仕事を辞めたいけど何がしたいかわからない【3つの対処法と辞めるべきサインを紹介】

仕事辞めたいけど何がしたいかわからない アイキャッチ画像
  • 仕事を辞めたいけど何がしたいか分からない
  • やりたい仕事はどうやったら見つかるの?
  • 仕事を辞めるべきサインを見極めたい!

これといったスキルがなく、やりたい仕事もない状態は歯がゆいですよね。

ミチサガシ

とはいえ生活がかかっていますし、そう簡単に仕事を辞められません……。

今後の見通しが立たず「何がしたいかわからない」状態ならなおのこと。

ですが、必ず現状を打破する方法はあります。

やりたい仕事が見つからないときの対処法を一緒に考えていきましょう。

注意喚起!

仕事を辞めたい焦りから、いきなり転職エージェントに相談するのはやめましょう

あなたの「向き不向き」を見極めないと転職に失敗しかねません。

転職を前提とせず“本当にやりたい仕事”をキャリアのプロと一緒に考えられるサポートがあります。

オンライン簡潔なので、気軽に「仕事のモヤモヤ」を相談してみてください。

  1. ポジウィルキャリア
    【公式】https://posiwill.jp
    ➜今の仕事がもうイヤだけどなかなか動けない人におすすめ!あなたの「強み」と「向いてる仕事」を明確にできる徹底的なサポート
  2. キャリドラ
    【公式】https://careerdrive.jp
    ➜あなたの市場価値を高め「確実な転職」を目指せる。“稼ぐ”に特化した転職支援が得意!
  3. マジキャリ
    【公式】https://majicari.com
    ➜転職ノウハウに強く、転職を軸にしたキャリア支援が得意。求職者目線で「求職者のキャリア」を第一に考えるサービス

あなたの『仕事のモヤモヤ』を解消できる強力なサポート|初回完全無料

目次

ミチサガシ
キャリアブロガー
HSP気質の在宅ワーカー。キャリア相談サービスを5社以上受講し、働き方を見直すキッカケに。ワークスタイルを改善した経験から、仕事の悩み・キャリア迷子を解消するための発信をしています。

仕事辞めたいけど「何がしたいかわからない」3つの対処法

仕事辞めたいけど「何がしたいかわからない」3つの対処法

「したい仕事がわからない」ときは、“焦る気持ち”を極力減らしましょう。

焦ることで目が曇るからです。

ミチサガシ

正しい判断ができなくなりますので「心の余裕」を保つようにしてくださいね。

3つの対処法

幼い頃を思い出してみよう

やりたい仕事を見つける一つのヒントとして「小さい頃」を思い出してみましょう。

具体的には、下記をご覧ください。

幼い頃の好きなもの例
  • 砂場で遊ぶのが好きだった
  • ものを作るのが好きだった
  • 絵を書くのが好きだった

あなたが小さい頃、時間を忘れ、夢中になったことを思い出してみましょう。

小さい頃は「自分の好きなこと」を純粋に選べます。

つまり「これをしたら嫌われるかも」「自分にはムリ」といった偏見の感情からわりと自由ですよね。

ミチサガシ

幼い頃は、好きなことに夢中になれます!

その中に「あなたの才能」が眠っている可能性があります。

あなたの強み・得意なことを確実に見つける方法とは

嫌なものリストを書いてみよう

したい仕事がわからないときは「逆算」をしてみましょう。

あなたの人生から除外したい“嫌なものリスト”を書き出すと答えが見えてきます。

僕の具体例は下記をご覧ください。

嫌なものリストの例

  • 電話対応が苦手
  • 人と関わる仕事に萎える
  • 飲み会は行きたくない
  • 人に監視される仕事は無理
  • 体育会系のノリを強要されたくない
  • きつい仕事に「時間を奪われる感覚」が苦痛
  • 指示されるとやる気をなくす
  • 人いちばい会社に行きたくない

自分の人生から除外したい「やりたくないこと・嫌なこと」を包み隠さず網羅するのがポイント。

嫌なものを言語化すると、あなたに「合わない仕事」を選別できます。

あなたの「強み」を考えよう

自分にできることが分からないときは、あなたの「強み・得意なこと」を軸に仕事を選んでみましょう。

失敗のない仕事選びは以下のとおりです。

転職を繰り返さないポイント
  • あなたの強み・得意なことを明確にする
  • あなたの“市場価値”を高める
  • あなたが狙う転職先を十分にリサーチする

中でも「あなたの強み・得意なことを明確にする」が最重要ポイントです。

ミチサガシ

自分の強み・適性を見つめる時間を惜しみなく捻出しましょう!

