audibleをつかったリアルな感想とメリット・デメリット【慣れは必要】

Audible

読書をするとすぐに眠くなるミヤ( @miya__hsp)です。

読書をしたいけど、ふだん忙しくて読む暇がない。
いざ、読もうとするけどすぐに眠くなる…。

そんな悩みはありませんか?
Amazonの聴く読書、『audible』はそんな悩みを解決してくれます。

音楽を聴くように、場所と時間を選ばずに「ながら聴き」の読書ができるからです。

しかも、無料で登録できるのに、本を1冊(普通に買ったら3,000円くらい)をタダでもらえるサービス。
「audible」をなぜ早く日常に取り入れなかったんだろうと後悔気味です。

・audibleを実際につかってみたリアルな感想が知りたい

・月額1500円は高く感じるしためらうなぁ

・audibleをはじめて使うけど失敗しないおすすめの一冊が知りたい

こんな疑問を解決できる記事を書いています。

本記事の内容

  • audibleをつかったリアルな感想とメリット・デメリット【慣れは必要】
  • 月額1500円は高くないと言える理由
  • audibleをこれから始める方におすすめな本をご紹介

この記事を書いている僕は、音声コンテンツを習慣化して約1年ほど。
audibleの読書や、Voicyなどの音声学習を毎日しています。

今回、ご紹介する『audibleをつかったリアルな感想とメリット・デメリット』を読めば、ほかに掲載されていない『audibleのリアルな評価』がわかりますよ。

なぜなら、読書をする習慣がなかった僕が、『audible』を使いこなすことで読書の習慣化を身につけたからです。

» 【30日間無料】Amazonの聴く読書「audible」をつかって新しい読書の世界を体験しよう

audibleをつかったリアルな感想とメリット・デメリット【慣れは必要】

audibleをつかったリアルな感想とメリット・デメリット【慣れは必要】
率直な感想を言うと、読書する習慣が全くなかった人はある程度「慣れが」必要です。
そうでない人なら、読書をサクッと楽しめると思います。

まずは、audibleのメリットから解説しますね。

audibleのメリット

結論、「audible」をつかえば本を読む習慣がない方でも、無理なく読書を楽しむことができます。

なぜなら、読書する習慣がなかった僕が進んで本を求めるようになったからです。
いつでもどこでも隙間時間に「音声」で本を楽しめるのが最大のメリット。

30日間無料ですし、もっとはやく生活の一部に取り入れたかったですね。
知識が積みあがるので、人生の充実度が上がります。

audibleのデメリット

しかし、本の相性というか、ジャンルは選ぶなと思います。
小説の場合、音声で聴く読書は「失敗したかな」と僕は感じました。

たとえば、小説の世界観を想像しながら読みたいときは「活字」として読んだ方がいい。
プロのナレーションといえども、少し違和感を感じるんです。

想像しづらいといいますか。
世界観が楽しめません。

また、自分の中でイメージしていた声とナレーションの間に「ギャップ」もあったので、違和感を感じたのだと思います。

「言葉の深み」が楽しめない

さらに言うと。

「言葉の深み」を味わうなら音声読書は向かない印象。

「変化」以外に永久なものはない

上記のような言葉って、活字だからこそ深く味わえますし、こめられた「ニュアンス」を楽しめます。

音声だと、言葉の深みを味わう前に次の文へ流れてしまうので、理解が浅くなる印象ですね。

聴く読書はある程度、「慣れ」がいる

日ごろ読書をする習慣がなかった方がをいきなり聴くと頭に入らないかもです。
さらっと音声が流れていくので、うまく文の流れがつかめません。

当たり前ですが、文字として読み返せないので、余計にそう感じるかと。
僕の場合だと、「あれ?今はどういう話の流れだろう」という状況もありました。

とはいえ、一時間くらい聴き続けていると少しずつ馴染んできます。
自然と内容が頭に入ってくるようになるので、「慣れ」の問題ですね。

それでも、音声ならではの「面白み」がある

しかしながら、情報の高速なインプットには最適ですね。

僕が最初に聴いた中では「嫌われる勇気」という本です。
この本を選んだ理由は正直なところ、ナレーションをされている声優の方に引き込まれたから。

audibleの音声は「プロ」の声優や俳優のナレーション

スマホのような機械的に読み上げるのではなく、「プロの声」で抑揚のある朗読を聴くことができます。

日ごろ、本は読まないけど「アニメ」「ドラマ」を頻繫に観られる方にaudibleは向いているのかなと。
読書はしたいと思っているけど、活字を見ると眠たくなる人にも最適。

馴染みのある音声で書籍が楽しめますよ。
また、背景のBGMや登場人物でナレーションの声が変るのもポイント。

もともと実際の声で講義・講演されたものを書籍化されたコンテンツともaudibleは相性がいいです。

隙間時間で読書できることが最大のメリット

audibleの音声読書は、ラジオのように「ながら聴き」できるのがメリットですね。
通勤通学の時間、家事をしながらなどのちょっした隙間時間をつかって読書が楽しめます。

