FOCAL RADIANCEを徹底レビュー【コスパ最高】

FOCAL

FOCAL FOR|BENTLEY

FOCAL FOR BENTLEY

2020年12月。Focalと「ラグジュアリーカー(高級自動車)」のBentleyというメーカーがコラボしたヘッドホン、「Radiance」が登場しました。

こんにちは、ミヤ ( @yo_ta2202)です。

ようやく「Focal Radiance」を入手しましたので、さっそく徹底レビューをしていきたいと思います。

  • Focal Radianceを実際に使ってみた感想が知りたい!
  • 他のFocalヘッドホンとの違いを知りたい!
  • Focal Radianceを最高音質で楽しみたい!

このような疑問に答えていきます。

この記事を書いている僕は、Focal 「Utopia」「Stellia」ヘッドホンの使用歴が3年以上です。

僕が視聴している据え置きの音楽環境は下記のとおりです。

Woo Audio / WA22

Wyred 4 Sound / DAC-2V2SE

Wyred 4 Sound / Ms Music Server


上記のとおり。トータル100万円以上の組み合わせになり、Focal Radianceを完全に鳴らし切る再生環境です。

Focal Radianceは、上位モデル「Utopia」や「Stellia」の"たましい"を引き継ぎつつ、とてもバランスの取れたサウンドです。

Focalヘッドホンをより身近に、より楽しめるモデルですので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の目次

Focal Radianceを徹底レビュー【コスパ最高】

Focal Radianceを徹底レビュー
「Focal Radiance」は高価格帯のヘッドホンですが、コスパは最高です。
ちょっと意味が分かりづらいので、理由は下記で解説します。

Focal Radianceがコスパの良い理由

  • 理由①:バランスの取れたサウンド
  • 理由③:洗練された外観
  • 理由③:気軽に”Focalの音”を外に持ち出せる

上記のとおり。なお、他社メーカーの20万円クラスのヘッドホンよりも「高音質」です。

つまり、"ハイエンドヘッドホンの沼"を脱出する意味でも「コスパが良い」となるわけです。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

理由①:バランスの取れたサウンド

Focal Radianceは、全体的にまとまっており、バランスが取れたサウンドです。

音楽をいつでも「高音質に楽しみたい」そんな願いを叶えるヘッドホンだと感じます。

全域にわたり、フラット傾向ですので音源を選びません。

理由②:洗練された外観

音質も良いですが、Focalヘッドホンはデザイン性が優れています。

密閉型上位モデルの「Focal Stellia」も、Radianceと同じく「芸術品」のようなデザインでした。しかし、、好みは別れたはず。

Radianceに関しては、「Bentley」という高級車メーカーとのコラボモデルなので、より洗練された美しいデザインとなります。

理由③:気軽に”Focalの音”を外に持ち出せる

「Focalの音」を気軽に外へ持ち出せるのが本機の魅力です。

ハイエンドスピーカーで培われた技術を、ふんだんに取り入れられたのがFocalのヘッドホンです。要するに、音質面では「唯一無二」のスピーカーサウンド。

外出先でも極上のサウンドを楽しめるのは嬉しすぎです。

Focal Radianceの音質

Focal Radianceを徹底レビュー
Focal Radianceの音質を深堀りしていきましょう。
繰り返しになりますが、わりとフラットな音質傾向です。

ベリリウム振動板を使った「Utopia」や「Stellia」と比べると、音の厚みは薄く感じる、、そんな印象です。

しかし、それはあくまでFocalヘッドホンの最上位モデルと比較した話。

間違いなく、他社のハイエンドヘッドホンと比較しても圧倒的に「いい音」です。

Focal Radianceの音の特徴

Focal Radianceの音の特徴は下記です。

  • 特徴①:全帯域フラットな傾向
  • 特徴②:不得意がなく、音源の持ち味を再現する
  • 特徴③:ヘッドホンアンプ次第ではHi-Fiなサウンドに変化

上記のとおり。フラットながら、全体的にバランスが整ったサウンドです。

フラット傾向なので、「音の分離」が良く、音数も多い印象。

芳醇な低音域

全体的にフラットな音ですが、きっちり鳴らし切ると「芳醇な低音域」に驚くと思います。

スッーと伸びる高音域と、ダンピングの効いた「深み」のある低音域。

ヴォーカルの艶感も申し分ないです。上位モデルのUtopiaやStelliaにも肉薄する、スピーカー寄りのサウンドが楽しめます。

音の好みは人それぞれですが、「密閉型かつ、立体感のある音」を求めるのであれば「Focal Radiance」は向いています。同価格帯のヘッドホンを買い繋ぐより、圧倒的に近道ができるはず。上位モデルを使っている僕も、頻繁に持ち出すほど「Focal Radiance」を気に入っています。


