Focal Stelliaにオススメのリケーブル3選【純正ケーブルでもOK】

FOCAL

Focal Stellia リケーブル

Stelliaのリケーブルを探している人「Focal Stelliaをリケーブルしたいな。果たして、Stelliaと相性の良いリケーブルってあるのかな?実際にStelliaをリケーブルした人の意見が聞きたい。」

このような疑問に答えていきます。

この記事を書いている僕は、Focal「Stellia」の使用歴が3年以上。
Focal Stelliaをリケーブルして楽しんでいます。

使用している音楽環境

僕が視聴している据え置きの音楽環境は下記のとおりです。

  • Woo Audio / WA22
  • Wyred 4 Sound / DAC-2V2SE
  • Wyred 4 Sound / Ms Music Server

よりピュアで「リアルな音楽性」あふれるサウンドを構築しています。

Focal Stellaは、これまでの密閉型ヘッドホンの常識を覆しました。
リケーブルをすることで、さらなる音質向上が見込めますので、是非ご覧ください。

この記事の目次

Focal Stelliaにオススメのリケーブル3選

Focal Stelliaにオススメのリケーブル3選
リケーブルと一口にいっても、種類が多いので悩みますよね。

実際にリケーブルをしてみた結果、Focal Stelliaと「相性が良い」と感じたケーブルは、下記のとおりです。

  • オススメ①:銀メッキ銅線+銅線32本編みケーブル
  • オススメ②:4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル
  • オススメ③:金メッキ+純銀線16本編みケーブル

上記のとおり。なお、再生環境も関係しますので、正解はありません。
あくまで僕の主観ですので、リケーブル選びの参考になれば幸いです。

それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

オススメ①:銀メッキ銅線+銅線32本編みケーブル

Focal Stelliaにオススメのリケーブル 2
Stelliaのリケーブルで失敗をしないのは、銀メッキ銅線+銅線32本編みケーブルです。

迷ったらこれを選んでおけば間違いないと思います。

理由は下記をご覧ください。

  • 理由①:銅線と銀メッキのブレンドでHI-FIなサウンド
  • 理由②:32本にも及ぶ極太の線径で「音の情報量」が多い
  • 理由③:一聴して気付くレベルの音質改善が見込める

上記のとおり。据え置き・ポタオデでもリケーブルの威力を体感できるはず。

ハイエンドケーブルの中では、50,000円以内とわりと手が届きやすいのも決め手の一つ。
しなやかなので、装着時のストレスになりません。

決めては線径の太さ

銀メッキをしただけの銅線ケーブルは、線径が細いと高域が強調されがちです。

SilverRunningの特注品を使ってみた経験がありますが、全体的に音が薄い印象でした。

とはいえ、32本も編み込めば、まるで別次元です。

情報量が多く、音に厚みが出ます。
Stelliaは密閉型ですので、より上質な低音域と高音域が楽しめます。

オススメ②:4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル

4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル
純銀ケーブルは、一般的に高域過多なイメージが強いですよね。実際に、好みがはっきり分かれる線材です。

しかし、銀線でも「16本編み」ですので、全体的に情報量が多いケーブルとなります。

4Nとは、純度99.99%。よりピュアな信号の伝送が可能です。

超高解像度かつ、音の透明感が魅力の1本です。
Stelliaの音抜けが向上し、タイトで深みのある”豊かな低音域”に驚くはず。

Semi-Litz

4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル
「4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル」は、4N純銀Semi-Litzを16本も採用した非常に贅沢なつくりのケーブルです。

