高級ヘッドホンの違いは明確です【次元を超えたサウンド体験しよう】

ヘッドホン

高級ヘッドホン 違い

高級ヘッドホンの違いを知りたい人「高級ヘッドホンってめちゃくちゃ高いけど、他のヘッドホンとの違いってあるのだろうか。正直、どれも一緒じゃないの…?高級ヘッドホンのおすすめがあれば知りたい」

このような疑問に答えていきます。

この記事を書いている僕は、約50万円クラスの高級ヘッドホン使って音楽を聴いています。
» 参考記事:「Focal Utopiaを徹底レビュー【結論:神ヘッドホン】」

ハイエンドモデルになるほど価格は上がります。それに伴って音質が激的に上がるかと言えば「微妙、、」と感じる人も多いはず。

とはいえ、確実に「差別化」されているヘッドホンがあります。

高級ヘッドホンの魅力を3分ほどで解説していますので、ぜひお付き合い下さい。

この記事の目次

高級ヘッドホンの違いは明確です【次元を超えたサウンド体験しよう】

高級ヘッドホンの違いは明確です【次元を超えたサウンド体験しよう】
高級ヘッドホンの「音が良い」のは間違いありません。
各メーカーがあらゆる技術やコストを投入しているからです。

違いと言えば、ヘッドホンの「音色」や外観のデザイン、パーツ類に個性が現れています

メーカーで音の方向性が違う

ハイエンドモデルに関しては、音質が高いことが基本ベース。
その上で、音に対する考え方が各社で色濃く反映されています。

具体的には下記のとおり。

  • 具体例①:メーカーA➜高解像が高くエネルギッシュ
  • 具体例②:メーカーB➜モニターライクで全帯域フラット
  • 具体例②:メーカーC➜包み込むようなホール感と芳醇な低音域

上記のとおり。高音質なのは全メーカー共通ですが、音の個性は違ってきます。

なお、「高額ヘッドホンなら購入して間違いがない」という意見もありますが、半分正解で半分間違いだと思います。

要するに、高級=好みの音ではないということ。音の個性は各メーカーで違うため、自分の好みに合うとは限りません。事前の情報集めや、なるべく視聴をした後に購入するようにしましょう。

あくまで”ヘッドホンの音”

あくまで”ヘッドホンの音”
確かに”ハイエンドモデル”と呼ばれるヘッドホンは豪華な作りですし、音もいいです。

しかし、これはあくまで僕の主観ですが、どうしても「ヘッドホンの音」から抜け出せていないと思うんです。

ズバ抜けた音質だから他のヘッドホンは手放していい、もうこのヘッドホンで満足...。

上記のようにならないんです。

つまり、高級ヘッドホンだけど「結局どれも一緒かもしれない、、」につながると感じます。

Focalヘッドホンが他社メーカーとは違う3つの理由

Focal ヘッドホンが他社メーカーとは違う3つの理由
そんななか「Focal」のヘッドホンだけは、他社の高級ヘッドホンとの決定的な違いがあります。

Focalヘッドホンの違い

他メーカーとの違いに関しては、下記をご覧下さい。

  • その①:ドライバーユニットを自社工場で生産している
  • その②:ヘッドホンでスピーカーサウンドを実現
  • その③:機材やケーブルの「音色」を楽しめる

「ヘッドホンの壁」を越えるサウンドは、上記より生み出されており、他社と明確な違いがあります。

控えめに言ってこれはすごいこと。

スピーカーの「立体的なサウンド」をヘッドホンで楽しめるわけですから。

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

その①:ドライバーユニットを自社工場で生産している

ドライバーユニットを自社工場で生産している
Focalヘッドホンの心臓部。
ドライバーユニットは、設計から組み立てにいたるまで、フランスの自社工場で生産されています。

自社生産のメリットは下記のとおり。

  • メリット①:100%Focalオリジナルユニット➜ドライバーユニットに調整機能がない。つまり音質が損なわれない
  • メリット②:自社で設計・組み立て➜ドライバーユニットを最適なポイントに固定。理想の音響特性が得られる
  • メリット③:高精度加工技術➜歪のない音を鳴らすために、高度な組み立てを自社工場で生産可能

上記のとおりです。なお、多くのヘッドホンは調整機能をもつ「社外品のドライバーユニット」を使用しています。

つまり、調整機能があることにより、少なからず音質の劣化を招いているんです。

ドライバーの例:イヤホン

イヤホン ドライバー
なお、イヤホン內部のドライバーに関しても同じです。ユニット専門メーカーがあるため、ほとんどが複数ある特定メーカーからの供給品になります。

どれも同じ音だな、、イヤホンの違いが分からない、、、となるのはこういった背景があるからです。

もちろん全てではないですし、音のいいイヤホンも存在します。

結局は、聴いている本人が「いい音」だと満足できればOKなので。
以上が余談でした。

その②:ヘッドホンでスピーカーサウンドを実現

Focalヘッドホンは「ヘッドホンを意識させる音質からの脱却」と「スピーカーで音楽を聴いているかのうような音質」を具現化しています。

「今までとは違うヘッドホン」を目指しているため、正直、比較対象になるヘッドホンがありません。

ヘッドホンはスピーカーに勝てないと思われがちです。とはいえ、「限りなくスピーカーに近いサウンド」はFocalヘッドホンによって実現しました。

なお、ヘッドホンとスピーカーとの違いについては、「ヘッドホンはスピーカーに勝てない?【近いサウンドは実現可能です】」にて深堀りしていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

その③:機材やケーブルの「音色」を楽しめる

ヘッドホン 真空管
アンプやDAC、電源を変えたときの「音質変化」をヘッドホンで体感できますか?