なお、フジヤエービックでは「18,850円安いアウトレット品が少量のみ販売されています。在庫限りですので、気になる方は、下記よりどうぞ。

【最安】フジヤエービック

Focal Radianceの概要

Focal Radiance
Focal Radianceの詳細なスペックは次のとおり。

スペック

  • 製品名 / RADIANCE
  • 重量 / 435g(本体)
  • 感度   / 101db SPL / 1mW@1kHz
  • 周波数特性 / 5Hz~23kHz
  • インピーダンス / 35Ω
  • ドライバーユニット / 40mm”M字型”アルミニウム/マグネシウム・ドーム振動板

Focal Radianceのメリット・デメリット

メリット ①:音のバランスがいい
②:上位機種より掛け心地がいい
③:価格以上の「音質」が楽しめる
④:「音」も「見た目」もいい
デメリット ①:ヘッドホンアンプにつなぐためには、別途ケーブルが必要
②:鳴らし切らないと「音の厚み」がない

※ スマホでご覧の方は、右スライドで全表示できます。

Focal Radianceの付属品

ここからは、Focal Radianceの付属品をご紹介していきます。
元箱を開けると、下記のようなメーカー刻印の”ブラックボックス”が現れます。
Focal Radiance 元箱
この時点で高級感がすごいですね。
さらにこの豪華なブラックボックスを開けると下記です。
Focal Radiance 付属品
Radianceが入った専用キャリングケース、マニュアル、カタログが入っています。

専用のキャリングケースは、Focalヘッドホンではお馴染みのガッチリとした耐久性の高いケースとなります。

Focal Radiance ケース
Focal Stelliaのものと酷似していますが、よくみると全体的にメタリックな色合いです。

ジッパーの取っ手や、センターの「Focalロゴ」のカラーは、濃いメタリックブロンズ。

ケース本体の取っ手には「BENTLEY」のエンブレムが刻印されています。

Focal Radiance Bentley
これをもって外出できるとか気分が爆上がりですね。

» 高級感溢れる美しいデザイン|Focal Radianceを聴いてみる

ケーブル(3.5mmステレオジャックケーブル)

3.5mmステレオジャックケーブルの外観は、完全に「Radiance専用」に作られています。
Focal Radiance ケーブル

プラグ端子には、独特なダイヤモンド状のデザインが施されており、カッコいいです。

Focal Radiance ケーブル
端子部はStelliaと同じTS端子(モノラル端子)。
Focal Radiance ケーブル モノラル端子
3.5mmステレオミニケーブルは6.3mm標準ステレオプラグに変換可能です。

線材は他のFocalヘッドホンでも採用されている、OFC 24AWG 1.2m。

純正のケーブルなので統一感があります。※24AWG=0.5105mm

なお、Focalヘッドホンは「リケーブル」をすることでさらなる音質向上が見込めます。Focal Stelliaと互換性があるため「Focal Stelliaにオススメのリケーブル3選【純正ケーブルでもOK】」が参考になるはずなので、ぜひご覧ください。

Radiance本体の形状

Focal Radiance
Radianceの形状自体は、従来のFocalヘッドホンそのものですが、細かな作り込みが凄まじいです。
ハウジングには、Bentleyのモチーフである「ダイヤモンドマーク」が施されているのがわかります。

ハウジングの素材

ハウジングのセンターにはコッパー(カッパー)仕上げがされており、ブロンズに輝いているのがとても美しい。

Bentleyの電気自動車を基調としており、「車内」と「外観」をイメージ。ハウジングの素材には「ソリッドアルミニウム」なる高級素材を選定。

トータルの全体像はかなりエレガントですね。

個性的なハウジング形状

Focal Radiance
上部から見ると、カタツムリのような”ひねり”があるハウジング形状。

Radianceの実物を見たらきっと欲しくなるはず。

ヘッドバンド

Focal Radiance ヘッドバンド
ヘッドバンド裏面の「ダイヤモンドマーク」と関係があるためか、低反発な手触り感がいいですね。

Focal Radiance Bentley 翼
メタリックブロンズに輝く「ベントレーの翼」のロゴが描かれています。

誇張されているわけではなく、あくまでデザインの一部として溶け込んでいるため、ただただ美しい、、

Focalヘッドホンのデザイン性の高さは随一ですね。

イヤーパッド

Focal Stelliaと同様の、厚みのあるフルグレインレザーです。

ただStelliaよりもさらに低反発が増しているような印象を受けます。

Focal Radiance イヤーパッド
装着時の耳にピタっと吸いつくような心地よさが、Stelliaのイヤーパッドより向上していますね。

より耳への距離が近くなっていて、音がダイレクトに鼓膜まで届いてきます。

密閉性と掛け心地のよさを両立しているのでとても快適。
(質感がまるでカーシートのようです)