芯線の1本1本が皮膜されていますので「配線間の歪み」が発生しません。

また表皮効果により高周波特性の劣化が極小なため、ケーブルが長くても音が劣化しないんです。

透明な高音域と、広大なサウンドステージ、上質な低音域は圧巻。女性ヴォーカルを鳴らせば、「美しく甘い歌声」に意識を奪われます…。

オススメ③:金メッキ+純銀線16本編みケーブル

金メッキ+純銀線16本編みケーブル
実際に試したケーブルの中で、最高レベルの線材でした。

まさに最強の一言...です。「①:銅線+銀メッキ線の32本編み」を余裕で超えてきます。

理由は、下記をご覧ください。

具体例:金メッキ純銀ケーブル

  • 理由①:音数が多く、情報量が多い
  • 理由②:圧倒的な解像度と透明感
  • 理由③:低音域には瞬発力があり、深みがある

上記のとおり。味付けがなく、音源をピュアに伝送している印象です。

Focal Stellia本来の能力を、よりブラッシュアップして聴いているような、、そんなサウンド。

Stelliaは中音域の表現がうまく、全体的に「スピーカー」のような響きに聴こえます。

リケーブルすることでさらに美しく、純正ケーブルでは味わえないような、ひとつ次元を超えたサウンドを実現できます。

「4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル」との頂上決戦

金メッキ純銀ケーブル
「②:4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル」と「③:金メッキ+純銀線16本編みケーブル」はかなり甲乙つけがたいです。

あえて言うのであれば、下記のとおりです。

  • 4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル➜S/Nや周波数特性は圧倒的に有利。美しい高音域が特徴
  • 金メッキ+純銀線16本編みケーブル➜4N純銀ケーブルの透明感と「低音域の深み」が特徴

上記のとおり。正直、かなりハイレベルな戦ですので、あとは個人の好みで決まると思います。

なお、肝心な価格ですが、、両者ともに線材のみで10万円クラスのモンスターケーブルです、、、

あえて価格の公開をしていません

ここまで読んだ方で「価格が知りたい!」と思ったはずです。

すみません。怪しいと思われるかもですが、あえて価格の公開をしていません。

というのも、今回ご紹介したFocal Stellia・Utopia用のリケーブルの完成度は高く「本当に聴いてみたい人だけ」に使っていただきたいからです。

敷居は高いですが、Focal Stelliaの良さを極限まで高めてくれます。

究極のリケーブルを楽しみた方は「Focal Stellia用リケーブル【お申込みフォーム】」からお申込み下さい。入力端子の変更も請けております。

ハイエンドケーブルの特徴

銀メッキ銅線+銅線32本編みケーブル ・特徴①:音の情報量が多い
・特徴②:一聴して気付くほどの音質変化
・特徴③:銀線の高音域と銅線による低音域のバランスが良い
4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル ・特徴①:S/Nや周波数特性が良く、高域が美しい
・特徴②:銀線なのに豊かな低音域
・特徴③:リアルなサウンドステージで口元が近い
金メッキ+純銀線16本編みケーブル ・特徴①:高解像度でピントの合った音像
・特徴②:圧倒的な情報量で音に厚みがある
・特徴③:音楽性豊かな生々しいサウンド

ハイエンドケーブルの各種仕様

  • 線径:約8~9mm ※3種類共に「しなやか」で取り回しが良いケーブルです
  • 長さ:2m ※長さの指定に関しては「お問い合わせ」下さい。
  • 入手端子:3極6.3mm標準プラグ
         3極6.3mm標準プラグ
         4.4mm 5極バランス

リケーブルのデメリット

Focal Stelliaのリケーブルをする上でのデメリットは、『線材を選ぶ』です。
Stelliaだけではなく、Focalヘッドホン全般に言えるはず。

Focalヘッドホンの特徴は、音源のリアルな再現とスピーカーのようなサウンドです。

音源だけではなく、機材やケーブルの色を描き出します。

つまり、機材のトータル的な相性や、ケーブルの質すらも表現します。
曖昧に選定すると失敗の可能性があるため、機材やケーブルの線材にはこだわりましょう。

Focal Stelliaをリケーブルしてみて気付いた3つの特徴

Focal Stelliaをリケーブルしてみて気付いた3つの特徴
Focal Stelliaをリケーブルして気づいた”ある特徴”があります。

具体的には下記をご覧ください。

  • 具体例①:線材を選ぶ
  • 具体例②:機材の相性
  • 具体例③:純正ケーブルでもOK

上記のとおりです。

1つずつ深堀りをしていきましょう。

具体例①:線材を選ぶ

繰り返しですが、Focal Stelliaは線材を選びます。

下手にリケーブルをすることで、Stelliaの良さが影を潜めてしまう可能性があります、、、

リケーブルに正解はありませんので、Stelliaの特徴を活かしつつ、探してみましょう。

具体例②:機材の相性

機材どうしの相性も大切です。

例えば、据え置きならアンプとDACの組み合わせ。

僕は真空管アンプを軸にしており、相性の良いDACや電源を構築しています。

再生環境は、ケーブルやヘッドホンの色を決めますので、可能な限りこだわりたいポイント。

なお、ポータブルではWooAudioの「真空管アンプ」を使っており、Stelliaのサウンドを限りなく昇華させます。詳細は、WooAudio WA8を徹底レビュー【真空管アンプの極み】にて解説していますので、是非ご覧ください。