おそらく、「なんとなく変わったような気がするけど、はっきり分からない」が本音かと思います。

僕もそうでした。

とはいえ、実際に音質変化はしています。とくに真空管アンプに至っては「真空管の音色」をFocalヘッドホンが色濃く再現します。

リケーブルの恩恵を体感できる

リケーブルをすると音が良くなると言われています。
ぶっちゃけ、リケーブルをして音質変化の実感ができた人は少ないはず。

高級ヘッドホンでもそれなりに音質変化はありますが、激的な変化ではありませんでした。

しかし、Focalヘッドホンは線材の個性を描き出すので、リケーブルが楽しくなります。

線材との相性によっては、まるでアンプを間につないだかのような変化です。

高級ヘッドホンのおすすめ3選

高級ヘッドホンのおすすめ3選
高級ヘッドホンの圧倒的な違いを体感するなら「Focalヘッドホン」一択だと思います。

オススメは下記のとおり。

  • オススメ①:Focal Radiance
  • オススメ②:Focal Stellia
  • オススメ③:Focal Utopia

スミマセン、、決してFocalのステマではないです。
しかし、一度でもFocalヘッドホンを聴いてしまうと上記の選択肢になると思います。

比較対象が少ない

Focalのヘッドホンに関しては、「比較対象があまりない….」というのが本音。

密閉型ヘッドホン・開放型ヘッドホンのいずれにも上記が該当しており、突き抜けています。

もし、高級ヘッドホンの違いを本気で体感したいのであれば「Focalヘッドホン」を選んで間違いありません。

それでは、オススメの高級ヘッドホン3選を見ていきましょう。

オススメ①:Focal Radiance

Focal Radiance
FocalとBentleyというメーカーのコラボモデルです。
10万円超えのヘッドホンではありますが、コスパが最高です。

他社の同クラス~20万円の密閉型ヘッドホンでは太刀打ちできません。

濃密かつ、タイトな低音域。抜けの良い立体的な音像を聴けば実感できるはず。

見た目もシンプルで洗練されており、外で使うのが楽しくなります。

Focal Radianceのメリット・デメリット

メリット ・①:音のバランスがいい
・②:上位機種より掛け心地がいい
・③:価格以上に「Focalの音」を楽しめる
・④:「音」も「見た目」もいい
デメリット ・①:ヘッドホンアンプにつなぐ際は、別途ケーブルが必要
・②:本来の音を鳴らし切らないと音が薄く感じる

オススメ②:Focal Stellia

Focal Stellia
結論は、密閉型ヘッドホンの沼から脱却ができるほどの音質です。
後述する「Focal Utopia」と同じピュアベリリウムという、振動板が採用されています。

密閉型ヘッドホンは音がこもりやすく、いわゆる「ヘッドホンを通して聴いている音」と感じます。

上記は、高級ヘッドホンでも同じ印象でした。

Focal Stelliaは言わば、密閉型ヘッドホンの宿命を乗り越えたよな音質です。Focal Stelliaを徹底レビュー【脱・ヘッドホン沼】

Focal Stellia メリット・デメリット

メリット ・①:ピュアベリリウム振動板でスピーカー寄りのサウンドを実現
・②:付属の「純正ケーブル」とStelliaの相性が抜群
・③:職人が1つ1つ丁寧に仕上げたような外観
・④:リアリティのあるサウンドを外に持ち出せる
・⑤:密閉型ヘッドホンの「沼」から脱出できる
デメリット ・①:デザイン上、わりと目立つので外使いでは勇気が必要
・②:本来の音質を聴くためには「音楽環境」にこだわる必要がある
・③:他社の密閉型ヘッドホンがこもって物足りない

オススメ③:Focal Utopia

Focal Utopia
Focal Utopiaは「神のヘッドホン」です。

高級ヘッドホンの違いを知るためには、まずFocal Utopiaを聴くべき。

上記のように感じざるを得ません。高級機ならではの違いをはっきり認識できるはずです。

なお、Focal Utopiaの詳細は、「Focal Utopiaを徹底レビュー【結論:神ヘッドホン】」にて深堀りしていますので是非、ご覧ください。

Focal Utopiaのメリット・デメリット

メリット ・ヘッドホンの領域を超えた音質
・スピーカーのような立体的サウンド
・長時間聴いても割と疲れにくい
・リケーブルやアンプによる「音質変化の恩恵」が大きい
・Utooiaスピーカーを踏襲しているような仕上がり
デメリット ・開放型なので聴く場所は選ぶ
・本来の音を鳴らすのに少し苦労する
・初期ロットの一部に音が出なくなる問題あり(ドライバーユニットの無償交換が可能です)
※詳しくは「レビュー記事内」にて解説しています

ヘッドホンで「いい音」を楽しもう

高級ヘッドホンはそれぞれに違いがあります。
どれが「正解」というわけではありません。

本記事では、Focalヘッドホンを激推ししていますが、音の好みは人それぞれです。

自分にとって「いい音」と思えるヘッドホンを選びつつ、共に音楽を楽しみましょう。