テキストで読むとなると、どうしても環境に左右されますよね。

audibleであれば、気軽に音声を流しつつ、わからなければ何度も巻き戻しながら理解を深められます。

読書の習慣化

さらに、audibleをはじめることで「読書の習慣化」ができます。

繰り返しにはなりますが、audibleをつかうことで本を読むことの敷居が下がります。
隙間時間などをつかって気軽に読書を耳で楽しめるからですね。

いつの間にか読書をする「習慣化」ができる。

一冊がだいたい4時間ほど。
1日、1時間聴いたとして、4日で聴き終えます。

つまり、1週間で一冊の本を読書可能。

かなり効率的にインプットができますね。

ストレスフリーでaudibleを楽しむならワイヤレスイヤホン


実体験から思ったことですが、快適にaudibleを楽しむためにイヤホンやヘッドホンにはこだわった方が良いです。

有線イヤホンでながら聴きしていると、高確率でケーブルを何かに引っ掛けて外れます。
何度も耳からイヤホンが外れるとストレスに感じるはず。

僕はiPhoneに付属していたイヤホンで聴いていましたが、かなりストレスでした。

音声学習をするならワイヤレスイヤホンは必需品ですね。

» 【防水性能あり】完全ワイヤレスイヤホン Sudio Nio

月額1,500円は高くないと言える理由

audibleは月額1,500円です。

amazonプライムは月額500円なのでわりと高め。

しかし、1か月に一冊が無料なことにくわえ、通勤通学の時間で聴くのなら毎月一冊のペースで消化できます。
僕のようにあまり読書をする習慣がなかった方向けにちょうどいい期間かなと感じます。

さらに深掘りすると、audibleは音声で本を聴くという特性です。
活字と比較して、音声は内容の理解が浅くなりがち。

なので、くり返し聴くことで、より理解を深めるられることにつながりますよ。

プロの声優や俳優の方がナレーションをされている(一冊約4時間以上も)そこを考慮すると月額1,500円はお得ですね。

» amazon audible無料体験について詳しく知る

audibleを今から始める方におすすめな本をご紹介


小説などのイマイチと感じたジャンル以外でおおすすめな本を紹介していきますね。

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

先ほども少しお伝えしましたが、嫌われる勇気をえらんだ理由は
ナレーションを担当されている声優に馴染みがあったから。

嫌われる勇気」は以前から友人に一押しされていました。

「他者は自分の期待を満たす為に生きている訳ではない」

他者の意思はコントロール不可能であり、またそこに囚われ続けることは消耗するのみ。
他者に期待=依存心からの脱却。
また自律することの重要性を学びました。

新しい視点や気付きを発見できます。

やり抜く力GRIT(グリット)

「自己啓発」のジャンルでビジネス向けかと思いきや、人生そのものに活かせる人生哲学でした。

「やり抜く力」こそ、人生での成功をつかみとる唯一の魔法。
仕事で成果を出すためにも、コツコツ継続してやり抜いた人が成功をつかみ取る。

まさに、シンプルかつ、核心をついた「人生哲学」ですね。

お子さんの読み聞かせにベストです


audibleでは絵本も聴くことが可能です。

ふつうに買えば3,500円くらいする絵本もaudibleだと一冊無料でもらえます。

とにかく日々の生活を送るだけで忙しいお母さん、お父さん向けですね。

「読み聞かせなんてしている余裕がない!」

その負担を少しでも減らせると思います。

» audibleで聴ける絵本を見てみる

audibleは30日間無料+途中で解約が可能


audibleについて紹介してきましたが、合わないなと感じましたらいつでも解約が可能です。
隙間時間などでオーディブルを楽しみつつ、習慣化するなかで決めるのもありですね。

30日間無料なのでじっくり試してみて下さい。
※無料体験が終わる前に解約しても、ダウンロードした本はその後も読むことができます。

解約方法はaudibleを解約するための3つの手順【コインと日付に注意しよう】に書きましたのでご覧ください。

音声コンテンツの波がきている

audibleのような「本を聴く」タイプのコンテンツのほか、2021年現在ではVoicyのようなラジオ(音声配信)も大きく伸びてきている印象です。

有名人をはじめ、多くのインフルエンサーが音声配信に注力していますし、さらなる大きな波が到来しそうですね。

僕は音声学習をはじめ、「audible」をつかったことで読書が習慣化してきました。
ながら聴きができるので、隙間時間を最大限にインプットすることが可能。

人生の充実度は間違いなく上がっています。

繰り返しにはなりますが、音声コンテンツには明らかな波がきていると感じます。

今後、音声コンテンツの需要が高まれば、audibleのさらなる改善も施されるはず。
より快適な視聴環境も整い、本のラインナップも充実してくると思います。

音声コンテンツの波を観察しつつ、引き続き「耳で聴く読書」を楽しんでいきます。

終りに:audibleは効率的なインプットが可能

ふつうの読書は一度読み終わると、だいたいの人は何度も繰り返して読まないかと。

オーディブルは「耳で聴く読書

耳で聴くと、繰り返し聴きやすくなります。
なので何度も聴くことで知識が徐々に定着してきますし、音楽を聴くように気軽に読書が可能。

初月無料なうえに、3,000円ほどする本が一冊もらえます。
期間内に解約してしまえば料金もかかりません。

解約しても、もらった本はそのまま聴くことができます。
つまり、一冊分タダでもらえることになります。

サクッと「audible」に登録して気になる本をもらいつつ、人生の充実度を上げていきましょう。

【30日間無料】amazon オーディブルの体験リンク