とはいえ、自分一人で答えを出すのはとてもむずかしい作業です。

かと言って仕事やキャリアの悩みをほかの人に相談しづらいですよね。できたとしても、答えはみんなバラバラ。なかなか前に進めません。

そんなとき、仕事のモヤモヤや転職の悩みをキャリア相談を受けることで道がひらけました。

キャリア相談でできること
  • あなたの強みがわかる
  • 本当にやりたい仕事が明確になる
  • あなたに合う企業・職種がわかる
  • あなたに合う働き方がわかる
  • 独立・在宅ワークの相談ができる
  • 転職成功や年収アップを目指せる
  • 転職する・現職に残るかの判断ができる

転職エージェントでは上記を行いませんし、一方的に求人を進められるため、合わない仕事を選びかねません

ミチサガシ

キャリア相談をキッカケに「自分にできる仕事」を見つけました!

プロの客観的な視点で「的確な答え」をアドバイスしてもらえます。(初回カウンセリングは無料)

  1. ポジウィルキャリア
    【公式】https://posiwill.jp
    ➜今の仕事がもうイヤだけどなかなか動けない人におすすめ!あなたの「強み」と「向いてる仕事」を明確にできる徹底的なサポート
  2. キャリドラ
    【公式】https://careerdrive.jp
    ➜あなたの市場価値を高め「確実な転職」を目指せる。“稼ぐ”に特化した転職支援が得意!
  3. マジキャリ
    【公式】https://majicari.com
    ➜転職ノウハウに強く、転職を軸にしたキャリア支援が得意。求職者目線で「求職者のキャリア」を第一に考えるサービス

あなたの『仕事のモヤモヤ』を解消できる強力なサポート|初回完全無料

はじめての相談はとてもドキドキでした。

キャリア相談サービスは「徹底的な自己分析」ができ、そのうえで自分に合う選択(転職・独立)を目指せます。

緊張しやすい筆者は、ポジウィルキャリアのやさしく丁寧な対応に安心できました。

すぐに緊張がとけてリラックスモード。

プロの的確なフィードバックは、沈みかけた自己肯定感がどんどん高まる感覚です。相談後は「心に余裕のある働き方」を実現し、はじめて仕事に充実感をもたらしてくれました。

ミチサガシ

「もう少し早く相談していれば、仕事のストレスに振り回されなかったのになぁ…」と考えることも。

「転職が不安」「自己分析がニガテすぎる…」「自己肯定感を上げたい人」にもおすすめです。

キャリア相談サービスを受けた「筆者の体験談」は以下で紹介します。

「あるべき」を壊し、あなたの強み・向いてる仕事が明確になる キャリアのパーソナル・トレーニング。

とりあえず仕事を辞めてみた結果は?

