HSPの人が仕事の探し方で失敗しない3つの手順【もう仕事で苦しまない】

HSPと仕事

hsp 仕事 探し方

仕事の探し方に悩んでいるHSPの人「自分に合う仕事の探し方を知りたいな。どうやって探せばいいのだろう?果たして、HSPを活かせる仕事ってあるのかな?」

こんなお悩みを解決できる記事を書きました。

本記事の内容

この記事を書いている僕は、内向型HSPです。
過去、仕事探しでたくさん悩み、失敗してきました。

この記事を読み終えたころには、「HSP気質を活かせる仕事」がイメージできると思います。

なぜなら、これからご紹介する方法で「自分に合う仕事」を僕は見つけることができたからです。

HSP気質に合う仕事の探し方を、一緒に考えていきましょう。

HSPの人が仕事の探し方で失敗しない3つの手順【もう仕事で苦しまない】

HSPの人が仕事の探し方で失敗しない3つの手順【もう仕事で苦しまない】
HSPの人が仕事の探し方で失敗しない3つの手順は以下のとおりです。

  • 手順①:自己分析をしよう
  • 手順②:嫌いなものリストをつくろう
  • 手順③:働き方の視野を広げる

上記の手順です。

大前提として、焦りの気持ちがあると「判断ミス」につながります。

心を安定させつつ、1つずつ手順を見ていきましょう。

手順①:自己分析をしよう

結論、「自己分析」が最重要となります。

ありきたりな結論ですみません。

しかし、自分の「弱点」や「強み」を知らなければ、「HSP気質と合わない仕事」を選んでしまう可能性大です。

自分がどんな素材で、どんな良さをもっているのか。そこを理解しないとうまく調理はできませんよね。

まずは、自分という「素材」をよく見ていきましょう。

自己分析に関しては、HSPと相性の良い仕事の見つけかた【挑戦を恐れると失敗します】で深堀りしているので、自己分析の参考になると思います。

ブレインダンプで自己分析を深めよう

ブレインダンプで自己分析を深めよう
自己分析をより深めるために「ブレインダンプ」という方法があります。

思考を整理して、アイディアなどを限界まで出し切るという方法です。

これを自己分析に当てはめてみましょう。
具体的には下記をご覧ください。

  • 具体例①:自分はなにが得意でなにが不得意なのか
  • 具体例②:どんなことに躓きやすいのか
  • 具体例③:人より苦痛を感じず「楽」にできることは?
  • 具体例④:時間を忘れて夢中になったことは?
  • 具体例⑤:どんな環境が幸せに感じるのか

上記のとおりで、すべて思いつく限り紙に書き出してみて下さい。

繰り返しになりますが、徹底的に自分の中から絞り出すのがポイントです。

僕は、仕事や人生で行き詰まったときにブレインダンプを使っています。
思考を「一点集中」にできるので、マイナスな感情も紛れますよ。

手順②:嫌いなものリストをつくろう

続いておすすめなのが、「嫌なものリスト」をつくるです。

人生でこれだけは絶対にやりたくないもの、嫌いなものをすべてピックアップしてみましょう。

リスト化することで「HSP気質に合わない仕事」をふるいにかけることが可能です。

「押してダメなら引いてみろ」の思考

まずは人生から排除してしまいたい「嫌なもの」をリスアップしましょう。

"押してダメなら引いてみろ"という言葉のとおり、好きなものを仕事にしようとすると失敗します。なので、まず自分が苦手なものを先に考える。

嫌なものが明確になれば、仕事選びで失敗するリスクは減らせます。
なぜなら、嫌な仕事を選別できる状態だから。

なので本当に自分に合う職業だけが残ります。

なお、「嫌なものリスト」については、HSPで仕事が見つからない原因はこの5つ【結論:焦らなくても大丈夫】の中盤で具体例を交えて書いていますので、是非ご覧ください。