具体例③:純正ケーブルでもOK

ぶっちゃけ、下手にリケーブルするより「純正のケーブル」を使った方がいい場合もあります。

というのも、2~3万円のリケーブルより、純正ケーブルの方が「低域の深さ」と「臨場感」が上でした。

意外と、純正ケーブルは侮れません。

「Stellia純正ケーブル」については下記のとおりです。

Stellia純正ケーブル

  • 3極 6.3mm 標準プラグ(1.2m)
  • XLR 4pin (3m)

上記のとおり、Stelliaには2種類のケーブルが付属しています。
※6.3mm標準プラグは着脱可能で、「3.5㎜ステレオミニ」への変更も可能です。

Stellia純正ケーブルの仕様

Focal Stellia リケーブル
出力端子は、「2極モノラル端子」を採用。

Focal Stellia リケーブル
線材は「OFC」 24 AWG。
※OFC=無酸素銅
※24AWG=0.5105mm

UtopiaはLEMO端子が採用されていたので、少しグレードダウンした感はあります。
» 参考記事:Focal Utopiaにおすすめリケーブル4選【線材別に解説】

デザイン性

Focal Stellia リケーブル
Stelliaのデザイン性は、ケーブルにも活かされています。

「ダークブラウン」、「ブラウン」の2色の編み込み仕様。
上品な色合いに仕上げられています。

無骨なケーブル感はなく、Stellia本体との統一性もいいですね。

僕は、外出時にStelliaを持ち出します。
外では純正ケーブルに付け替えるくらい気に入っています。笑

Focalのロゴ

Focal Stellia リケーブル
スプリッターの形状がよく、端子に印字された「FOCAL」のロゴバランスがとてもいいですね。

純正ケーブルは、なによりもStellia自体が輝きます。

外使いなら純正ケーブル一択ですね。

リケーブルで密閉型の壁を超える

純正ケーブルを絶賛しましたが、Stelliaは密閉型ヘッドホンです。

ほかの密閉型では鳴らせない領域のサウンドです。

しかし、純正ケーブル単体では限界があるのも事実。

相性のいいケーブルをStelliaに組み合わせることで、密閉型ヘッドホン特有の「モアっとした」独特の閉塞感から開放されます。

もはや密閉型ヘッドホンの域を超えたといってもいいレベル。
なお、Focal Stelliaの総合的なレビューについては、Focal Stelliaを徹底レビュー【脱・ヘッドホン沼】で解説しています。合わせて是非ご覧ください。

Foccal Stelliaを縦横無尽に楽しんでみる

Focal Stelliaは純正ケーブルでもとくに問題なくいい音を楽しめます。

むしろ、デザイン性もこだわるのなら、純正ケーブル一択かもしれません。
実際に出てきた音も良好ですし、純正のままでも十分に満足感は得られます。

とはいえ、さらに「いい音」を目指すのであれば、リケーブルは必須です。
きっと、ハイエンドケーブルの音質変化に驚くと思います。

ともに、Foccal Stelliaを縦横無尽に楽しみましょう。

  • オススメ①:銀メッキ銅線+銅線32本編みケーブル
  • オススメ②:4N純銀Semi-Litz 16本編みケーブル
  • オススメ③:金メッキ+純銀線16本編みケーブル

なお、上記のケーブルに関しては、メーカー品ではなく完全に特注品です。

つまり、市販で入手することはできません。しかし、本数限りですが販売も可能です。より詳細な仕様・在庫等に関しては、「Focal Stellia用リケーブル【お申込みフォーム】」から受け付けておりますので、お気軽にご相談下さい。