【ヘッドホンとスピーカー】音が良いのはどっち?【事実】

ヘッドホン

ヘッドホン スピーカー どっち

ヘッドホンとスピーカーの音質差で悩んでいる人「ヘッドホンとスピーカーではどちらが音が良いのだろう?実際に聴いている人の意見を聞きたいな。おすすめのヘッドホンやスピーカーも知りたい!」

こんな疑問を解決できる記事を書きました。

タップできるもくじ

この記事を書いている僕は、7.1chのホームシアターを組んでおり、普段はヘッドホンをメインに音楽を楽しんでいます。


オーディオが趣味になると、ヘッドホンとスピーカーの”音質差”が気になってきますよね。
とはいえ、ヘッドホンとスピーカーの聴き比べをする機会は少ないはず。

両者の特徴から音質までを比較しましたので、参考にしていただけると幸いです。

ヘッドホンとスピーカー!音が良いのはどっち!?

ヘッドホンとスピーカーで音が良いのはどっち?
結論は、「音の好み」で変わるです。
スイマセン。しかし、これが本音です。

理由は以下のとおり

音の特徴

  • ヘッドホン→音を細部まで楽しみたい、音楽に集中したい
  • スピーカー→音の立体感やリアリティのある音質を聴きたい

上記のとおりです。
1つずつ見ていきましょう。

音楽に集中したい:ヘッドホン

ヘッドホンは耳元からダイレクトに音楽を楽しめます。

つまり、スピーカーでは意識できないような「音の細部」や「音をとにかく楽しむ」といった観点からはヘッドホンが最適です。

ステレオを楽しめる

ヘッドホンは音源の左右チャンネルをきっちり分けての視聴が可能です。

スピーカーは距離をとって音楽を聴きますよね。音楽を聴く場所によっては、片側に偏ったり、左右のチャンネルが混ざって聴こえることも。

ヘッドホンは遮音性が高く、なにより音楽に集中できます。

とはいえ、耳元に近い分、音の閉塞感は否めません。音がこもりやすいため、どうしてもある程度のハイエンド機種を目指す必要があります。

音の立体感がほしい:スピーカー

スピーカー最大のメリットは、音の立体感にあります。

音のリアルな表現に関しては、スピーカーが圧倒的です。

録音時の空気感や、ライブ音源の再現性はスピーカーに軍配が上がります。

場所を選ぶ

「いい音」を気軽に楽しむならスピーカーが有利です。

ただし、スピーカーは場所を選ぶ必要があり、そこが最大のデメリット、、、

そもそも、スピーカーで音楽鳴らすためにはマンションやアパートでは厳しいですよね。

鳴らせたとしても音を絞る必要があり、心から楽しめません、、また物理的なサイズの問題もあるため、場所を選びます。

スピーカーはどうしても「環境に余裕がある人向け」となりがちです。

可能性はある

ちなみに、僕はスピーカーシステムを組んでいます。
一軒家のような環境が整っているかといえば、そんな事はありません。

1LDKのマンションに導入をしています。角部屋かつ、コンクリート製、隣や上下に誰もいない部屋を探しました。

マジかよ、、、と思うかもですが、「音楽を楽しみたい」が勝ちました。笑
ここまでしなくても、時間帯を考えたり爆音を鳴らさなければスピーカーの選択肢はアリだと思います。

音の特徴から選ぼう

上記を踏まえつつ、ヘッドホンとスピーカーを選んでみましょう。

そもそもですが、ヘッドホンとスピーカーは比較しない方がいいと思っています。

なぜなら、物理的な大きさや鳴らし方が両者で違うから。

なお、ヘッドホンとスピーカーの違いについては、ヘッドホンがスピーカーに勝てないって本当?【勝てないことはない】で深堀りしているので参考にどうぞ。

コスパがいいのはスピーカー

ぶっちゃけ、コスパが良いのはスピーカーだと思います。

2chステレオであれば、3万円もあればそこそこの音質は楽しめます。(ガチ勢の方を除いて...)

