HSPの人が仕事の探し方で「失敗しない」3つの手順【もう仕事で苦しまない】

HSPと仕事

hsp 仕事 探し方

仕事の探し方に悩んでいるHSPの人「仕事の探し方を知りたいな。自分に合った仕事はどうやって探せばいいのだろう?果たして、HSPを活かせる仕事ってあるのかな?」

このようなお悩みに答えていきます。

この記事を書いている僕は、内向型HSPです。
以前は、仕事探しでたくさん悩み「失敗」してきました。

HSP気質に合う仕事の探し方を、一緒に考えていきましょう。

この記事の目次

HSPの人が仕事の探し方で「失敗しない」3つの手順

HSPの人が仕事の探し方で「失敗しない」3つの手順
HSPの人が仕事の探し方で失敗しない3つの手順は下記のとおりです。

  • 手順①:自己分析をしよう
  • 手順②:嫌いなものリストをつくろう
  • 手順③:働き方の視野を広げよう

上記の手順です。大前提として、焦りの気持ちがあると「判断ミス」につながります。

心を安定させつつ、1つずつ手順を見ていきましょう。

手順①:自己分析をしよう

結論は「自己分析」が最重要となります。

なんだ自己分析か…。って思うかもしれません。しかし、かなり大切です。

自分の「弱点」や「強み」を知らなければ、HSP気質と「相性が悪い仕事」を選んでしまう可能性が高くなります。

自分について見極めよう

例えるなら料理をイメージしてみてください。

自分はどんな「素材」で「旨味」はなんなのか。どんな食材と相性がいいのか。

そこを理解しないとうまく料理はできませんよね。

まずは、自分という「素材」をよく見つめていきましょう。

なお、自己分析に関しては「HSPと相性の良い仕事の見つけかた【挑戦を恐れると失敗します】」で深堀りしているので、合わせてご覧ください。

「ブレインダンプ」で自己分析を深めよう

「ブレインダンプ」で自己分析を深めよう
自分ひとりで自己分析の精度を高めるために「ブレインダンプ」という方法があります。

思考を整理して、アイディアなどを限界まで出し切るという方法です。

上記を自己分析に当てはめてみましょう。

具体的には下記をご覧ください。

  • 具体例①:自分はなにが得意でなにが不得意なのか
  • 具体例②:どんなことに躓きやすいのか
  • 具体例③:人より苦痛を感じず「楽」にできることは?
  • 具体例④:時間を忘れて夢中になったことは?
  • 具体例⑤:どんな環境が幸せに感じるのか

上記のとおりで、すべて思いつく限り紙に書き出してみて下さい。

繰り返しになりますが、徹底的に自分の中から絞り出すのがポイントです。

僕は、仕事や人生で行き詰まったときにブレインダンプを使っています。
思考を「一点集中」にできるので、マイナスな感情も紛れますよ。

手順②:嫌いなものリストをつくろう

続いておすすめなのは「嫌なものリスト」をつくるです。

人生でこれだけは絶対にやりたくないもの、嫌いなことをすべてピックアップしてみましょう。

僕の例は下記です。

  • その①:ハキハキ話すことを共用されるのが苦痛
  • その②:命令調で指示されるのが苦手
  • その③:人が密集しているところが苦手
  • その④:長時間の拘束はやめてほしい
  • その⑤:電話対応はやりたくない

上記のとおり。わがままと思われるかもしれませんが、僕が人生において、除外したいものです。

苦手が強い環境は「自己肯定感」が下がり、人生の喜びが減っていきます。
まずは、人生から「嫌なもの」を外していきましょう。

手順③:働き方の視野を広げよう

働き方の視野を広げよう
働き方は、「会社員」だけがすべてではありません。

今は「在宅ワーク」という働き方がより際立ってきました。

職場の「環境」や「人間関係」でお悩みのHSPの方には、在宅ワークが向いている印象です。

なお、現在の僕は「在宅ワーク」で働いています。

在宅ワークの働き方は、HSPさんにとって心が軽くなる働き方だと思います。

行動してみよう

とはいえ、HSP気質すべての人に「在宅ワーク」がおすすめというわけではありません。

なぜなら、考え方や個性は十人十色だからです。

内向的で引きこもりがちな僕には「在宅ワーク」が自分本来を発揮できる働き方でした。

会社員の生活が悪いというわけではなく、気になる会社があるなら自己分析をしつつ、行動に変えてみましょう。

失敗はなく、すべては経験値としてあなたを輝かせます。

もう仕事で苦しまない

どんな働き方であれ、あなたがHSP気質を活かして「こころを豊かにして向き合える仕事」であればOKです。

自分の心の声を大切にして、行動をしてみましょう。

行動することで、思考もポジティブとなり現実もいい方向へ少しずつ前進します。

HSPを活かせる3つの仕事

HSPを活かせる3つの仕事
1人ひとり個性は違います。なので、一概に「この仕事を選ぼう」とは言えません。

とはいえ、ざっくりですが具体例をあげると下記です。

HSPを生かせる仕事

  • その①:カウンセラーなど人に寄り添う仕事
  • その②:音楽や美術など“感性”を活かせる仕事
  • その③:フリーランスとして個人で仕事をする

上記のとおり。ポイントは、HSP特有の「感受性」や「共感力」を発揮できる仕事だと思います。“自分のペース”で進められる仕事もベストなはず。

マルチタスクや急かされる仕事は「1つの仕事を丁寧にこなす」そんなHSP気質の人にとっては大きな負担となります。

僕は「質」より「量」を優先した働き方が合わず、極度のストレスから退職した経験があります。

行き着くところ「仕事が続かない」というお悩みにもつながりがちです。「HSPで仕事が続かない3つの理由【乗りこえ方も解説】」にて深堀りしていますので、ぜひご覧ください。

