾けるように「ドン」と沈む
・線材とUtopiaの外観がマッチしている
デメリット ・10万円超えでかなり高価
・オーダーメイド品で入手が困難

ぶっちゃけ、リケーブルではありえない高価格、、です。

とはいえ、価格以上の音質変化を「Utopia」にもたらしてくれます。
» オーダーはこちら

オススメ②:4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル

4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル
「4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル」は、Focal Utopiaに"最適なリケーブル"だと感じました。
理由は下記のとおり。

  • 理由①:音数が多く、情報量が多い
  • 理由②:圧倒的な解像度と透明感
  • 理由③:低音域はスピーディーかつ、深みがある

上記のとおりで、Focal Utopiaの特性と非常にマッチしています。

足りない音域を補い合うのではなく、相乗効果でUtopiaのサウンドが昇華するイメージです。

音源をよりピュアに再現するため、とても繊細な音質変化を楽しめます。

具体例:ハイレゾ音源

趣味でアナログレコードの音源を「ハイレゾ化」しています。

音源編集ソフトはフリーのものから、有料ツールまですべて駆使。
仕上がりに関しては、正直大きな違いを感じたことがありません。

とはいえ、両者のソフトで仕上げた音源を「4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル」で聴くと明確な差がありました。

言うまでもなく、有料ツールの圧勝です。

無料ツールは、音楽が「モタっ」としたような、窮屈さを感じるんです。しかし、有料ツールはサウンドステージが広大かつ、音数も多い印象。

つまり、Utopiaと「4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル」の相性の良さが際立った瞬間でした。

Semi-Litz構造

4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル
「Semi-Litz構造」が採用されています。
具体的な特性は下記をご覧ください。

  • 周波数特性の劣化がない
  • 線材間の「歪」が基本的に発生しない
  • ケーブルが長いほど「差」は明確になる

上記のとおり。リッツ構造は、1コアあたり10本の芯線で、その1本1本が被覆されています。

つまり、16本編みなので計160本もの芯線を丁寧に被覆されています。

裸線によるお互いの接触がないため、信号の歪もありません。

「ピュアな音」を再現できる唯一のケーブルではないでしょうか。

4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブルのメリット・デメリット

メリッット ・中音域がとにかくリアル。ヴォーカルは生々しい
・高域はピュアできれいに伸び切る
・低音域はタイトで深みがある
・雑味がなく歪のない信号伝達
デメリット ・10万円超えでかなり高価
・オーダーメイド品で入手が困難
金メッキ+純銀線16本編みケーブルといい勝負

「Utopia」との相性がよく、完璧に鳴らし切ることができます。

「金メッキ+純銀線16本編みケーブル」と「4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル」はかなりいい勝負をします。

個人的には下記の使用例が合うと思います。

  • 使用例①:金メッキ+純銀線16本編みケーブル➜Focal Stellia
  • 使用例②:4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル➜Focal Utopia