他のFocalヘッドホンとの3つの違い

Focal Radiance
ほかのFocalヘッドホンにはない、Radianceだけの特徴があるので見ていきましょう。

振動板

Radianceの振動板にはアルミニウム&マグネシウムで形成された、Focal独自の「40mm”M字型”アルミニウム/マグネシウム・ドーム振動板」を採用。

ちょっと長すぎな名称ですが、要はアルミニウムがメインの合金仕様のこと。

Focalのオリジナル性がビシビシ伝わってきますね。この振動板からは、「自然な音場」と「HI-FIなサウンド」が楽しめます。

※なお、2021年登場の密閉型ヘッドホン「Focal Celestee」にも同型の振動板が採用されています。

デザイン性・装着感

Focal Radianceのデザイン性が優れているのは先述したとおり。

一つ一つのモデルに、こだわり抜いた「デザイン性」が反映されています。

繰り返しになりますが、Radianceの装着感はこれまでのモデルよりも快適です。

重さはそこそこありますが、ヘッドバンドの側圧とイヤーパッドの密着度が絶妙。なので、長時間の使用でも耳の疲労感がそこまでありません。

材質

Radianceのハウジング部分には高級素材が使われています。

イヤーパッドやヘッドバンド含めて、良質なレザーがふんだんに使われています。

Focal Radianceをフル駆動させるために必要なこと

Focal Radiance
Radianceはプレーヤー直刺しでも十分鳴らしやすいヘッドホンです。

しかし、「Radiance本来の音」を聴くためには、ヘッドホンアンプで聴くことをおススメします。

Focalヘッドホンをお持ちの方は、ぜひヘッドホンアンプなどに力を入れてみて下さい。

Focalヘッドホンの潜在能力を引き出すためには、ドライブ力の高いアンプにつなぐと音質が化けます。
»オススメのヘッドホンアンプはこちら

スピーカーサウンド

Focalヘッドホンを「最大限に鳴らし切る」ことができれば、まさにスピーカーサウンドです。

誇張ではなく、事実です。

なお、音質を根本から上げていく際は「ヘッドホン・イヤホンの音質を上げる5つの手順【根本から改善しよう】」を参考にすると、音質改善が見込めます。合わせてご覧ください。

Focal Radianceレビューまとめ

本記事では「Focal Radianceヘッドホンを徹底レビュー【コスパ最高】」について書きました。

Focal Radianceがコスパの良い理由

  • 理由①:バランスの取れたサウンド
  • 理由③:洗練された外観
  • 理由③:気軽に”Focalの音”を外に持ち出せる

コスパが良い理由は上記のとおり。ぶっちゃけ、他社メーカーの同クラスのヘッドホンよりも「高音質」です。

Focal Radianceの「音の特徴」に関しては、下記のとおりです。

  • 特徴①:全帯域フラットな傾向
  • 特徴②:不得意がなく、音源の持ち味を再現する
  • 特徴③:ヘッドホンアンプ次第ではHi-Fiなサウンドに変化

フラットながら、全体的にバランスが整ったサウンド傾向です。

またリケーブルをすることで音質向上が見込めます。
» 参考記事:「Focal Stelliaにオススメのリケーブル3選【純正ケーブルでもOK】」

なお、さらに上位のサウンドを目指すなら、「Focal Utopia」です。

密閉型の最高ランクなら「Focal Stellia」です。

Focal Radiance購入リンク

Focal Radianceのメリット・デメリット

メリット ①:音のバランスがいい
②:上位機種より掛け心地がいい
③:価格以上の「音質」が楽しめる
④:「音」も「見た目」もいい
デメリット ①:ヘッドホンアンプにつなぐためには、別途ケーブルが必要
②:鳴らし切らないと「音の厚み」がない

※ スマホでご覧の方は、右スライドで全表示できます。