純銀線の音質【結論:線材の太さで決まる】

AUDIO

こんにちは、ミヤ( @yo_ta2202)です。

純銀線

リケーブルやオーディオの配線材で魅惑の存在感をはなっていますね。

なぜか一度は使ってみたくなるケーブルです。

とはいえ、「高域が強調されすぎる」という感想もよく耳にするし、挑戦するには敷居が高い。

興味はあるけどためらってしまう。

そんな悩みを解決するべく、イヤホンやヘッドホン、XLRバランスケーブルを純銀線に変えて実際に試してみました。

純銀線の音質」について深掘りしていきます。

・純銀線の音質が知りたい
・純銀線と相性のいいイヤホン・ヘッドホンが知りたい

こんな疑問を解決できる記事を書きました。

本記事の内容

  • 純銀線の音質【結論:線材の太さで決まる】
  • 純銀線(金メッキ)と相性のいいイヤホン・ヘッドホンをご紹介

この記事を書いている僕は、純銀線をオーディオ機材やイヤホン・ヘッドホンに惜しみなく取り入れています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yosuke(@yo_ta2202)がシェアした投稿

この記事でご紹介する『銀メッキ銅線と純銀線の音質差を比較』を読めば、
純銀線の詳細な音質』がわかりますよ。

なぜなら、自身の使っているオーディオ機器の随所で「純銀線」を使っているからです。
そしてその威力を身をもって体感しています。

まずはざっくり「純銀線の音質【結論:線材の太さで決まる】」の概要から話すので、『純銀線の音質』が気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

純銀線の音質【結論:線材の太さで決まる】

純銀線

純銀線の音質は線径の太さで決まってきます。

理由は以下のとおりです

  • 理由①:細い線径だと高域過多で低域がやせがちになる
  • 理由②:XLRケーブルなど、太い線径になるほど純銀線の恩恵がある
  • 理由③:純銀線+金メッキが最強

とはいえ、純銀線の音質はかなり好き嫌いが別れる領域ですね。

細い線径だと高域過多で低域がやせがちになる

正直な感想ですが、線径の細い純銀線ほど高域が強調されます。

一般的に言われるような「高域がキラキラする」といったイメージ。
また、低音域がかなりやせる傾向にあります。

太めの線径になるほど純銀線の恩恵がある

オヤイデAR-910

高域過多なイメージが強い純銀線ですが、太い線径になると音質傾向がかわります。

というより「こんなに音の印象かわるの?」ってレベルでよくなりました。

わかりやすかったのが、XLRケーブルです。

僕は真空管アンプとDACをつなぐXLRバランスケーブルに「オヤイデAR-910」を使っています。
それまでは安い銅線のものを使っていたので、なおのこと音質の変化に驚きました。

1.05mmの太めの5N純銀が2本も芯線として使われているので、
音の純度が高く、まるで雑味を感じさせないピュアなサウンドです。
※5N=純度(99.9995%)