それぞれの音楽環境も関係しますので、正解はありません。
しかし、上記の組み合わせが最適だと感じました。

なお、価格やその他の仕様は「金メッキ+純銀線16本編みケーブル」と共に同じなので、まさに究極のリケーブルです。

詳しくは下記で解説します。

入力端子:Acrorink XLR4ピン

Acrorink XLR4ピン
ヘッドホン入力端子はXLR4ピン、Acrorink製の豪華仕様。
下記の仕様に変更も可能です。

  • その①:3極6.3mm標準プラグ
  • その②:3極6.3mm標準プラグ
  • その③:4.4mm 5極バランス

上記の3種類です。

出力端子:LEMOカーボンコネクター

LEMOカーボンコネクター
ヘッドホン側入力端子は堅牢性のある「LEMOコネクター」

特注品ですので、コネクターパーツに「カーボン素材」がカスタマイズされています。

Utopiaとの統一性もあるので、美しい仕上がり。

今回、ご紹介したリケーブルは完全なオーダーメイド品となります。当ブログ(ミヤブログ)にて受注可能です。

あえて価格の公開をしていません

ここまで読んだ方で「価格が知りたい!」と思ったはずです。

すみません。怪しいと思われるかもですが、あえて価格の公開をしていません。

というのも、今回ご紹介したFocal Stellia・Utopia用のリケーブルの完成度は高く「本当に聴いてみたい人だけ」に使っていただきたいからです。

敷居は高いですが、Focal Utopiaの良さを極限まで高めてくれます。

Focal Utopia用リケーブル【お申込みフォーム】」からオーダーをお願いいたいします。

Focal Stelliaよりも線材の音色を体感できる

Focal Utopiaは、音楽環境による音質変化、音源、リケーブルの変化をもろに再現します。

つまり、線材の微妙な違いを「繊細に描き出す」ため、ケーブル選びはこだわる必要があります。

ぶっちゃけ、リケーブルによる音質変化はオカルト的だという意見があります。しかし、Focalヘッドホンに関してはその思考は捨てましょう。

論より証拠で、「明確な音質変化」を体感できるからです。

【番外編】:銀メッキ銅線

銀メッキ銅線
ちょっと特殊で参考にならないかもですが、「SilverRunning」に特別に作って頂いたオリジナルケーブルをご紹介します。

SilverRunning製、「PLATINUM SIGNATURE」と同等の線材になります。

特注ケーブルの仕様

特注ケーブルの仕様
仕様は下記のとおりです。

  • 仕様①:銀メッキ(特殊クライオ処理)銅線
  • 仕様②:NeutrikのXLR4ピン
  • 仕様③:制振効果があるインシュレーター付き

オリジナル性があるケーブルで、非常に高音域がキラキラしたような印象です。

いわゆる、銀線らしい音の特徴です。

高音域はきれいです。しかし、、低音の迫力に欠け、ちょっと物足りない印象ですね、、、

まさに「好き嫌いが別れるサウンド」といった印象。

以上が番外編でした。
他にもオススメなリケーブルがありましたら、「お問い合わせ」からお気軽に教えていただければ幸いです🙇

Focal Utopiaをリケーブルする2つの理由

Focal Utopiaをリケーブルする2つの理由
Focal Utopiaをリケーブルする理由は下記のとおりです。

  • 理由①:Focal Utopiaは鳴らしにくい
  • 理由②:Focal Utopiaで線材の「良さ」を楽しめる

1つずつ深掘りしていきましょう。

理由①:Focal Utopiaは鳴らしにくい

Focal Utopia「本来のパフォーマンス」を発揮させるのにはコツが必要です。

それは、ドライバーユニットの性能をうまく引き出せるかにかかっています。

つまりアンプの駆動力です。

そして、「ケーブル」ですね。
ケーブル1つでも「音色」が変化することは先述したとおり。

「Utopia」を鳴らし切るためにもリケーブルは重要な要素となります。

理由②:Focal Utopiaで線材の「良さ」を楽しめる

音楽環境や音源にいたるまで、すべてを描き出すのがFocal Utopiaの魅力です。

ケーブルの音色や、機材の性能を余すことなく再現できるので「ケーブルを変える楽しみ」ができます。

ぶっちゃけ、他のヘッドホンでリケーブルの音色を明確に楽しむことはムズカシイはず、、

「え、こんなに音が変わるの?」というレベルの音質変化を、ケーブル1つで楽しめるのはFocal Utopiaだけだと思います。

今回ご紹介したケーブル以外にも、ケーブルは存在します。いろいろ変えつつ、Focal Utopiaを共に楽しみましょう。

  • オススメ①:銀メッキ銅線+銅線32本編みケーブル
  • オススメ③:金メッキ+純銀線16本編みケーブル
  • オススメ②:4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル

繰り返しになりますが、上記のケーブルはすべてオーダーメイド品となります。
音質に関しては、現段階で最強レベルですので、気になる方は「Focal Utopia用リケーブル【お申込みフォーム】」よりご連絡下さい。