③:働き方の視野を広げる

働き方の視野を広げる
働き方は、「会社員」だけがすべてではありません。

今は「在宅ワーク」という働き方があるからです。

つまり、職場の「環境」や「人間関係」でお悩みのHSPの方には、在宅ワークが向いている印象。

なお、現在の僕は、完全な在宅ワークを目指すべく、「本業」と「副業」の2軸で働いています。

上記のとおり。
副業の内容は、当ブログのような記事執筆の仕事をしています。

HSP気質を活かせる仕事だと実体験をとおして感じています。

行動してみよう

とはいえ、HSP気質すべての人に「在宅ワーク」がおすすめというわけではありません。

なぜなら、考え方や個性は十人十色だからです。

内向的で引きこもりがちな僕には、「在宅ワーク」が自分本来を発揮できる働き方でした

会社員の生活が悪いというわけではなく、気になる会社があるなら自己分析をしつつ、行動に変えてみましょう。

失敗はなく、すべては経験値としてあなたを輝かせます。

もう仕事で苦しまない

どんな働き方であれ、あなたがHSP気質を活かして「こころを豊かにして向き合える仕事」であればOKです。

自分の心の声を大切にして、行動をしてみましょう。

行動することで、思考もポジティブとなり現実もいい方向へ少しずつ前進します。

HSPを活かせる仕事(副業)を3つご紹介

HSPを活かせる仕事(副業)を3つご紹介
ここからは具体的にHSP気質を活かせる仕事(副業)を3つご紹介します。

HSPを生かせる仕事

  • その①:クリエイティブな仕事
  • その②:人の悩みに寄り添う仕事
  • その③:人と関わりの少ない仕事

ポイントは「自分のペース」にできる仕事がベストだと思います。

マルチタスクや急かされる仕事は、「1つの仕事を丁寧にこなす」そんなHSP気質の人にとっては大きな負担となります。

実際に僕は、「量」より「質」を優先した働き方が合わず、極度のストレスから退職した経験があります。

自分のペースを大切にしつつ、HSPを活かせる仕事例を深堀りしていきましょう。

その①:クリエイティブな仕事

HSPの特徴として、「感性」が豊かな人が多いです。

つまり、芸術や音楽などで活躍できる、そんな素質を秘めている可能性があります。

具体的には「絵描き」「イラストレーター」「作詞・作曲家」「楽器の演奏者」など。

一般からみると「特殊」に分類される仕事ですが、「向いている」と感じるのなら挑戦してみる価値はありますよ。

実際に僕は、舞台美術の仕事をしていました。

人間関係がつらく挫折しましたが、完成した美しい舞台を見てとてもやり甲斐を感じたのを覚えています。

クリエイティブな道にHSP気質を活かせる道はあると思います。

その②:人の悩みに寄り添う仕事

「共感力が強い」というHSP気質の特徴をうまく活かしてみましょう。

心理カウンセラーなどは、深い共感力のあるHSPの人に向いている印象です。

共感力があるからこそ、「うわべ」ではなく、相談者の方に心から寄り添うことができるはず。

なお、共感しすぎて気持ちを引きずってしまうリスクはあります。
しかし、一緒に心の病を乗り越えていく過程で、「喜び」や「心の充実」に繋がる。

人にはわからない「生きづらさ」を経験しながら過ごしてきたHSPの方。

だからこそ、「人の心の痛み」を察知できるあなたに最適な仕事だと思います。

その③:人と関わりの少ない仕事

HSPの人は、少人数になるほど実力を発揮しやすいです。

なぜなら、人が多いと「仕事以外の疲れ」で消耗しやすいから。

仕事以外の疲れとは、怒鳴り声を聞いてメンタルを引きずったり、人間関係のトラブル、「五感」が敏感になることで感じる不快感のことです。

控えめに言って、上記のようなストレスが強いと「疲労度」はかなり上がるので注意しましょう。

記事執筆や不用品販売はオススメ

記事執筆や不用品販売はオススメ
「人と関わりの少ない仕事」はわりと少なく、僕が体験した中でオススメなのはWeb上での記事執筆や不用品販売です。

極めれば、会社員以上の収入を得られますし、しんどい人間関係や会社と離れることができます。

まずは副業から挑戦してみる

まずは副業として少しずつ始めてみましょう。

たとえば、不用品販売であれば身近で売れそうな商品をメルカリやヤフオクで販売してみる。

商品詳細をわかりやすく記載したり、丁寧な梱包など、細やかな配慮ができるHSPさんに向いていると思います。

なにより、とても気軽にできるので成果もでやすいのが特徴。
僕は10万円以上を不用品販売だけで成果を上げた経験があります。

ライティングや不用品販売についてはHSPの人におすすな在宅ワーク5選【生きやすい未来を手に入れよう】でまとめていますので是非参考にしてみて下さい。


今回は以上となります。
最後まで読んでいただきありがとうございます。