ぱっと聴いて、音のリアルさや生々しさは、ヘッドホンがどんなに頑張っても到達は難しいです。

繰りかえしですが、ヘッドホンとスピーカーは別物。
それぞれの音の特徴から選びましょう。

安いスピーカーはあまり良くない

これは余談ですが、あまりに安いスピーカーや古い中古品を選んでしまうと音が歪みます。

わかりやすい例は、ボリュームを上げた際にビリビリ割れてしまう現象ですね。

上記は、ヘッドホンやイヤホンも同じだと思います。
» 参考記事:イヤホンからビリビリ音が鳴る5つの原因【快適に聴くための秘訣も公開】

ヘッドホンの沼は深い

一方、ヘッドホンに音質を求めると高確率で沼にハマります。
より「いい音」を目指したくなるからです。

まぁ、オーディオ全般そうですが、とにかく沼が深い、、、😭

一度ヘッドホン沼に入れば、湯水のごとく諭吉さんが財布から消えます。

つまり、気づいたころには、相当な金額を掛けている可能性があるため、スピーカーを買った方がはるかにコスパが良くなるわけです。

おすすめのスピーカーとヘッドホンをご紹介

おすすめのスピーカーとヘッドホンをご紹介
僕が実際に使用して良かったスピーカー、ヘッドホンをご紹介します。
結論は、下記のとおりです

  • ヘッドホン:Focal Utopia 約40万円
  • スピーカー:SONY SS-F6000 約3万円

極端すぎですね。というか、狂っています。
しかし、ヘッドホンに音質を求めた結果でもあります。

スピーカー:SONY SS-F6000

SONY SS-F6000
個人的には十分満足しています。
主張しすぎない外観でインテリアとしても楽しめます。

SONY SS-F6000を選んだ理由は、ホームシアターを軸にしつつ、低コストでシアターセットを揃えられるから。

センター、サイド、リア、ウーファーそのすべてを同シリーズで統一が可能。

ハイエンドではありませんが、お手頃な価格でわりと高音質。満足度も高いです。

なお、すでに生産完了モデルですので入手が厳しいです。後継機が出ており、デザインはブラックに変わりますが、現在も低コストで入手可能です。

ヘッドホン:Focal Utopia

Focal Utopia
僕はヘッドホンに力を入れており、たどり着いた果がFocal Utopiaでした。
Focal Utopiaを選んだ理由は、立体感のあるサウンドをヘッドホンで実現したかったからです。

ぶっちゃけ、これまでは「ヘッドホンの音」があまり好きではなかったです。

ヘッドホンの宿命といいますか、こもったような音質が苦手でした。

スピーカーの音質をヘッドホンに求める

ヘッドホンとスピーカーは別物だと先述しました。
しかし、ヘッドホンであっても、立体感のあるサウンドは限りなく実現可能です。

もちろん、厳密にはスピーカーの鳴り方とはちがいます。それでも、ヘッドホンでありながら、スピーカーのようなサウンドをFocal Utopiaは再生します。

現在は、ほとんどスピーカーを使っていません。音楽を楽しむならFocal Utopia一択です。

なお、Focal Utopiaの詳しいレビューについては、Focal Utopiaを徹底レビュー【結論:神ヘッドホン】にて解説していますので是非ご覧ください。

好みを選ぼう

最後にまとめをして、今回の記事を終えようと思います。
まずは、ヘッドホンとスピーカーの音質の特徴を振り返りましょう。

音の特徴

  • ヘッドホン→音を細部まで楽しみたい、音楽に集中したい
  • スピーカー→音の立体感やリアリティのある音質を聴きたい

上記を踏まえつつ、僕がおすすめするヘッドホン・スピーカーは下記のとおりです。

オススメのヘッドホン・スピーカー

  • ヘッドホン:Focal Utopia 約40万円
  • スピーカー:SONY SS-F6000 約3万円

SONY SS-F6000(※後継機SS-CS3)はスピーカーのわりにコスパが良く、低単価なのに高音質が視聴可能。

ヘッドホンに関しては、「音の細かい表現」や「音の質感」をダイレクトに楽しめます。

なお、ヘッドホンにスピーカーのような音質を求めるのならFocal Utopiaが圧倒的におすすめです。

ヘッドホンとスピーカー選びの参考になれば幸いです。

良きオーディオライフをお過ごし下さい(`・ω・´)ゞ