仕事を辞めるためにはある程度の「生活費」を確保し、心の余裕をもつことが前提です。

ミチサガシ

金銭的にカツカツでは、焦りから仕事を辞めても楽しめません……。

僕は上記を最低限整え、仕事を辞めました。

先のことを決めずに辞めましたが、結果は以下のとおりです。

先々の不安はありましたが、しんどい仕事を辞め「良い結果」を得られました。

一つずつ深掘りしていきましょう。

精神的に楽になった

つらい仕事を辞めたことで「合わない仕事」や「煩わしい人間関係」から開放されます。

僕の場合、前職が「合わない仕事」だったので、朝になると憂鬱でした。

朝起きるとムカムカして気持ち悪く、鏡を見ると目はうつろ。

ミチサガシ

生あくびが止まらず、仕事に行く前から「早く帰りたい」とぼやいていたんです……。

ですが、会社を辞めたことで、そんな憂鬱な朝がとても心地よくなりました

心の余裕ができた

仕事を辞めて最も良かったことは「心の余裕」が出てきたことです。

仕事を辞める前は「嫌な仕事」や「人間関係」に思考を奪われていました……。

仕事を辞め、上記がさっぱりなくなったことで、今まで見えなかった「幸せ」に気づける余裕ができます。

ご飯が美味しく感じますし、外の景色に癒やされる感性を取り戻しました

自分を振り返るキッカケになった

ストレスが減り、規則正しい生活をしたことでメンタルが安定します。

心の余裕から「自分に合う仕事」を徹底的に見つめ直すキッカケになりました。

自分はどんなことに強みがあり、なにが苦手なのか。

ミチサガシ

自由な時間を有効活用し、腰を据えて今後の働き方について振り返りました。

僕は上記と合わせ、キャリアのプロにも相談しています。

心の余裕もあり、自分の強み・得意なことがより明確にできます。

仕事を辞めたことで、結果的に「自分に合う仕事」を見つけるキッカケになりました。

仕事を辞めるべき3つのサイン

仕事を辞めるべき3つのサイン

仕事は簡単には辞められません。生活費の問題など、相応のリスクがありるからです。

ですが、なるべく早く「仕事を辞めるべき人」がいます。

仕事を辞めるべき3つのサイン

上記3つのサインが出てきたら、早めに仕事を辞めたほうがいいと感じます。

くわしく深掘りしていきましょう。

仕事が毎日のように憂鬱

「お給料は我慢料」という言葉があるように、基本的に仕事は楽しいものではありません。

ですが、毎日のように「しんどいつらい」と感じるなら、それは仕事を辞めるサインです。

ミチサガシ

ムリをして続けても、気持ちは滅入るばかりですし、プライベートの時間まで楽しめなくなります……。

逃げの姿勢になった

「嫌な仕事」や「苦手な仕事」から逃げることを考えていませんか?

自信のもてない仕事は、失敗する可能性がありますし、ストレスも大きいです。

「苦手な仕事」は苦労も多いですが、そこを乗り越えることで成長します。

つまり、逃げの姿勢になった時点で、成長が止まります

仕事の成長がなくなることで、できる仕事が減り、周りからの評価も下がりかねません。

あなたに「合わない仕事」なら、早めに見切りをつけ、合う仕事を探しましょう。

精神的にボロボロ

仕事にすり減り、心身ともにボロボロになっているのなら辞めましょう。

もしくは、休職する選択肢もあります。

最優先は、あなたの人生です。

仕事のために生きているわけではありません。

生活のためとはいえ、身を滅ぼす仕事からは離れましょう。

仕事を何がしたいかわからない【年代別の対処法】

仕事で「何をしたいか分からない」というお悩みは、幅広い年齢層に存在します。

ミチサガシ

僕は30代になるまで「自分に合う仕事」がわかっていませんでした……。

それぞれ年代別に、仕事選びの「対処法」を紹介します。

仕事を何がしたいか分からない【年代別】

年代別にくわしく見ていきましょう。

新卒~20代の人

大学生~20代の人は、興味のあることは何でもできますし「やり直し」がしやすい年齢です。

とはいえ、20代の間に「あなたに合う仕事」を見つけることで、人生の充実度が大きく変わります

今後の人生のためにも、あなたの「強み・適性」を徹底的に見つめ直してみましょう。

転職を繰り返さないポイント
  • あなたの強み・適性を明確にする
  • あなたの“市場価値”を高める
  • あなたが狙う企業を十分にリサーチする

上記は、就職成功のポイントとなります。

キャリドラはあなたの“市場価値”を高め、年収アップを目指せるキャリア相談ができます。

あなたの仕事のモヤモヤをキャリアのプロに相談し、20代のうちに仕事を充実させましょう。

  • キャリドラ※無料カウンセリングあり。あなたの市場価値を高め、“稼ぐ”に特化したサポート

公式» キャリドラの無料相談はこちら

30代~40代の人

20代のように挑戦がしづらい年齢ですが、やりたいことにチャレンジできる可能性があります。

ミチサガシ

僕自身も30代になり、仕事を辞め、働き方を根本から見直しました!

