HSPと相性の良い仕事を見つける3つの手順

HSPと仕事

hsp 相性の良い仕事

HSPと相性の良い仕事を探している人「今の仕事が合わなくてしんどいな…。果たしてHSP気質に合う仕事はあるのだろうか?実際に行動できるか不安だな…。」

このようなお悩みに答えていきます。

この記事を書いている僕は、内向型HSPです。

HSP気質と「相性が悪い仕事」をしていたので、つらい毎日を過ごしていました。

「HSPと相性の良い仕事」を一緒に見つけていきましょう。

この記事の目次

HSPと相性の良い仕事の見つけ方

HSPと相性の良い仕事の見つけかた【挑戦を恐れると失敗します】
HSPと相性の良い仕事の見つけかたは下記のとおりです。

上記の3つです。なお、3つの「相性の良い仕事の見つけかた」はタップできますので、気になる項目からご覧ください。それでは、1つずつ見ていきましょう。

その①:自己分析する

相性のいい仕事を見つけるために「自己分析」は欠かせません。

自分は何ができて、何ができないのか。そこを明確にしないと、「自分に合った仕事」を見つけることは難しいです。

まずは、自己分析をして自身の「得意」、「不得意」を洗い出しましょう。

自己分析の詳しい方法は「こちら」で深堀りしていますので、参考にしてみてください。

その②:小さいころの自分を思い出す

「苦手なこと」や「嫌なこと」はわりとすぐ思いつきますよね。しかし、得意なことって意外と分かりづらいです。

とくに「繊細なひと」ほど、他人の長所には気づけても、自分のことは見えづらい傾向です

どうしても自分の得意なことがわからない場合は、小さいころの自分を思い返してみるといいですよ。

なぜ小さい頃?➜「偏見」からわりと自由だから

なぜ小さい頃なの?➜「偏見」からわりと自由だから
下記をご覧ください。

  • 砂場で遊ぶのが好きだった
  • ものを作るのが好きだった
  • 絵を書くのが好きだった

上記のとおりです。あなたが小さい頃、夢中になったことを思い出してみましょう。小さい頃は「自分の好きなこと」を純粋に選べます。

つまり「これをしたら嫌われるかも」「自分にはムリ」といった偏見の感情から比較的自由です。

幼い頃に夢中だったことに「あなたの才能」が眠っている可能性がありますよ。

その③:働き方にこだわらない

働き方は、会社員だけがすべてではありません。

今は「リモートワーク」や「フリーランス」など、働き方が多様になっています。

HSPの方は、“五感の刺激”や“人間関係”に大きく左右されがちです。

僕もHSPという気質を知らなかったころは、ほかの人たちと同じようにできなくて、とても苦しんだ経験があります。なので、働き方にとらわれることなく、視野を広げてみましょう。
» HSPで会社員が向いていない3つの理由【別の道でゆるく生きよう】

挑戦を恐れると失敗します

挑戦を恐れると失敗します
自分にあった仕事を見つける方法は「自己分析」だけです。

自己分析を曖昧にすると仕事があわない・続かない原因となります。

自己分析をしつつ、あなたの「適性」を見直していきしましょう。

失敗が怖い

失敗することは怖いですよね。僕は人一ばい、臆病なので「まだ起きていないこと」を考えてしまうくせがあります。

考え込んだ先は結局なにも行動できなかった...。その繰り返しです。

すぐに行動できたら苦労はしません。

行動ができない➜少し視点を変えてみよう

いろいろネガティブに考えてしまう自分を変えたきっかけは「視点を変える」ことでした。

仮に失敗したとしても、引き返せばいいかな。行動したことで「経験値」を得られるから行動した自分を褒めよう。

上記のとおり。行動したことで「人生の経験値」がたまります。

仮に失敗しても、行動したあなたは「一歩ずつ成長」しています。なので、自分を否定せず、少しでも“行動できた自分”を褒めましょう。
» HSPに向いた現実的な適職の選び方【失敗しない方法はたった1つです】

HSPと相性が悪い仕事の特徴3選

HSPと相性が悪い仕事の特徴3選
HSPと「相性の悪い仕事」の特徴は大きく分けて下記の3つだと思います。

上記の特徴です。なお、すべて実体験から「HSP気質と相性が悪いな…。」と体感しているので、参考になれば幸いです。

それでは、1つずつ深堀りをしていきましょう。

特徴①:マルチタスクの仕事

マルチタスクの仕事はHSP気質の人と「相性が悪い」と感じます。
理由は下記です。

マルチタスクがHSP気質と合わない理由

  • 理由①:1つの仕事を完璧にこなせなくなるから
  • 理由②:複数の仕事をするとパニックになりがちだから
  • 理由③:マルチタスクは仕事を「急かされる」可能性があるから

上記のとおりです。なお、マルチタスクは複数の仕事を「分散」するため、効率が良くありません。

一点集中のシングルタスクは、仕事の精度も上がりますし正確です。

“1つのことを丁寧にこなすHSPの人”は、できるだけマルチタスクのない仕事を選びたいところです。

特徴②:スピード重視の仕事

マルチタスクにも同じことが言えますが、「スピード重視」の仕事はHSPの人にとってストレスになりやすいです。要するに、「質より量」を求められる仕事と言い換えられます。