最重要は「自己分析」です

繰り返しになりますが、HSPを活かす仕事を見つけるためには「自己分析」は欠かせません。

自分という「素材」がわからなければ、なんとなくで仕事を決めてしまいます。

なんとなくで仕事を選んだ先は、シンドイ日々が待ち受けています。

消耗する毎日

  • 仕事のことを考えるだけで憂鬱
  • なんども同じミスを繰り返してしまう
  • なかなか仕事を覚えられない…。

上記のとおり。仕事以外の疲れが大きくなりやすいため、人生を心から楽しめなくなります。

じゃあ、どうしらいいの?➜自己分析を徹底しよう

自己分析を徹底しよう
本記事で解説した「自己分析」を試してみるのも良いです。しかし、どうしても「自分を分析する」って大変ですよね。

客観的な意見を知りたくなります。

  • 具体例①:仲のいい人から意見を聞いてみる
  • 具体例②:時間をかけて自分を洗い出す
  • 具体例③:HSPに理解がある「キャリアコーチングサービス」を使ってみる

上記の具体例を実践することで、より深い「自己分析」ができるはず。

HSPに特化した「キャリアのプロ」に相談してみよう

自分に適した仕事を見つける“最短の方法”は「プロの意見を聞く」です。

僕はキャリア相談をキッカケに、HSPにあった「働き方」を見つけることができました。

キャリアコーチング「キャリート」は、HSPの方のキャリア支援実績「年間200名以上」です。

「キャリア支援経験」の豊富なコーチがあなたに寄り添い、仕事の悩み・キャリヤ設計を一緒に考えていくサービスです。(※転職エージェントではありません。

キャリア支援は「転職」だけが前提ではありません。人生設計も含め、HSPにあったキャリアの相談ができます。

  • 自分にあった仕事の探し方を知りたい
  • 長期的な「キャリア設計の仕方」を知りたい
  • 転職するべきか、現職に残るか判断する方法を知りたい
  • 自己分析や転職のノウハウを知りたい
  • メンタルの調子が良くないので「負担のない働き方」がしたい

上記のお悩みがある方に最適なサポートです。仕事のモヤモヤを気軽に相談してみましょう。

キャリート HSP
(画像引用:キャリート公式
サービス名
オススメ度
無料面談
年齢制限
就業経験
キャリート
60分
20~30代

(就業経験が必要)

僕もドキドキしながらキャリア相談をしましたが、否定されることは一切ありません。

60分のカウンセリングがあっという間に終わったんですよね。

むしろ、やさしく穏やかなカウンセリングと、HSPの仕事の悩みに共感したアドバイスでした。

詳しくは「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で深堀りしています。現実的な適職選びは、自己分析からはじまります。気になる人は、ぜひご覧ください。

※注意事項:サポート対象外の方について

キャリートの受講は、下記の方が対象外となりますので注意しましょう。

  • その①:社会人としての就業経験がない方(学生など)
  • その②:20代~30代以外の方
  • その③:現在のお仕事に満足されている方
  • その④:キャリアコーチ、トレーナー経験者

また、無料カウンセリングは原則1回のみです。詳細は「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で実際に体験した「感想」と一緒にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコーチングサービス「キャリート」のメリット・デメリット

メリット ①:全国対応のオンライン相談
②:20代~40代と幅広く相談できる
③:コーチ全員が国家資格キャリアコンサルタント
④:一人ひとりに合わせたコーチングを提供
⑤:若手層だけでなく、ジョブホッパーやHSPの方への支援
デメリット ①:わりと新しいので口コミは少なめ
②:求人の紹介はない
③:カウンセリング後は有料になる

※ スマホでご覧の方は、右スライドで全表示できます。

上記のとおり、20代~40代まで幅広く対応可能。オンラインにて、安心して相談ができます。

なお、「無料カウンセリング」あとのサービスは有料となります。しかし、60分もの相談ができるため、プロによる「自己分析のヒント」を得られるチャンスです。自分の得意なことをみつける「きっかけ」をつかみましょう。

おわりに:仕事に悩むHSPの人へ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。当ブログ(ミヤブログ)では、HSPに伴う「仕事に関するお悩み」を記事にまとめています。

「仕事がつらい…。HSPをいかせる仕事を知りたい…!」

あなたのお悩みに、少しでも寄り添えれば幸いです。