イヤホンやヘッドホンも純銀線の恩恵がある

イヤホンやヘッドホンでも純銀線の恩恵は体感できます。
編み込みをしてギリギリまで太くした純銀線であれば音が見違えますよ。

低音域もやせるどころか、深く沈み込む濃厚な推しです。

高音域もキラキラ感というより、透明度が高く、きれいに伸びきる印象ですね。

純銀線+金メッキが最強

純銀線だけでもかなりの音質ですが、さらに「金メッキ」をコーティングした線材もあります。

» NOBUNAGA Labs「NOBUNAGA Labs 16芯純銀 金メッキケーブルシリーズ」

などですね。

純銀線+金メッキの音質

結論、純銀線+金メッキの音質は、「リケーブルの頂点に君臨する
そう言い切っていいほどに音が良くなりました。

純銀の美しい高音域はそのままに、解像度、透明感がかなり増します。

さらに驚くべき点は、音の情報量の多さです。
これまで聴こえていなかった音の輪郭といいますか、音の個性が細かなところまで聴きとれる。
そんなイメージです。

リケーブルをしただけなのに、まるで「ハイエンドなアンプ」を使ってるかのような音の厚み。
そんな音質変化を体験できます。

純銀線+金メッキと線径の太さ

純銀線+金メッキがなぜ音質が劇的に良くなるのか。
その秘密は、配線材と編み込まれたトータル的な太さにあります。

約1.2mmの芯線を16本も編み込まれているので、「圧倒的サウンド」へと昇華します。

純銀線のデメリットである低音域ですら、痩せるどころかスピードとタイトさを保ちつつ、深くズンッと沈み込みます。

僕はこれまで、イヤホンやヘッドホンに純銀線を使った音質があまり好みではありませんでした。
しかし、「純銀線+金メッキ」を聴いてからは考えを改めましたね。

すぐ気づけるほどに、音質の違いを体感できたからです。

純銀線(金メッキ)と相性のいいイヤホン・ヘッドホンをご紹介

純銀線(金メッキ)と相性のいいイヤホン・ヘッドホンをご紹介

純度の高い4N純銀と金メッキの組み合わせは、リケーブル対応機種であれば、そのすべてで恩恵を得られるのではないかというレベル。

純銀線(金メッキ)と相性が良く、僕が聴いたなかで、圧倒的なサウンドを叩き出した「イヤホン」や「ヘッドホン」をご紹介していきたいと思います。

純銀線(金メッキ)と相性のいいおすすめ「イヤホン」

基本的にはハイエンド機種であれば、音質の変化は一聴してすぐ気づけます。

おすすめのイヤホンは以下のとおり。

  • イヤホン①:SHURE SEシリーズ
  • イヤホン②:カスタムIEM(Unique Melody)

偏りが極端で申しわけないです。

結論、SHUREのイヤホンとUnique MelodyのカスタムIEMが異常ともいえる音質変化でした。</b
SHURE SEシリーズ

長らくSHUREの愛用者だったので、リケーブルもあれこれ試していました。
SE535はもちろん、とくにSE846の音質変化はいい意味でヤバいです。

純正のままでも十分にいい音ですが、純銀ケーブルに変えることでフラットな音質に輝きが生まれます。

「キラキラ」したという意味ではなく、澄んだ音像とパワフルな低音域が耳の中で押し寄せる。
そんなイメージです。

SE846は音質のニュアンスをフィルターを選択することが可能です。

「純銀線+金メッキ」で聴くなら、ブルーの標準フィルターをおすすめします。
純正のままだと、パッと聴いた最初の印象は「モアっ」として、眠い音。

が、純銀ケーブルに変えることで本来のサウンドを奏でだします。

カスタムIEM(Unique Melody)

カスタムIEM(Unique Melody)

カスタムIMEクラスとなれば、より純銀ケーブルの良さに気付けますね。
そのなかでもUnique Melody「MASONⅡ」と純銀ケーブルの相性が凄まじい。

もともと、MASONⅡはライブ会場などの独特の空気感を再現するのが得意な機種。
独特の広い音場が特徴ですね。

MASONⅡに純銀ケーブルをあわせると、より立体的に、生々しい音の空間を再現します。

広い音場に立体感が加わるので、ライブ会場を疑似体験できますよ。
マルチドライバーならではの音数の多さはもちろん、解像度もより伸び切る。
弱点の低音域も、質が高いタイトでキレのある質感へ変化します。

以上が、純銀線+金メッキと相性がいいイヤホンでした。

純銀線+金メッキと相性がいいおすすめの「ヘッドホン」

純銀線+金メッキと相性がいいおすすめの「ヘッドホン」

続いて相性のいいヘッドホンです。
これに関しては答えが一択でして、当ブログ(ミヤブログ)で何度も登場している「Focal製」のヘッドホンになります。

以前は、finalやULTRA ZONEなども聴いていましたが、Focalヘッドホンの前には歯が立ちません。

また、純銀線+金メッキケーブル+Focalヘッドホンの掛け合いで、もはやスピーカーといっても過言ではない音質へと変化します。

トータルバランス

イヤホン、ヘッドホン、プレーヤーなど、再生環境にはトータル的な相性があります。
環境によっては純銀線+金メッキの音質が際立ちにくい可能性も。

とはいえ、イヤホンとプレーヤー直刺しだけでも音の変化がわかるので失敗はないと思います。

純銀線の音質のまとめ

今回は、『純銀線の音質』について書きました。

まとめると

・線径の細い純銀線では高域が際立つだけ
・イヤホン、ヘッドホンに使うなら編み込みケーブルを使う
・純銀線+金メッキが最強

人によって好みが別れる線材ではありますが、上記のポイントは純銀線が生きてきます。

今回は以上となります。

それでは、ミヤ( @yo_ta2202)でした。

純銀線+金メッキケーブル購入リンク

最後に純銀線+金メッキケーブルの購入リンクを置いておきますね。
サクッと入手して、最高のリケーブル体験をしてみて下さい。