常に「早く終わらせろ!」っと急かされる仕事は、HSPの人にとってかなり苦痛となるはず。

どちらかと言えば、自分なりの手順を組み「自分のペースで進めらる仕事」のほうがHSPの人に向いていると感じます。

体育会系なノリの職場

僕の経験上、はっきり言えます。体育会系が強い、あるいは体育会系の「ノリ」が強い職場は避けましょう。

ストレスのたまり具合が違います。

体育会系の具体例

具体的な例は下記のとおりです。

  • 具体例①:ハキハキ喋ることを強要される
  • 具体例②:喧嘩っ早い人が多い
  • 具体例③:上下関係が異常に厳しい

上記のとおり。なお、すべての体育会系の職場が合わないわけではありません。中にはとても優しく、尊敬できる方もいます。

少し乱暴な言い方になりますが、要するに、「水と油」のようなもの。気力の消耗度が激しくなります。

HSPと相性の良い仕事を見つける3つの手順

HSPの人と「相性の良い仕事」を見つける3つの手順
ここからは具体的に、HSPの人と相性の良い「仕事を見つける手順」について解説しています。

僕は下記の手順を知らなかったので、かなり遠回りをしました。

上記の手順です。繊細な気質だからこそ、仕事選びは慎重になる必要があります。

HSPの人にとって仕事の内容や環境はかなり重要です。

HSP気質に合う仕事を見つけて、心地よく生きていきましょう。

手順①:心と体を休める

相性の良い仕事を見つけていく上で「最重要ポイント」です。まずは、心と体をしっかり休めましょう。

疲れた心と体では、正常な判断はできません。むしろ、焦りから「合わない仕事」を選ぶリスクがあります。

上記の理由から、まずは自分の「好きなこと」や「リラックス」できることをしてゆっくり休みましょう。

休むことは悪いことではありません。ゆっくり休んで下さいね。

手順②:自己分析をする

心と体に余裕が出てきたら、「自己分析」をしていきましょう。
自己分析に関しては、前章でお伝えしたとおりです。

自分は「何が得意」で「何が不向き」なのか。しっかり見ていくことで、より“自分に合う仕事”が明確になります。

自分と向き合うのは大変ですが、時間をかけてでも取り組みたい手順です。

HSPに特化した「キャリアのプロ」に相談してみよう

自分に適した仕事を見つける“最短の方法”は「プロの意見を聞く」です。

僕はキャリア相談をキッカケに、HSPにあった「働き方」を見つけることができました。

キャリアコーチング「キャリート」は、HSPの方のキャリア支援実績「年間200名以上」です。

「キャリア支援経験」の豊富なコーチがあなたに寄り添い、仕事の悩み・キャリヤ設計を一緒に考えていくサービスです。(※転職エージェントではありません。

キャリア支援は「転職」だけが前提ではありません。人生設計も含め、HSPにあったキャリアの相談ができます。

  • 自分にあった仕事の探し方を知りたい
  • 長期的な「キャリア設計の仕方」を知りたい
  • 転職するべきか、現職に残るか判断する方法を知りたい
  • 自己分析や転職のノウハウを知りたい
  • メンタルの調子が良くないので「負担のない働き方」がしたい

上記のお悩みがある方に最適なサポートです。仕事のモヤモヤを気軽に相談してみましょう。

キャリート HSP
(画像引用:キャリート公式
サービス名
オススメ度
無料面談
年齢制限
就業経験
キャリート
60分
20~30代

(就業経験が必要)

僕もドキドキしながらキャリア相談をしましたが、否定されることは一切ありません。

60分のカウンセリングがあっという間に終わったんですよね。

むしろ、やさしく穏やかなカウンセリングと、HSPの仕事の悩みに共感したアドバイスでした。

詳しくは「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で深堀りしています。現実的な適職選びは、自己分析からはじまります。気になる人は、ぜひご覧ください。

※注意事項:サポート対象外の方について

キャリートの受講は、下記の方が対象外となりますので注意しましょう。

  • その①:社会人としての就業経験がない方(学生など)
  • その②:20代~30代以外の方
  • その③:現在のお仕事に満足されている方
  • その④:キャリアコーチ、トレーナー経験者

また、無料カウンセリングは原則1回のみです。詳細は「【インタビューあり】キャリートの評判と口コミを徹底解説【HSPさん向け】」で実際に体験した「感想」と一緒にまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

後悔しない人生を歩もう

後悔しない人生を歩もう
繰り返しになりますが、HSPと相性が良い仕事を見つけるためにも「自己分析」は欠かせません。

自己分析こそ、失敗のない仕事選びをするために最善の方法です。

僕は、自己分析を疎かにして焦ったがために、合わない仕事を選びました。

HSPと相性が悪い仕事は、続けるだけで「人生の楽しみ」や「喜び」が失われていきます…。

1人で悩まないで下さいね。あなたの繊細さを活かせる「相性が良い仕事」をみつけて、生きやすい人生を一緒に歩みましょう。

キャリアコーチング「キャリート」の無料カウンセリング

サービス名
オススメ度
無料面談
年齢制限
就業経験
キャリート
60分
20~30代

(就業経験が必要)

おわりに:仕事に悩むHSPの人へ

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。当ブログ(ミヤブログ)では、HSPに伴う「仕事に関するお悩み」を記事にまとめています。

「仕事がつらい…。HSPをいかせる仕事を知りたい…!」

あなたのお悩みに、少しでも寄り添えれば幸いです。