正直、素直に楽しめない状況もありますが、あなたに「合う仕事」を見つける機会でもあります。

僕は今後の働き方を含め、キャリアのプロに相談しました。

ポジウィルキャリアは、話を引き出してもらえるカウンセリングですし、とても丁寧な対応です。

相談後は仕事のモヤモヤがすーっと楽になり、今後の行動指針が明確になります。

公式» ポジウィルキャリアの無料カウンセリングはこちら

50代の人

50代で仕事を辞め、新しい仕事にチャレンジすることは勇気が必要です。

仕事を辞め、転職をするには負担も大きいです。

ですが、実現することで「心の余裕」と「充実感」が待っています。

50代の方の転職相談や今後の仕事の悩みは以下で相談可能です。

公式» ライフシフトラボの無料相談はこちら

なんの仕事をしたらいいかわからない原因は「あなたの強み・得意なこと」が曖昧なので、徹底的に見つめ直しましょう。

仕事辞めたいけど何がしたいかわからないに関するよくある質問

「仕事を辞めたいけど何がしたいかわからない」に関するよくある質問をまとめました。

仕事を辞めたいです。おすすめのストレス診断はありますか?

厚生労働省の「5分でできる職場のストレスセルフチェック」があります。

簡易的ですが、あなたのストレス度をチェックできます。

仕事で何がしたいか分からないです。おすすめの適職診断はありますか?

当サイトがおすすめするのはポジウィルキャリアの適職診断です。

転職を前提とせず、あなたの強み・得意なこと・適性を徹底的に見つけられます。

フリーランスや在宅ワークの相談ができるのがポジウィルキャリアのサポートです。

公式» https://posiwill.jp

仕事を辞めるべきサインはありますか?

仕事を辞めるべきサインは以下のとおりです。

上記が顕著になりはじめたら、仕事を辞めるべきサインです。

まとめ:仕事辞めたいけど「何がしたいかわからない」3つの対処法と辞めるべきサインを紹介

仕事を辞めたいけど「何がしたいか分からない」ときは、以下のポイントを意識してみましょう。

3つの対処法

とくにあなたの「強み」を考えようは、仕事選びの最も大切なコツとなります。

ただし、以下の仕事を辞めるべきサインが出ている人は、早めに現職から距離を起きましょう

仕事を辞めるべき3つのサイン

ミチサガシ

仕事を辞めたいのに「やりたい仕事が見つからない」のは、正直歯痒いです。ですが、まずは足元から固めていきましょう!

あなたに向いてる仕事は必ずあります。

得意なことや「強み」を明確にし、あなたに合う仕事を選びましょう。

  1. ポジウィルキャリア
    【公式】https://posiwill.jp
    ➜今の仕事がもうイヤだけどなかなか動けない人におすすめ!あなたの「強み」と「向いてる仕事」を明確にできる徹底的なサポート
  2. キャリドラ
    【公式】https://careerdrive.jp
    ➜あなたの市場価値を高め「確実な転職」を目指せる。“稼ぐ”に特化した転職支援が得意!
  3. マジキャリ
    【公式】https://majicari.com
    ➜転職ノウハウに強く、転職を軸にしたキャリア支援が得意。求職者目線で「求職者のキャリア」を第一に考えるサービス

あなたの『仕事のモヤモヤ』を解消できる強力なサポート|初回完全無料

関連» 【2022年】有料キャリア相談サービスおすすめ7選!【カウンセリング体験者が徹底比較】

⇧ 目次へ戻る

仕事辞めたいけど何がしたいかわからない アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事の著者

ミチサガシのアバター ミチサガシ キャリアブロガー

HSP気質の在宅ワーカー|会社員としての働き方が合わず、暗黒の10年間を過ごす➜ストレスが高じて“不安神経症”に➜キャリア相談サービスを5社以上受講し、働き方を見直すキッカケに|年収アップ・ワークスタイルを改善した経験から、仕事の悩みやキャリア迷子を解消するための発信をしています。

コメント

コメントする

目次